TOP
  • ecbeing News+|ECサイト構築No.1 ecbeing

ecbeing News+


ECサイトで成果を出すための最新情報や業界動向をはじめ、
売上アップにつながるマーケティング情報を随時配信しております!

新着記事一覧

2018/04/25

ベンダー比較のコツ・社内体制巻き込み術 リニューアル時の2大悩みを解決!

これからECサイトのシステム構築やリニューアルを考えている事業者様向けに、「ベンダー比較のコツ・社内体制巻き込み術」を社内セミナーで講演しました!今回約70名のEC事業者様にお申込みをいただき、セミナー後のアンケートでも大変ご満足いただけたセミナーになりました。

ecbeingの有名・大手のEC事業者様の事例を元にセミナー講演を行なったので詳しくはお伝えできませんが、少しだけセミナーレポートをお送りいたします!

2018/04/24

越境ECとは? メリット・デメリットから具体的な事例まで徹底解説

中国人観光客の爆買いに代表されるインバウンド需要が一時期話題になりましたが、その後注目され始めたのが「越境EC」です。越境ECはインバウンド需要をしのぐ巨大なマーケットとして、EC業界で注目されています。海外への進出の機会にもなることから、様々な企業が越境ECに身を乗り出し、その市場規模は年々拡大し続けています。

しかし越境ECを始めるのは簡単ではなく、国外との流通になることから様々な弊害も生じます。今回は越境ECの基礎知識からメリット・デメリット、そして具体的な事例までご紹介します。

2018/04/23

オムニチャネルの基礎知識から他チャネルとの違い、事例まで徹底解説

アパレル業界をはじめとした国内の企業で、ビジネスのオムニチャネル化が進んでいます。
利益向上だけでなく、企業にも顧客にも様々なメリットがあるオムニチャネルですが、いったいどういった施策なのでしょうか。

今回はオムニチャネルの基礎知識から導入に必要な準備、具体的な事例まで詳しくご紹介します。

2018/04/19

ECサイトに活用できる主要SNSまとめ

近年SNSの利用者は増加を続けていますが、ECサイトにおいてもプロモーションや口コミ拡散等の販促活動に大いに活用されています。上手に活用することで、ECサイトの売り上げに高い効果があるのがSNSマーケティングの特徴です。

今回は、ECサイトにおいて活用されている主要なSNSの特徴やメリット・デメリットについて見てみましょう。

2018/04/16

アパレルECサイトのスタッフスタイリング事例

近年、通販業界ではあらゆる販売及び流通のチャネルを統合し、全てのチャネルでお客様と接点をもちサービスや売上向上を狙うオムニチャネル施策の実施が増えています。
数ある施策の中でも、アパレルECサイトのオムニチャネルの成功要素の一つに、店舗スタッフのコーディネートをECサイトに掲載する方法があります。

今回はecbeing導入事業者様の、スタッフスタイリング活用事例について見ていきましょう。

2018/04/13

ECサイトとブランドサイトを統合するメリット・デメリットとは?

海外では当たり前のように行われているECサイトとブランドサイトの統合ですが、近年では日本でも実施する企業が増えてきました。
WEBの技術やデザインにおいて、日本よりも5年先を進んでいるといわれている米国をはじめとした海外のサイトは、なぜサイト統合が主流になっているのでしょうか。

今回はサイト統合によるメリットとデメリット、国内におけるサイト統合事例をご紹介します。

2018/04/12

雑誌コンテンツ重視の情報発信型メディアECサイト『FLAGSHOP』

昨今インターネットの台頭は、その便利さや手軽さによって新たなビジネスが次々と生み出される一方で、紙の雑誌が振るわなくなり多くの出版社が苦境に立たされるという状況も作り出しました。そんな中、出版社が活路を見出したのがEC事業です。
出版社の優れた良質なコンテンツと編集力、情報発信力を生かし、雑誌にも負けない情報量を掲載したECサイトを作り上げたのです。こうして作られたクオリティの高いサイトは、多くのユーザーを魅了することとなりました。

そんな出版社のEC事業の中でもユーザーを飽きさせないサイト作りに成功している、集英社のファッション通販サイト『FLAGSHOP』をご紹介します。

2018/04/11

ECサイトのリニューアル・リプレイス 一番の目的とは?

ECサイトのリニューアルやリプレイスを検討するEC事業者様が増えてきています。近年ECサイトは会社の事業自体の中心になっていることも多く、ECサイトのリニューアルやリプレイスは今後の事業拡大において最重要とされており、絶対に失敗できないプロジェクトです。

今回は有名・大手1,000サイト構築のecbeingの実績をもとに、なぜECパッケージであるecbeingにリニューアル・リプレイスを行なったのか?最近のリニューアル事例をもとにご紹介します。

2018/04/10

ギフトECサイト構築のポイントと必要な機能

お中元やお歳暮、結婚祝いや出産祝いなど、季節や人生の節目に贈られるギフトは人間関係を円滑にする、我々の生活に欠かせない存在です。そんなギフトに特化したECサイトの構築には、どのような機能が必要となるのでしょうか。

