ecbeing News+

ECサイトで成果を出すための最新情報や業界動向をはじめ、 売上アップにつながるマーケティング情報を随時配信しております!

新着記事一覧


ECサイトに“独自の価値”を与えることで「価値訴求」を実現

緑茶飲料の圧倒的トップシェアを誇る「お〜いお茶」をはじめ、「健康ミネラル麦茶」、「TEA’s TEA」、「充実野菜」など数々のヒット商品を手掛けてきた1966年創業の飲料メーカー、伊藤園。豊富な商品ラインナップの中でも、特にこだわっているのは祖業であるお茶で、茶葉づくりから加工、販売に至るまで自社で管理を行っているという。

今回のインタビューでは、厳選のリーフ(茶葉)を販売するECサイト「TEA SHOP ITOEN」のリニューアルの背景や今後の展望について、特販営業本部 専門店部 第一課課長の別府寛さんと、第一課店長の長谷川綾子さんに聞いた。


【2019年】ECパッケージ『ecbeing』で構築したECサイトをご紹介

EC業界においては、クラウドや新しいカートシステムなど、新しい仕様や機能が次々と登場するため、サイトの構成や構築方法なども時代によって変わります。

今回は、常に新しい技術やトレンドを取り入れているecbeingで構築した大規模ECサイトをご紹介します。


沿線地域の魅力を発掘し、地域活性化につなげるECサイト「いいもの探訪」

JR東海は2015年12月に同社初のECサイト「いいもの探訪」を立ち上げた。沿線エリアの美味しい食品や伝統の技を受け継ぐ工芸品など、その土地ならではの「いいもの」を紹介するサイトだ。

今回は、JR東海にとって“初めての試み”となるEC立ち上げプロジェクトに携わった、東海旅客鉄道株式会社 事業推進本部 課長代理(新規事業) 地域活性化プロジェクト シニアプロデューサー 宍戸聡朗さんと、同社 事業推進本部 主席(新規事業)地域活性化プロジェクト アシスタントプロデューサー 上野美奈さんに、EC立ち上げの背景と今後の展望について聞く。


WordPressでECサイトを作るのはアリ?

webサイトを制作する際、代表的なCMSとして世界中で利用されているのが「WordPress」です。無料で利用できるだけでなく、自由度や拡張性が高いといったメリットがあるため、有料のASPカートやオープンソースのEC-CUBEなどを使わずに、WordPressでECサイトを作れないかと考える人も少なくないでしょう。

そこで今回は、WordPressでECサイトを作る方法と、メリット・デメリットをご紹介します。


大手EC企業の5社のECアプリを徹底分析

スマートフォンを便利に使うためには、アプリケーションの存在が欠かせません。SNSアプリやゲームアプリ、ニュースアプリなど、さまざまなアプリケーションがありますが、EC業界にもアプリ化の波が押し寄せてきています。

今回は、国内のECアプリの中でも利用者数の多いECアプリを徹底分析し、アプリの特徴やサービスの概要などをご紹介します。


CRMとMAとは? EC担当者は違いを理解しよう!

WebマーケティングやECサイトの売上アップ施策において耳にする機会の多い『CRM』と『MA』ですが、その違いを明確に説明できる人はそう多くないのではないでしょうか。
市場には「CRMツール」や「MAツール」といった製品が乱立し、用語の解釈もベンダーによってまちまちであることも理解を難しくしている一因でしょう。

そこで今回は、マーケティング施策の要である『CRM』と『MA』について、その成り立ちや使用目的に立ち返って正しく理解し、それぞれを効果的に活用するためのポイントについて解説します。


コンセプトは「コンシェルジュ」。選ばれるメーカになるための選定ツール構築

制御機器や受配電機器などの開発・製造・販売を行う富士電機機器制御株式会社は、製品を安定的に素早くお客様に供給するだけではなく、システムや製品を利用される企業のニーズをしっかり捉え、先進的で最適なソリューションを提案している。

同社はサービスレベルをより向上させるため、ecbeingのBtoB版でサイト構築を行い、2019年4月22日にオープンを迎えた。今回は、富士電機機器制御株式会社 事業企画本部 プロモーション部 部長の大M一弘さんと、同本部 業務部 受配機器課の横山斗さんに、立ち上げの背景と今後の展望を聞く。


