TOP
  • サービスで探す−診断・分析

サービスで探す診断・分析

サイト分析、
それは目的達成への道筋を見つけること

どんなに素晴らしいデザインだとしても、制作して公開しただけで目標を達成できるWEBサイトはほとんどありません。
アクセスログの分析や各種調査により課題を見つけ出し改善を施す。この繰り返しでこそ目的達成に近づけると私たちは考えています。

ログ分析

新たな課題の発見こそがログ分析の成果

無料で高機能なログ分析ツール「GoogleAnalytics」によりログ分析は比較的簡単に行うことができるようになりました。ただし見栄えのするレポートを作成することがログ分析の成果ではありません。WEBサイトの目標達成のために何が課題なのかを明確にし、そして今、何を改善することが有効なのかを的確に判断すること。さらには施した改善の効果を分析し、新たな課題を発見すること。こうしたサイクルをまわし続け、より効果的なWEBサイトにすることが本当のログ分析の成果なのです。

ヒューリスティック調査

見落としがちなユーザビリティの問題を発見

日頃からWEBサイトに携わっている関係者では見落としてしまうことの多いユーザビリティの問題。ターゲットユーザーにとって本当に使いやすいサイトなっているか否か…。これを指摘するために用いられるのがヒューリスティック評価です。ユーザーインターフェースの専門家が既知の経験則に照らし合わせてWEBサイトを評価し、改善点に優先順位をつけて提示します。

競合調査

目的や状況にあわせて、最適な集客手段を

ビジネス上の競合他社は、同時に最良のアドバイザーでもあります。競合他社WEBサイトのSEOキーワード、広告内容、コンテンツ、デザイン、ユーザビリティ、サービスなどを分析することにより、自社WEBサイトの位置づけや、強み・弱み、改善ポイントなどを明確にすることができ、より効果の高いWEBサイトへと改善することが可能になります。

事例紹介

バッグとラゲージの総合メーカー
エースオンラインストア 運用支援事例

エース株式会社様

緻密な分析データに基づく
的確な運用支援

  • 毎年130%成長
  • 構築から運用までトータルサポート
  • PDCAサイクルで勝ちパターン発見

エース様とはECサイトの立ち上げから、弊社と二人三脚で歩みを進めてまいりました。
キャッチコピーを変更する、画像や写真を変える等の地道なABテストを繰り返すなど、企画⇒制作⇒検証⇒改善のPDCAサイクルを回すことにより「売れる」サイトを作り上げてきました。 勝ちパターンを精査し、精鋭化させることでエース様だけのノウハウを凝縮し、運営開始から毎年130%以上の成長を続けてきております。