今回は近年のギフト市場の動向や、ギフトECサイトにおける必要な機能をご紹介します。

2018/04/09

ECサイトにおけるアフィリエイト広告で売上アップするためのポイント

ECサイトの広告にはリスティングやリマーケティングなどさまざまなものがありますが、その中でも費用対効果が高く、低リスクで運用できるのがアフィリエイト広告です。扱っている商材によって向き・不向きはありますが、効果的に運用できれば新規ユーザーの獲得や売上アップが期待できます。

今回は、アフィリエイト広告で売上をアップさせるために必要な施策や報酬金額の目安などについてご紹介します。

2018/03/30

多様なオムニチャネル施策でユーザーを獲得する『グラニフオンラインストア』

ECサイトや実店舗、アプリなど、あらゆる販売チャネルを連携することで、ユーザーはいつ、どのチャネルからでもスムーズに商品を購入できるので、購買機会が増え売上アップが期待できます。

しかし、リピーターの獲得やタイムリーな情報提供、宣伝効果などを狙うのであれば、さらに企業とユーザーの関わりを強めていかなければなりません。そのための方法のひとつとして、多くのユーザーが使用しているSNSの活用が挙げられます。

今回は、複数の販売チャネルとコミュニケーションチャネルを連携することでユーザー獲得に成功している「グラニフオンラインストア」の事例をご紹介します。

2018/03/26

目指せ売上1.5倍!Googleアナリティクスセミナーレポート

先週ecbeingのプライベートセミナーでも大変人気の、Googleアナリティクスセミナーを開催いたしました。会場の人数に限りがあるため抽選となってしまいましたが、240名以上のお客様にお申し込みをいただきました。

今回は昨年に引き続き売上拡大を実現するために必要な分析方法から、Googleアナリティクスを使用してどこを見るべきなのか?どう改善に活かすべきなのか?ということを【無料】で徹底レクチャーいたしました。

2018/03/26

越境ECで売れる商材とは?

経済産業省の調査(※1)によると、世界のBtoCにおける越境ECの市場規模は2014年に2,330億USドルでしたが、2020年には9,940億USドルに拡大すると予測されています。6年で4倍以上という急速な拡大が見込まれている背景には、パソコンやスマートフォーンの普及によりインターネット環境が整っていることや、海外製品でも安心・簡単に取引できるオンラインショッピングモールや決済方法が確立してきていることが考えられます。

今回は、これからも拡大を続けると予測される越境EC市場でどのような商材が売れる可能性があるのか見ていきましょう。

2018/03/20

商品検索・サイト内検索エンジン『ZETA SEARCH』がもたらすユーザー体験の充実化

インターネット上の情報は増加し続けていますが、情報量が増えるほどその中から欲しいものを探し出すことは難しくなっていきます。素早く的確に探すためには、検索エンジンの果たす役割が重要になってきます。それはECや各種サービスサイトも同様で、商品数が増えラインナップが複雑になるほどサイト内における検索エンジンの充実度が求められます。

今回は、高速性能と高い検索精度を誇る商品検索・サイト内検索エンジン『ZETA SEARCH』についてご紹介します。

2018/03/15

オムニチャネル×ユニークな企画でブランド力を強化する「チャイハネ」

ECサイトや実店舗など複数の販売チャネルを持つ企業は、ユーザー満足度が高まるオムニチャネル施策を展開するだけでなく、ユニークな企画を制作・実行することでファンを増やし、さらなる売り上げアップにつなげることができます。

今回は株式会社アミナコレクションが運営している「チャイハネオンラインショップ」の事例を参考に、どのような工夫を行っているのか見ていきましょう。

2018/03/15

単品通販会社様必見!売れるネット広告社 共催セミナーレポート

ecbeingでは売れるネット広告社様との共催セミナーを行いました!ECサイトで単品・定期の通販を成功させるためには、様々なノウハウやマーケティング施策をはじめ、それを支えるECシステム基盤が必要です。今回は様々なクライアントの売上を確実にアップしてきた売れるネット広告社の加藤公一レオ氏とecbeingで単品・リピート通販に特化したセミナーを行いました。

今回も100名以上のお申し込みをいただきました!ご来場いただいた皆様ありがとうございます。

2018/03/13

ECサイトでも活用できる! 国内で人気のポイントサービス5選

ECサイトはもちろん小売業をはじめ、電力会社や銀行など多くの企業が導入しているポイントサービス。なかでも多様な連携先でポイントを貯めて利用できる「共通ポイントサービス」は、新規参入する事業者が急速に増えており、ポイントサービス市場規模は今後も拡大し続けると予想されています。

今回は、国内で人気の高いポイントサービスを5つピックアップしてご紹介します。

2018/03/12

一過性の売上では意味がない。ECサイトを利用したパーソナルなサービスを実現し、「リピーター獲得」を狙う

1976年に「婦人ノンレザーシューズ」の卸・小売業をスタートしたアマガサ(設立当時は天笠)。革を使わない“ノンレザー”の特長は、素材が豊富にあるのでデザイン性が高い点と、制作日数が革よりも短縮できるためトレンド性の高い商品や、売れ筋がすばやく提供できる点だ。

