• TOP
  • News+
  • お客様インタビュー
  • 「全てのゴルファーにとって唯一の存在を目指して」 進化を続けるゴルフパートナーのECリニューアルプロジェクトを聞く!

「全てのゴルファーにとって唯一の存在を目指して」 進化を続けるゴルフパートナーのECリニューアルプロジェクトを聞く!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1999(平成11)年設立。中古ゴルフクラブという新しいマーケットを創造し、成長させることを使命として誕生。圧倒的なスピードによる多店舗展開によりマーケット開拓を成功に導き、設立わずか1年で業界ナンバーワンになる。

ゴルフパートナー 基本情報

「全てのゴルファーにとって唯一の存在を目指して」

この理念の元あらゆるクラブニーズにお応えすべく「中古ゴルフショップ」から「総合ゴルフショップ」さらにゴルフ練習場事業やゴルフスクールの開設、海外店舗展開やEコマースの運営など、快適なゴルフライフ実現のための商品・サービスを提供する事業を拡大し成長を続けている。

【ゴルフパートナーオンラインショップ】

新品・小物販売 : http://new.golfpartner.jp/shop/

この先10年のお買い物方法の変化へ対応する戦略的リニューアル!

旧システムの老朽化と販売機能の不足が最大の課題と捉えていました。

お客様のニーズに応えること、世の中の変化に追い付いていくことが最も重要な課題でした。

ecbeingへとリニューアルする前は、ECパッケージへのスクラッチ開発を繰り返してきたため、システム上の制約が多く新たな試みをすることが難しくなっておりました。時代(ニーズや外部環境の変化)にマッチし、新たな試みが実現できるシステムへの刷新が事業拡大の大きな要素であることは火を見るよりも明らかでした。

とはいえ、複数のシステムが関わり合う当社固有に作り上げたシステムですのでそう簡単には刷新はできません。次期ECシステムの検討として2013年よりおぼろげなイメージを固め、本格検討は2015年の夏頃より始めるという、比較的中長期に渡る検討となりました。

最初はデータベース構造の整理やシステム構成図など大まかなところから整理を始め、徐々にシステム全体の青写真を作っていきました。

お客様がお店を知る、商品を見つける、お買い物をされる方法はこの10年で一気に多様化されました。知る、見つける、買う、他の人の意見も見てみる、比べてみる、迷って相談してみる・・・普段お客様が当たり前のようにされていることがインターネットの世界でも当たり前のようにできるようになってきています。

このタイミングで時代やお客様のニーズに応えるサービスを提供するための基盤を作りあげ、サービスを拡充していきたいという狙いがありました。

まずは新品ECサイトのリニューアルを行い、基盤を整えた上で中古サイトのリニューアルへと繋げていく計画を立てました。人的なリソースや現行サービスへの影響を最小限に抑えること、加えてこれまで注力しきれていなかった新品(小物、新品クラブ)販売への取り組みを強化するためにも、段階的な刷新と強力なEC販売基盤が必要でした。

膨大な商品数を扱える製品品質への信頼性と操作性、実現するための開発体制がポイント

主要なECパッケージベンダーについてはある程度の特色は認識していました。それら主要なECサイト構築パッケージシステムの中で、当社の事業基盤を構築できるであろう4社を選定し検討を開始しました。全ての企業にRFI(情報提供依頼書)を渡して、出来ること・出来ないこと・やり方(各企業の特色)を教えていただいた上で2社に絞り込みました。

最終的には、

 ■55万SKUを超える当社の商材を問題なく扱えるシステムであること

 ■管理機能の操作性・見やすさが秀でていること

 ■製品の信頼性、導入時の価格帯、上記を実現するための開発体制があること

 ■高度なセキュリティ環境が用意できること

などを評価しまして、ecbeingに決めました。

弊社の商品は中古商材なので、二つと同じものがないこと、加えて売れたらその商品は在庫からなくなることが最大の特色です。つまり単一在庫55万点を超える膨大な数の商品データの整合性を担保し、扱えるシステムであることが必須条件となります。