お客様の「無意識下と有意識下のコスト」の削減に徹底してこだわったEC構築

1716年(享保元年)創業の中川政七商店は、日本初の工芸をベースにしたSPA(製造小売)業態を確立。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、自社ブランドを全国50以上の直営店に展開するほか、業界特化型のコンサルティング事業を行うなど、工芸産業全体を活性化させる取り組みを行っている。

同社は2019年3月5日、ECサイトをリニューアルオープン。以前のECと比べて、アクセス数は150%にアップし、1セッションあたりのPVも大幅増加するなど、運営は好調だ。そこで今回は、株式会社中川政七商店 取締役 コミュニケーション本部本部長の緒方恵さんに、リニューアルを行った背景や開発で工夫した点などを聞く。


ECサイトのセキュリティ事故、さまざまな攻撃方法をご紹介!

ECサイトを運営するにあたって、セキュリティ対策は欠かせません。しかし、セキュリティ対策がきちんとなされていそうな大手企業のサイトであっても、不正アクセスやwebサイトの改ざん、個人情報の流出といった事故は後を絶ちません。
なぜ、ECサイトのセキュリティ事故は起こってしまうのでしょうか?

事前にリスクを回避するためにも、サイバー攻撃の方法や、実際に起こったセキュリティ事故について詳しく解説していきます。


広告出稿しないで売上アップ!? ECサイトのSEOからSNS活用事例までご紹介

ECサイトでの売上を上げるためには、サイトへの集客が欠かせません。サイトへの集客にはリスティング広告やアフェリエイト広告のような広告出稿が一般的ですが、運営の予算が限られている、費用対効果が期待できない、などの理由で広告出稿に消極的な場合も多いようです。

広告出稿などで多額の費用をかけずに売上をアップさせることは、決して不可能ではありません。今回は、無料でECサイトの売上アップにつながる施策や方法を解説します。


キャッシュレス・消費者還元事業とは!?

2019年10月よりスタートする『キャッシュレス・消費者還元事業』は、中小・小規模事業者のキャッシュレス決済導入を促進すると同時に、消費者にキャッシュレス決済の使用を促し、さらに需要拡大の効果も期待されています。

今回は『キャッシュレス・消費者還元事業』にスポットを当て、本事業がEC事業者にどのような影響を与え、どんなメリットをもたらすかご紹介します。


ECサイトに「決済代行」が必要な理由と導入必須の決済方法

ECサイトやネットショップにおける最終的な目的は、商品購入手続きを完了させることに他なりませんが、その重要な役割を担うのが決済機能です。
オンライン決済にまつわる機能をすべて自社でまかなうのは手間やコストがかかり、セキュリティリスクもあるため、決済代行会社が提供する決済サービスをうまく活用することが肝要です。

今回は、決済代行会社が行っている決済代行サービスの内容や、導入すべきおすすめの決済方法についてご紹介します。


ECサイト構築時に導入しておきたい! 4つの決済方法とは

ECサイトにおける決済方法はコンバージョンを左右する最後の障壁であり、ECの売上にも直結する重要な要素です。
どんなに多くのユーザーがECサイトにアクセスし、サイト内を長い時間巡回してカートに商品を追加したとしても、ユーザーが望む決済手段を選べずに購入を止めてしまったら意味がありません。

そこで今回は、これからECサイトを構築する事業者に向けて、導入しておきたい決済方法を4つ挙げ、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。


ECサイト構築の際に必要なセキュリティ対策は外部対策だけでない!

ECサイトを運営する上で避けて通れないのが、セキュリティリスクです。
「〇〇社のECサイトが不正アクセスを受け、数万件の個人情報が漏えい」といったニュースや報道をよく目にすることがあるでしょう。
ひと度ECサイトでセキュリティ事故を起こしてしまうと、莫大な賠償金の費用負担や、企業名が公表されて社会的信用が失墜するなど、事業者に与える被害は計り知れません。

そこで今回は、ECサイトのセキュリティリスクにはどんなものがあるか、そしてその対処法についてご紹介します。


予算別のECサイト構築方法を徹底解説!