これらのメリットを全面に打ち出し、自社でデザイン企画・開発、卸売販売を手掛けた1985年生まれのブランド『JELLY BEANS』(ジェリービーンズ)は若い女性を中心に人気を得て、業績が右肩上がりで伸び続ける大きなきっかけとなった。
2016年にはECサイトを大規模リプレイス。その背景には、ブランドをさらに躍進させるために取り除かなければならない“課題”があったという。

同社の小売事業部EC課の亀澤秀之さんと慶徳和孝さんに話を聞いた。

2018/03/09

買い物のしやすさを追求した『ボーネルンドオンラインショップ』

どれだけ商品が充実していても、検索しづらく目的の商品にたどり着けなかったり、会員特典がなく魅力を感じなかったりするようなサイトは、ユーザーのリピート率が低くなってしまいます。何度もサイトを訪れてもらうためにはユーザー目線の満足できる機能やサービスの充実が欠かせません。では、どのような工夫を行えば良いのでしょうか?

今回は『ボーネルンドオンラインショップ』の事例を参考に、ユーザーが買い物しやすいサイト作りについて見ていきましょう。

2018/03/07

越境EC最前線!中国モール進出&自社サイト展開セミナーレポート

様々な事業者様が越境ECをはじめ、海外進出にチャレンジしております。経済産業省では海外への越境EC市場は2390億円となり拡大傾向となっています。今回は海外に進出の支援を行っている「イー・エージェンシー」様との共催セミナーを行い、自社の商品を中国モールに進出する場合のアウトバウンド型の成功・失敗事例と自社ドメインでの越境ECの場合によるインバウンド型の成功事例・構築ポイントという両軸でセミナーを行いました。
今回は少しだけセミナーの内容をご紹介します。

2018/03/07

オムニチャネル施策でユーザーと企業にメリットをもたらす「Francfranc」

オムニチャネルは売上アップに有効な施策ですが、企業の利益を優先させるだけでは成果は得られません。オムニチャネルを成功させるためには、ユーザーが満足するようなサービスを提供する必要があります。

今回はユーザーの満足度を上げるだけでなく、企業にとってもメリットのあるオムニチャネル施策を行い成果を出している「Francfranc」をご紹介します。

2018/03/01

まだ間に合う!今年実施したいオムニチャネル施策セミナーレポート

近年は小売・EC業界でも「オムニチャネル」という言葉が浸透してきましたね。
「オムニチャネル」とは事業者が展開しているどのチャネルも購買ができたり、同じサービスを展開することです。スマートフォンの普及によりユーザーとの接点がさらに複雑なものになっております。そこでオムニチャネル推進を行っているecbeingといたしまして、「今年実施したいオムニチャネルセミナー」と題しまして大規模オムニチャネル事例から第一歩のオムニチャネル化まで成功事例をもとにセミナーを行いまいした。その様子を少しだけご紹介します。

2018/02/26

満足感を与えるサービスでファンを生む『シュゼット オンラインショップ』

ECサイトを運営していく上で、初めてお買上げいただくお客様を顧客に育てファンを増やしていく施策は重要です。固定ファンが増加すると売上だけでなく、新たなユーザーを増やしてくれることもあり、さまざまな面で企業の力となってくれます。

今回はユーザーの要望に応えると同時に感動を与えるサービスを提供し、ファン作りに成功している洋菓子の『シュゼット オンラインショップ』をご紹介します。

2018/02/23

アメリカの有名ECサイトと小売企業の動向

eMarketerによると2017年、世界の小売電子商取引の売上高は前年比24.8%増の2兆3,040億ドルに達したそうです。
また2017年、世界の小売売上高総額は22兆6400億ドルと報告されており、2016年と比較して5.8%増加しています。そのうち電子商取引が占める割合は、2016年の8.6%から2017年は10.2%に増えており、まだまだ増加が予測されます。

今回は、電子商取引の中でも世界第2位のBtoC-ECの市場規模を持つアメリカの有名ECサイトについて見ていきましょう(※1)。

2018/02/23

中国ECの市場動向とシェアランキングTOP5をご紹介

経済産業省の調査(※1)によると、2016年のBtoC-EC市場規模トップは中国の9276.0億ドルで、前年比40%という驚異的な伸び率で他国に大差をつけています。第2位はアメリカの3983.5億ドル、続いてイギリスの1060.8億ドル、日本は第4位で774.1億ドルと前年比6%の伸び率でした。

BtoC-ECだけ見ても中国のEC市場規模はアメリカの2倍以上と非常に大きく、日本の約12倍もあります。今後ますます拡大が予想され、市場調査会社イーマーケターの予測では中国の電子商取引小売額は2018年までに1兆ドルに達し、世界のEC市場の4割を占めると見られています。

今回は、拡大し続ける中国のBtoC向けECサイトについて詳しく見ていきましょう。

2018/02/23

東南アジア(ASEAN)のEC市場動向

東南アジアはまだまだ発展途上の国々が多いですが、かつての日本や中国のように経済発展が進むことや、第4次産業革命の波を受けた急速なEC市場の拡大が予測されています。