また、業務を遂行していく上で現場の担当者が操作しやすく、見やすいシステムであることも重要です。可能な限り効率化され少ない人数でも安定した運用が出来ることも当然選定の重要な要素でした。先に申した通り、全ての商品を単品管理するということはそれだけ管理面に負担が生じます。この負担を人ではなくシステムが吸収してくれると私ども事業者としては販売やサービス面に割り振る時間を多く持てます。

まずは基本機能・性能が担保されていること。次に誰でも見やすく操作できるインターフェースであること。最後に開発を含む拡張性が見込めることが選定の決め手でした。

システム選定を行なう中で、最初から全ての要求に対して可能性を感じたのがecbeingです。ご協力いただいた企業様には申し訳ないのですが、システム選定はまるで答え合わせをしていく作業に近かったと覚えています。

最終的に2社に絞り込んで検討することになった訳ですが、もう1社のECシステムには当社にとって死活問題になるようなニュースが飛び込んできました。元々、管理画面の操作性は当社の求めるものとは異なっていたこと、特にデザイン登録などは一見何でも出来るような機能に見えましたが、よくよく見てみるとある程度の専門的な知識が必要であることが分かり、見えない部分でもコスト増になってしまうことが分かりました。

今考えるとなるべくしてecbeingになったと思います。

インフラ面、特にセキュリティ面でも情報を集めてみればかなり注力していることも分かりました。独自でWAFやIPSサービスを導入すればかなりの費用に負担になるところ、ecbeingではすでに高度なセキュリティが組み込まれていた利用料が設定されていました。

これは嬉しい予想外でした。

あるべき姿を実現するためのギャップを埋める作業に一苦労

システム構築時に苦労した一番のポイントとしてはecbeingの仕様と当社が「こうあるべき」と考えている差を埋めることでした。機能としては非常に分かりやすく、導入〜設定までスムーズでしたがサイトフロントの細かな表記の修正が多分にありました。また、デザイン面での調整もかなり発生したことを覚えています。リリースの直前2ヶ月くらいはとても辛い時期でした。課題も最も多い時期は300個くらいあり管理するだけでも一苦労でした。

特にスマートフォンサイト、これは今思い出すと当社としても知見が足りなかったのですが、ecbeingに任せきっていたこともあり、リリース直前で多くの課題をクリアする必要に迫られました。

苦労はありましたが、この経験は非常に重要でした。次の中古サイトを見据えたときに、何よりもecbeingというシステムへの理解が深まりましたし、どのように依頼や確認をすればよいかのノウハウも溜まりました。次の中古サイトの完全移行を意識したときに、スムーズに進めるための良い知見を得ることが出来ました。

サイトデザインもecbeingに一本化し社内作業を削減し本業に集中

サイトデザイン制作もecbeingにお願いした背景は、ECサイト構築パッケージシステム特有のシステム仕様を理解していないとデザイン適用が難しい点でした。組み込み作業やデザイン上のシステム調整に割ける時間は多くありません。ecbeingにシステム構築だけでなくサイトデザイン制作も一本化して依頼することで、要望や情報の受け渡しはシームレスとなり外部デザイン会社を利用するよりもはるかに効率的でした。サイトデザイン制作で他を選ぶ選択肢は現場のニーズとしてもなかったですね。

事業主体者としてのビジョンを明確に持ち適切なゴールを設定する

新しいシステムに期待する前に、私どもは事業主体者としてECシステムに期待するビジョンを明確にする必要がありました。目標に対して第一段階、第二段階、最終形、結果として求めている売上、それぞれに応じて必要な費用や要件は異なってきます。事業主体者はそういった階段をしっかりと作っておく必要があります。実際にシステムに落とし込んで形にすることはベンダーに任せますが、ビジョンを明確にすることは事業主体者にしか出来ません。