ひとくちにECサイトと言っても、その構築方法にはさまざまな種類があり、費用も無料のものから数千万円以上のものまで千差万別です。
また企業がECサイトを構築する際には、多くの場合予算が決められており、その中で最適な方式を選定する必要があります。

今回は、これからECサイトを構築しようと考えている方や、既存のECサイトのリニューアルを検討している方に向けて、ECサイト構築の費用相場や予算別に構築できるECサイトの違い、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


ECサイト構築の悩みをどう解消する? それぞれのポイントとecbeingができることとは

現在のECサイトに対して、「ECサイトの売り上げが伸びない」「オムニチャネルや越境ECに対応したい」「セキュリティに問題がある」といったご不満はありませんか?

ecbeingでは、他社では実現しなかったECサイト構築やオムニチャネル対応など、あらゆる問題を解決します。そこで今回の記事では、ECサイトを構築するときの悩みをもとにecbeingができることを詳しく解説します。


ご家庭に吉野家の味を届けたい。3年越しに実現したECサイトリニューアル

1899年の創業以来、「うまい、やすい、はやい」というコンセプトの元で、味へのこだわりを守りながら進化を続けてきた株式会社吉野家。新たな商品を生み出すことにも注力し、外食No.1のサービスの実現を目指して努力を重ねている。
同社は、メルカートで2018年7月にECサイトをリニューアルオープン。今回は、外販事業本部 事業企画室・室長の諏訪さん、Eコマース部の木村さん、企画本部 広報・課長の寺澤さんに、リニューアルの背景や具体的な改善点、その後の変化などについて聞いた。


BtoBのECサイト市場規模はどのくらい? EDI取引からECサイトへ移行する時代に変化

これまでのBtoBの市場は、EDI取引がメインで行われていました。しかし現在では、ECサイトを利用することで自社ビジネスの成長を加速させることが可能と言われるようになってきています。そのため、EDI取引からECサイトへ移行する時代に変化しつつあるのです。

そこで今回は、BtoB-EC市場の規模や動向、有名なECサイトの成功事例についてご説明します。
これからEDI取引からECサイトへ移行を考えている方はぜひ参考にしてください。


オムニチャネルを実現するために行ったシモジマのECサイトリニューアルとは

大正9年創業の株式会社シモジマは「包装用品を通じ、快適な社会づくりに貢献する」という経営理念のもと、新たなラッピング文化の創造や商品価値の向上に努めてきた。リニューアル前のECサイトをオープンしたのは2013年。その後、大規模な「オムニチャネル化構想」を打ち立て、それを実現するために18年6月にecbeingでECサイトをリニューアルオープンしている。なぜパートナーにecbeingを選んだのか? 同社マーケティング部の尾尻新吾さん、小嶋一弘さん、志田泰子さんの3人に聞く。


モール連携ツール「TENPOSTAR」を活用してEC運営業務を効率化しよう

ECサイトを運営する場合、販売チャネル増やすためにAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天などモール展開することは少なくありません。
しかし、複数のモール展開をする際の1つの悩みとして運営業務が煩雑になりがちという問題があります。雑務が増えることにより、余計なコストがかかってしまうこともあるでしょう。

この問題の解決策としてモール連携ツールを活用する方法があります。業務を一元化できるツールを導入することで、効率的で無駄のないECサイト運営が可能になるのです。
今回はモール連携ツールで評価の高い「TEMPOSTAR(テンポスター)」について紹介します。


福岡(九州)のECサイト構築! システム会社の選定方法とは?

福岡は歴史的に化粧品メーカーや健康食品メーカーが多い傾向にあり、起業家精神が根付いていることもあって、数多くのEC事業者やネットショップが存在する地域でもあります。

今回は、そんな福岡で新たにECサイトを構築して販路を拡大したいという事業者や、既存のECサイトをリニューアルして売上をアップしたいという事業者に向けて、システム会社を選定する上で役立つ情報や、気をつけるべきポイントについて紹介します。


CtoC ECの市場規模はどのくらい? 今後の動向についても予測

経済産業省が毎年発表しているEC市場調査報告書は、EC市場の動向を把握し、今後の事業計画を立てるのに非常に役立ちます。

今回は、現時点での最新版である「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」の内容をもとに、CtoC ECの市場規模にスポットを当てて紹介し、CtoC EC市場の今後の展望について予測していきます。


事業者メーカーは販路拡大のチャンス? 次世代住宅ポイント制度とは

2019年10月より、消費税率が8%から10%に引き上げられます。消費税増税により、さまざまな産業や業界において需要の落ち込みが懸念されています。
これを受け政府は、需要変動軽減のための各施策を行う見込みです。

今回は、それらの施策のひとつである『次世代住宅ポイント制度』を取り上げ、EC事業者にとってどのような影響やビジネスチャンスがあるかご紹介します。


マルコメ株式会社がBtoCとBtoB、2つのECサイトをecbeingで構築した理由とは?