今回はASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国を中心に、東南アジアのEC市場動向について見ていきましょう。今後東南アジアへの越境ECを進めていく事業者も多いので、ぜひ市場をチェックしていきましょう。

ASEAN加盟国(2018年2月19日時点)
ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム

2018/02/22

ユーザー投稿コンテンツを活用し、ECサイトのコンバージョンアップ(フォーラムレポート)

「ネットショップ担当者フォーラム2017」2日目はecbeingのソーシャル・海外推進室の井上が登壇をいたしました。今回はビジュアルマーケティングというところに着目し、ECサイトにおけるInstagramの活用方法について登壇をいたしました。その時の講演内容を少しだけ紹介します。

2018/02/21

ECサイトの新たな4つの戦略をご紹介

皆様が運営しているECサイトはどのような戦略で運営をしていますか?
当然自社の売上チャネルの1つということでECサイトを運営している事業者様が多いと思います。となると当然売上を少しでも上げていきたいとうことになると思いますが、「集客数」を増やしたり、「購入率」を上げたり、「客単価」を増やしていくような施策だけでは、中々現状を打破していくことは難しいのではないでしょうか。今回ECサイトの新たな戦略として、次フェーズに検討したい4つの新たなEC戦略をご紹介します。

2018/02/21

ECサイトの購入率アップツール・サービス13選

ECサイトの売上アップにおいてはなんといっても商品力が重要ではありますが、もし型番商品や他でも販売をしている商品を扱っている場合、いかに集客したユーザーに対して接客をしたりユーザーが使いやすい設計にし購入をしていただけるような施策が必要です。
そこで今回は集客したユーザーに対して購入率をアップさせるようなツール13選を、購入までのフローに沿ってご紹介します。あと一歩購入率を上げたい!というEC担当者様は必見です!

2018/02/20

導入後、受注が10倍になった事例も!オンライン決済サービス『ペイパル』

ECサイトの売上をアップするには、さまざまなユーザーニーズに合わせた決済システムを用意しておく必要があります。特に近年はクレジットカードの漏洩事故などが多発したこともあり、決済システムの安全性やセキュリティ対策も欠かせません。

今回は、数あるオンライン決済サービスの中でも世界で2億人以上のアクティブユーザーに利用されている『ペイパル』についてご紹介します。

2018/02/19

世界で初めて真珠の養殖に成功したミキモト。ハイジュエラーがECで高額商品を販売するために意識しているポイントとは

1893年に世界で初めて真珠の養殖に成功したミキモトの創業者・御木本幸吉。以降、同社は「世界中の女性を真珠で飾りたい」という思いのもと、真珠養殖のオリジネーターとして、またハイジュエラーとして1世紀以上にわたり優れたジュエリーを生み出してきた。

そして現在、ミキモトのジュエリーは実店舗だけでなくEC機能を備えたオフィシャルサイト上でも購入することができる。ラインナップには数十万円から数百万円と高額商品が並ぶが、EC上で高額商品を販売するために同社はどのようなことを意識して設計したのだろうか?

ミキモトのWEBマーケティング部長 野村謙一郎さんに話を聞いた。

2018/02/19

「郷に入っては郷に従え」PDCAを繰り返すことで商品を海外で販売するコツが見えてくる〜『ダイアナ』の越境・グローバル戦略〜

戦後間もない1948年に婦人靴専門店としてスタートしたダイアナは、開業以来70年で「店舗数104店、年間売上高159億円」の企業へと発展した。
同社の販売するパンプスは20〜30代の女性を中心に人気を集めているが、その人気は国内にとどまらず、2011年からは「越境EC」を活用して海外へも販路を拡大している。

それから約7年が経過する今、同社はどこに課題を感じ、またグローバルへの可能性を見出しているのか?

同社のEC事業部プロジェクトマネージャー小河正義さんに話を聞いた。

2018/02/16

EFOを行ってECサイトの売上アップ!(購入率アップ施策)

ECサイトにおいて商品を購入する際に、会員登録をしたり、ゲストの購入でも配送先の登録が必要になります。となるとECサイトで売上を獲得するには、ユーザーとして個人情報の入力が必須となります。筆者の私もECサイトで買い物をする際に入力フォームのユーザビリティが悪いと、ここでしか売っていなくて、どうしても欲しい商品でなければ、別に買わなくてもいいかな?だったり「amazon」で買おうかな?と思ってしまいます。せっかく商品を購入しようとしているのに入力途中で離脱してしまうのはもったいないですよね。
ここでは入力フォームのユーザビリティを高め購入率をアップさせる『EFO』(エントリーフォーム最適化)の必要性をご紹介します。

2018/02/16

顧客満足度の追及×コミュニケーションで売上アップ『Honeys Online Shop』

自社商品をECサイトで販売する場合、新規ユーザーを獲得すると同時に自社商品のファンに育てる仕組み作りや、ユーザーと関係性を築き維持していく必要があります。

今回は、ファンを育成するためにユーザーとのコミュニケーションを積極的に行っているアパレルブランド「ハニーズ」のECサイト『Honeys Online Shop』をご紹介します。