ゴールを自分たちで決めることが一番大切だと考えています。

全てのゴルファーにとって唯一の存在を目指して

新品サイトの滑り出しは、稼動直前に慌しさはあったものの比較的スムーズに実現できたと思います。これでやっと中古クラブのオンラインショップから総合ゴルフのオンラインショップへと進化できるようになりました。今後はトライ&エラーを繰り返しながら、ECサイトを進化させていきたいと考えています。

まずは時間を置かず、中古品販売のECサイトを統合し販売能力を強化したいと考えています。これまではゴルフパートナーをご存知のお客様にとって使いやすいサイトでした。

これからはゴルフパートナーをご存知のお客様はさらに使いやすく、知らないお客様には「こんなサイトがあったのか」と言っていただけるよう邁進いたします。

ゴルフを楽しむためには色んな出会いが必要です。クラブ、ウェア、ボール…より多くの高品質な商品・商材・サービスを提供しお客様にとって必要とされるECサイトを目指します。

さらに今後は当社の実店舗とECサイト間で相互協力を図りながら、サービスを拡充していきたいと思いますが、具体的な構想、内容、展開方法は模索中です。

全てのゴルファーにとって唯一の存在を目指しているのですから、進化の足は止められません。

編集後記

ゴルフパートナー様が次期ECシステム選定を本格化させた2015年は、ECサイト構築の手法自体も洗練され、スマートフォンが浸透し、レスポンシブルデザインも一般化している時期でした。そういった変化の多い時期に、事業に合ったシステムを、冷静な目線で選定していく手法はECパッケージにも知見をお持ちの久保田様、デザイン会社出身の酒井様だからこそ出来る手法なのかも知れません。事業者としてECサイトに対する明確なビジョンを持つことは、簡単なようで難しいところです。

自分たちが日々行っている業務から、ECシステムに必要な機能を落としこんでいく作業も、導入後の業務効率を考えたときに、かなり重要です。ゴルフパートナー様では、その膨大な商品点数を扱うために、商品登録作業を効率的に行なう必要がありました。何でも出来るように見えるシステムではなく、操作性・見易さを重視し、現場の運用レベルを上げることを目的としてシステムを選定しています。目的を達成させるための手段の選び方にブレがない点は、提案するecbeingとしても非常に参考になるポイントでした。

サイトデザイン制作も、自分たちが本業に集中するために一本化するという選択が効果的な事業者様も多いのではないでしょうか。デザインの制作から修正のやり取りを行い、ECサイトの適用まで行うのは、思った以上に時間がかかります。ECサイトシステムベンダーとデザイン会社の2社の間に立って、調整を行う作業は、ECサイトへの深い理解も必要ですし、デザイン面で適切な指示を出す難しさがあります。ECサイトの売上を上げていくという目的を考えたときに、コミュニケーションを行うためのコストを削減し、売上を上げる施策作りに集中してもらう形作りをお手伝いできた点は、ecbeingとして非常にうれしく感じられる部分です。

これから控える中古品販売サイトの構築を成功させて始めて、ゴルフパートナー様のご期待に応えることが出来たと言えます。

新品商品を扱ECサイトの構築は、まだまだ階段の1段目です。ゴルフパートナー様ではECサイトに求めるビジョンや、そのためのステップ作りは、プロジェクトを主導されたお二方がしっかりと固めていらっしゃいました。

システム・EC本部 eコマース事業部 次長 酒井 大介 様

システム・EC本部 eコマース事業部 eコマース課 係長 久保田 努 様

お二人をはじめとした、ゴルフパートナー様のプロジェクトチームの皆様のご尽力があっての事と、深く感謝しております。

ecbeingでは今回の経験を生かして、EC事業者様の長期的な事業戦略作りや、ECサイトに求めるビジョン作りをお手伝いします。

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00