2006年に通販専用のフリーズドライお味噌汁「京懐石」を販売するためにECサイトを自社開発でオープンしているマルコメ。その後、ecbeingのパッケージを利用して、2015年と18年に2度のリニューアル、さらにBtoBサイトを18年に新規オープンしている。
なぜ、マルコメはパートナーにecbeingを選んだのか? マルコメ株式会社のマーケティング本部 マーケティング部 通販事業課 課長の大原直木さんに話を聞く。


チャットボットを活用してコールセンター業務を効率化

近年、チャットボットをコールセンター業務に活用する企業や自治体が増加傾向にあります。その背景は、チャットボットの基盤となるAIの進化により、問い合わせに対する回答精度が向上しているためです。
カスタマーサポートのサービス向上や、顧客対応の業務効率化などの観点からも、チャットボットの導入は今後ますます進んでいくものと予想されます。

そこで今回は、チャットボットの概要から成功事例、導入のメリットなどについて見ていきましょう。


顧客目線に立ったサービスを提供するECサイト『MARKS&WEB』

年々、競争激化するEC市場で、注目されているのがオムニチャネル戦略です。顧客に対してさまざまな入り口を作ることで販売機会の損失を防いだり、顧客管理が簡易になったりするメリットがあります。
ECサイトだけでなく、コーポレートサイト、SNSなどからも集客し売上アップを狙うことで、顧客へのサービス向上を狙うことができます。

今回はオムニチャネル戦略に成功した事例として、MARKS&WEBのECサイトを例に成功の秘訣を探っていきます。


技術・デザイン・品質を伝えたい――「ネクタイの田屋」がメルカートを導入してECサイトをリニューアル

1905年に創業して銀座に店舗を構え、「ネクタイの田屋」として知られている田屋。自社工房を持ち、高密度、高品質のオリジナル生地で作り上げたネクタイ、シャツを世に送り出し、創業以来、まさに銀座の伝統として、110年以上の長きにわたって支持されている。
ECには2004年にホームページを開設時から取り組んでおり、2019年1月には、ecbeingのメルカートを導入してECサイトをリニューアルした。

今回は、このリニューアルの背景やその後の変化について、株式会社田屋 商品企画部 ECサイト担当の岡野 千里さん、小林 昇太さんに聞く。


ECサイト構築システム・ベンダーの比較項目、比較表の作り方

ECサイトを新規で構築、もしくはリニューアルをする際に、ECベンダーに向けたコンペを実施する場合、どのような指標でECベンダーを比較すれば良いのか分からないのではないでしょうか。
ECサイト構築ベンダーを比較するにあたり、どんな項目を比較するべきなのか解説していきます。


ECサイトの種類とは? シェアNo.1のecbeingの構築事例からご紹介

現代のネット市場の広がりを目にして、ECサイト構築やリニューアルを検討している事業者様もいるでしょう。多種多様な業種の企業様がecbeingでサイト構築・リニューアルをされています。

そこで今回は、業界別にどのような事例があるのか、ECサイトの種類別に開設していきます。


商材別のECサイト一覧! 構築するならどのタイプ?

ECサイトを構築する方法には、さまざまなタイプが存在します。
これから自社のECサイトを開設しようという場合、まずECサイトにはどのようなタイプがあるのかを知り、そして自社の商材にマッチする形態を選択する必要があります。

そこで今回は、さまざまなECサイトの形態をご紹介し、それぞれ向いている商材・ビジネスモデルや、メリット・デメリット、導入費用などの観点から比較していきます。

お問合せ・資料請求

03-3486-2631営業時間 9:00〜20:00

お問合せ・資料請求

ECサイト構築・B2Bサイト構築の
リーディングカンパニー
株式会社ecbeingソフトクリエイトホールディングスグループ
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
TEL:03-3486-2631

デスクトップ用サイトを表示