2018/02/15

メーカーが運営するECモールの魅力 『NOEVIR GROUP SHOPPING MALL』

複数の製品ブランドを展開している場合、ECモール内にブランドごとのECサイトがあれば会員を一元化しつつ、訴求ポイントを明確にできるためターゲットへの伝達力が大きくなります。さらに、化粧品のようにユーザーの年齢や悩みに応じて使用する製品が変わる場合は、複数のECサイトを一つに集約することでさまざまなユーザーメリットを生み出すことができます。

今回は株式会社ノエビアが運営する『NOEVIR GROUP SHOPPING MALL』の事例を参考に、どのような魅力があるのか見ていきましょう。

2018/02/15

ユーザー視点で充実したサービスを提供する『メガネスーパー』のECサイト

ECサイトの売上アップには新規ユーザーやリピーターの増加することは重要ですが、ユーザー満足度を上げることも重要です。多様な要望を満たすことは沢山の施策が必要になりますが、ユーザー視点に立ったサービスを提供することで購入機会の増加や購買意欲を高める効果も期待できます。

今回は、あらゆるユーザーニーズを満たすために多くの工夫を行っている『メガネスーパー』についてご紹介します。

2018/02/14

ECサイトのファンを増やすコンテンツマーケティング(フォーラムレポート)

2017年の11月に行なわれました、株式会社インプレス主催の「ネットショップ担当者フォーラム秋2017」に参加し、当社ecbeingの企画制作本部 部長の森が登壇いたしました。
当社ecbeingでもECサイトにおけるコンテンツマーケティング推進を行なっており、売上アップの支援を行っている企業様の成功事例やユーザーから好まれるECサイトの構築方法について講演をいたしました。

2018/02/09

ECサイト構築パッケージ比較(リニューアル編)

ECサイトを構築する方法としては4つの方法があります。「ASP」「オープンソース」「パッケージ」「フルスクラッチ」です。今回は「ECパッケージ」にリニューアルした事例をもとに、理由やパッケージ比較などをご紹介します。

2018/02/07

オムニチャネルを強化しユーザー満足度を高めた『REGAL, shoes street』

ユーザーがいつでも、どの販売チャネルからでも同じように購買できる環境を実現するオムニチャネルは、ライフスタイルが多様化した現代に適した施策です。オムニチャネルを実現するには複数の販売チャネルを持つだけではなく、商品情報や在庫情報、会員情報をうまく連携させユーザー満足度を高めていく必要があります。

今回はオムニチャネルの強化に成功した、リーガルコーポレーションが運営する『REGAL, shoes street』をご紹介します。

2018/02/07

国内・海外両方のユーザーを取り込む『AS ONLINE』

ユーザーを増やすための施策として、海外のターゲットにもアプローチするという方法があります。海外展開するには言語対応や商品配送といった課題もありますが、それらをクリアして国内・海外のユーザー両方が気軽に買い物できるサイト作りを行っているのが、株式会社アズノゥアズが運営する『AS ONLINE』です。

今回は『AS ONLINE』の越境機能や、ユーザー満足度を高める工夫についてご紹介します。

2018/02/07

ECサイトの構築から運用方法、売上アップの方法まで徹底解説

ECサイトとはどのようなものでしょうか?今や売上チャネルの1つとして重要な役割になり、当たり前になったECサイトですが、ここではECサイト構築、運営について徹底解説いたします。

今日にいたるまでインターネットの成長と共に、EC業界も大きく変化してきました。
一昔前まではインターネットを使うこと自体めずらしいことでしたが、今では自宅や出先から「24時間365日」で買い物が出来るようになり、わざわざ出歩くことなくオンラインショッピングが楽しめます。また、事業者側にとっては実店舗を構える必要がなく、店舗費用や人件費を抑えながら、世界中のユーザーを相手に自社商品のPR・販売できるため、参入する事業者は増加しています。そしてオンラインショッピングを可能にするのが『ECサイト』です。
今回はサイトの構築方法や運用方法、売上アップの方法などについて徹底解説します。

2018/02/06

集客施策は○○、購入率アップは○○、成功事例をご紹介!ecbeingセミナーレポート

2017年EC業界は多くの動きがありました。宅配の問題から、AI、MA、ライブ・動画コマース、LINEショッピング、ZOZOSUIT、ツケ払い、全面SSL化・・・etc。
改めて見ると様々なことがありましたね。そんな出来事があった中、ECサイトも様々な施策を打ってきたわけですが、1,000サイト導入のecbeingが2018年初のセミナーを行いました!

その名も、
「最新売上アップ成功事例で見えてきた 2018年はコレがくる!」
〜集客施策は○○、購入率アップは○○、成功事例をご紹介!〜

今回は多くのECサイト構築を手がけ、今ではその後の売上アップのマーケティング支援を行っている、ecbeing企画制作本部 部長の藤井が登壇し、集客〜購入率アップなどの成功事例をご紹介しました。

2018/01/31

ECサイトでも百貨店と同じサービスを提供 『吉日屋オンラインストア』

ギフト商材をECサイトで販売する場合、実店舗のように対面して接客ができないためユーザーひとりひとりの要望に応えることは簡単ではありません。
そこで今回は、株式会社京急百貨店が運営する『吉日屋オンラインストア』のECサイト事例を参考に、どのような工夫を行えば実店舗と同等のサービスが提供できるのか見ていきましょう。

2018/01/30

オムニチャネルを推進し、多角的にユーザー満足度を高める『KOTOBUKIYA ONLINE SHOP』

売上アップを図るにはユーザーのさまざまな要望を満たしていく必要がありますが、実店舗だけ、ECサイトだけの単独運営では限界があります。ECサイトと実店舗を連携させオムニチャネル施策を行えば、さまざまな角度からより多くの要望に応えることが可能です。

今回はECサイトで大きな売上をあげている『KOTOBUKIYA ONLINE SHOP』の事例を参考に、ユーザー満足度を高める多角的な施策について見ていきましょう。

2018/01/30

ECサイト×店舗×SNS「好日山荘」のオムニチャネル施策

ECサイトの単独運営であれば、自然検索からの流入にも限界があり、広告などを行い多くの集客を常に集めなければいけません。ですが実店舗を持つ企業であればECサイトと連携させることで、様々な集客チャネルをつくり、結果的に企業全体の売上を上げることが可能です。実店舗を全国的に展開しているのであればより親和性も高くなり、より利便性を感じれる仕組みをつくることができます。拡散による集客効果も見込めるSNSの活用もポイントです。

今回はECサイト×店舗×SNSの連携によって、より効果的な運営を行っているECサイト『好日山荘』をご紹介します。

2018/01/29

SEOを意識したECサイトのコンテンツマーケティングとは!?

ECサイトへの流入を増やすには、検索結果での上位表示が欠かせません。しかし、最近では従来のようなリンクを集めることを重視した施策では、上位を狙うのは困難です。では、どのようなSEO対策を行うのが良いのでしょうか?

今回は、SEOを意識したECサイトのコンテンツマーケティングについてご紹介します。

2018/01/25

ECサイトでシューズ販売『RANDA』のオムニチャネル

ECサイトへの流入を増やしたい場合、サイト機能を充実させるだけではうまく効果が得られないことがあります。そういった時に有効なのが、他のチャネルを強化させECサイトと連携させることです。ユーザーが循環するような仕組みは、売上向上にも繋がりユーザーとの関係性を深めることにも役立ちます。
今回は、株式会社ジェイ・ビーが展開するシューズブランド『RANDA』のECサイトの事例を参考に、ネットでは売りにくい商材の展開方法について見ていきます。

2018/01/25

多様なライフスタイルにフィット!JR東日本の大規模オムニチャネル事例

ECサイトは自宅に居ながら商品を購入できる便利なものですが、配達日時指定ができない、配達時間内に在宅できず再配達といった問題も引き起こしています。手元に届くまでに時間がかかることはユーザーにとってストレスであり、企業への不信感にも繋がりかねません。そういった問題を大規模なオムニチャネルで解決したのが、JR東日本旅客鉄道株式会社のECサイト「ネットでエキナカ」です。
今回は、現代のライフスタイルに特化した「ネットでエキナカ」の受取サービスとポイント制度についてについてご紹介します。

2018/01/25

ブランドイメージ向上で売上アップ!井村屋の多角的なメディア戦略とは?

ECサイトは売上だけではなく、“企業や商品のブランディング”という役割も担っています。しかし、ECサイトだけではユーザーとのコミュニケーションがとりづらく、ブランドイメージのアピールに限界があります。またメーカーECサイトの場合、値下げができないため売上アップを図るのも簡単ではありません。

今回は、これらの問題を自社のECサイトとSNSを有効活用することで解決した『井村屋ウェブショップ』の事例をご紹介します。

2018/01/24

メーカーならではの強みを活かしたサービス「VAIO直営オンラインストア」

ECサイトでの購入比率が年々上がっている今、BtoC、BtoBともにECサイト数が飛躍的に伸びており、改めてメーカー直販のECサイトの存在意義が問われています。商流の問題もあり価格で勝負できないメーカー直販のECサイトは、どのように優位性を築けばいいのでしょうか?

今回は、ユーザーの満足度を高めるサービスを提供することで他店との差別化を図っている『VAIO直営オンラインストア』の事例をご紹介します。

2018/01/23

ユーザーの利便性を高め、ECサイトの売上アップへつなげる「ソーシャルログイン」とは?

ECサイトやオフィシャルサイトの会員ページにログインする際、ID、パスワードの入力を「煩わしい」と感じるユーザーも少なくありません。購買意欲の高いユーザーでも、それが原因で離脱することもあります。
このようなログイン時の煩わしさを回避できるのが「ソーシャルログイン機能」です。
今回は、この機能を提供するサービス『ソーシャルPLUS』についてご紹介します。

2018/01/23

CTR10%を超える事例も多数!ダイナミック広告運用サービス『Feedmatic』

スマートフォンやタブレットなどが普及している昨今、広告はモバイルユーザーへのアプローチが重要です。そこで有効なのが、CriteoやGoogle、Facebookといった媒体で配信することができる「ダイナミック広告」で、CTRやCVRアップが期待できるため注目されています。しかし、導入方法が分からなかったり、導入しても活用しきれていなかったりする企業は少なくありません。
そこで今回は、さまざまな業種において導入実績を上げているダイナミック広告運用サービス『Feedmatic』をご紹介します。

2018/01/22

オッシュマンズ・ジャパンが「パッケージ版」より「SaaS版」を選んだ理由とは?

1932年にアメリカ・テキサス州ヒューストンで創業したOSHMAN'S。「雑貨店」としてスタートし、変化する時代のニーズに応える形で「スポーツショップ」へと生まれ変わった歴史をもつ。創業から約50年後の1984年にはOSHMAN'Sと株式会社イトーヨーカドーの業務提携により、「アメリカ生まれのスポーツショップ」をコンセプトにしたオッシュマンズ・ジャパンが誕生した。

第1号店の原宿店はアメリカの空気に、そして最先端トレンドに触れられる場所として多くの若者からの支持を集めてきた。エアロビクス、アウトドア、ランニング、ヨガ……さまざまなアクティビティの流行を発信する“文化の発信源”の役割を担い続けてきた存在と言えるだろう。

同社は2009年からECサイトをスタートしているが、リアル店舗とEC事業の関連性に何か変化が生まれているのだろうか?

オッシュマンズ・ジャパン営業本部販売促進・WEB管理担当 堀拓美さんに話を聞いた。

2018/01/22

コンテンツ×ECサイト『TOHO animation STORE』

アニメや漫画などのコンテンツビジネスも、着実にEC化して売上げを拡大しています。映画や本などの知的コンテンツは、閲覧する権利を購入したのちユーザーが初めて触れることができるので、リピートするという概念はあまり存在しませんでした。
しかし、コアなファンが多くいるのがコンテンツ産業の特徴です。このファン心理にダイレクトに響くサービスや集客を展開することが成功の鍵となります。

今回は、記憶に新しい「君の名は。」で大ヒットを記録した「株式会社東宝ステラ」のECサイト「TOHO animation STORE」をご紹介します。

2018/01/19

ECサイトのオムニチャネル成功事例から3つご紹介!

近年のマーケティング・販売・EC戦略において注目度の高い施策のひとつが「オムニチャネル」です。マーケティングの本場であるアメリカにおいて確立され、最近では国内のECサイトを行っているEC事業者はオムニチャネル化を推進している企業が増えています。しかし、「オムニチャネル」という用語のみが先行し、思ったような効果を上げられていないケースが見受けられます。
今回はECサイトにおけるオムニチャネルの成功事例として、3つの企業をご紹介します!

2018/01/19

検索機能が充実!タカラトミーECサイト『タカラトミーモール』

一般的にメーカー直販のECサイトは、好きなときに販売価格を値引いたりすることができません。これは、メーカーが製造した商品を販売する流通ルートがあり、最終的にユーザーに商品を販売する小売店との関係があるからです。このように価格で勝負できない場合は、どのように他サイトとの差別化を図ればよいのでしょうか?

今回は、さまざまな工夫とこだわりでユーザビリティを追求したECサイト作りを行っている株式会社タカラトミーのECサイトをご紹介します。

2018/01/18

メーカーEC担当者の永遠のテーマ。ECサイトで直販するということ

ECサイトで商品を買う時に、皆様はどのECサイトで商品を探しますか?amazonや楽天で探せば、安い商品もきっとありますし、手元に届くのも早い。とても便利なサービスをamazonや楽天はEC展開していますよね。ですが近年はメーカーが直接お客様にECサイトで販売をするというケースが増えてきております。ですがメーカーECで売上を上げていくのは簡単なことではありません。社内には卸先の流通の問題だったり、その小売店が出店しているamazonや楽天などのモール、定価で勝負しなければいけない。など売上を上げるための課題が山積みです。

ecbeingは大手メーカー様のECサイト構築を多数行なっております。2017年にメーカーEC担当者様を集め“メーカーEC”における課題共有・勉強会を行いました。今回はその課題やお悩みをここでご紹介します!

2018/01/17

大手1,000サイト構築のECサイト売上アップ支援サービス

ECサイトの売上アップはECサイトにおいて一番の目的ですよね。近年はECサイトも売れれば良いというわけではなく、ブランディング向上や商品紹介など、自社のオウンドメディアの一つとする企業も多いですが、売上アップすることに越したことはないですよね。ecbeingではECサイトの構築をメインに行なっておりますが、ECサイト構築後の売上アップを支援するサービスを100名体制で行なっております。今回はecbeingの売上アップ支援サービスのご紹介をさせていただきます。

2018/01/15

ECサイトで『動画自動再生機能』を導入し、購入意欲を168%※向上させよう

商品訴求をしたいとき、断片的な静止画を複数枚並べるより、1本の動画を掲載する方がさまざまな情報を容易に伝えられるため、購入後の商品返品率の低下や、満足度の向上を見込めます。

今回は、ECサイトで動画を使用するメリットや最新の動画再生方法についてご紹介します。
※米国動画配信プラットフォーム提供企業invodo社リサーチ結果(2015年)より

2018/01/10

クリエイティブデザインの海外ECサイトご紹介

ECサイトが売上チャネルにおいても重要になってきた近年ですが、企業のブランディングにおいても重要なチャネルとなっております。ECサイトのデザインも様々なデザインがありますが、今回は海外のECサイトのデザインをご紹介します。

ECサイト先進国の欧米では常にデザインの改善が行われており、日本にはないデザインのサイトが多く見られます。今回は、デザイン性やユーザビリティに優れた海外ECサイトをご紹介します。

2018/01/09

人気ECサイトはここが違う!こだわりのデザイン事例

コンスタントに売上を伸ばしているECサイトのデザインやコンテンツは、どれもデザインセンスが優れています。サイトデザインが優れていると、商品の良さを訴求できて、お客様自身も閲覧を楽しみながら買い物することができます。

では、お客様を引き込むECサイトにするには、デザインをどのように工夫するのがいいのでしょうか。今回はecbeingにて構築したファッションや飲食、BtoB系サイトを参考に、人気ECサイトになるためのヒントとなるデザイン事例をご紹介します。

2017/12/26

ECサイトの配送問題を解消する受取サービスとは?

ECサイト市場が拡大していく一方で、配送時の問題点として取り上げられるのが再配達の増加です。配送業者の配送可能な時間帯、受け取れない時間帯でのお届けにより再配達が増え、配達員の労働量の増加やユーザーの不満など、さまざまな問題を引き起こしています。
この問題を解消するには、新たな配送サービスを導入することで解消につながります。日本郵便の「コンビニ・郵便局窓口受取サービス」なら、事前に荷物の受取場所と日時を指定できるため、好きなときに荷物を受け取ることができます。

今回は日本郵便の「コンビニ・郵便局窓口受取サービス」を問題となっている配送の現状を交えながらご紹介します。

2017/12/26

2017年ecbeingの人気セミナーをご紹介!

ecbeingではECサイトの運営において実践できる無料のプライベートセミナーを毎月開催しております。
2017年は会場を拡大し、内容をさらに充実させ、合計23回のセミナーを行ってきました!
ECサイト構築から売上アップのマーケティング、セキュリティ対策まで様々な切り口のセミナーを行い、当社の営業〜開発〜マーケティング支援部隊から役職者を中心に毎回お客様の声や業界トレンドを意識したテーマを、考えに考えて講演をしております。
その為当社のセミナーは無料でとても良い情報収集が出来るということで、年間で700社、合計1,000名以上のEC担当者様・マーケティング担当者様・情報システム担当者様にご来場者をいただいております。
今回は2017年ecbeingのプライベートセミナーで大変ご講評をいただいたセミナーを一部ご紹介いたします。

2017/12/25

割賦販売法改定におけるEC事業者の対策とは!?

2016年12月、増加を続けるクレジットカードの情報漏洩や不正使用を受けて、特定商取引法とともにクレジットカード取引に関する割賦販売法の改正が公布されました。この改正によってクレジットカードを採用しているEC事業者は2018年3月までに具体的な対策をしなければ、クレジットカードが利用できなくなってしまう可能性があります。

今回はEC事業者が割賦販売法の改正に伴い必要な処置や重要なポイントについて説明します。EC事業者は無視できない内容になっております!ぜひご覧ください。

2017/12/22

2017年国内EC業界のまとめ・未来のEC業界の動向

2017年12月には日経平均株価も大きく上昇しました。人々の消費行動も促進され、EC業界においても着実に成長した1年です。幅広い世代へのスマートフォンの普及からも、今後の成長が期待されるEC業界。今回は、そのEC業界2017年の振り返りと、今後の展望を見ていきましょう。

2017/12/21

越境EC市場と決済サービスまとめ(中国本土編)

2016年の日本におけるBtoC-ECの市場規模は約15兆円で、対前年比9.9%増です。これから数年間は増加傾向にあると推測しますが、ゆくゆくは少子高齢化によって日本の市場規模は伸び率が落ち、縮小していくことが予測されるといわれております。

一方海外に目を向けると、特に中国のEC市場の勢いはすさまじく、対前年比40%という圧倒的な成長率を誇っており、各EC事業者たちは海外向けEC(=越境EC)を意識せざるを得ない情勢です。

2017/12/21

卸先とのオムニチャネルで相乗効果!「ミシュランストア」

メーカーが直接販売をするBtoCのECサイトでは、卸先や専門店など商流の問題もあり、金額を値下げするということが難しいことが多いです。とはいえメーカーのEC担当者様としては、当然売上を上げなければいけません。ですが卸先や専門店との関係を保ちながらECサイトの売上アップ・メーカーとしてのサービスを提供する方法はないのでしょうか?

そこで今回は、メーカーという立ち位置でありながら、取引先の店舗を交えたオムニチャネル施策で成功しているECサイト「ミシュランストア」をご紹介します。

2017/12/19

名刺管理から営業支援まで!オールインワン提供ツール『HotProfile』

近年、OCR(光学的文字認識)の精度向上によって、名刺をデータ化して営業活動に役立てようとする動きが活発になり、多くの名刺管理ソフトや各種サービスがリリースされています。しかし、操作が複雑なため導入を敬遠していたり、名刺データを収集したはいいが営業活動に活かせていなかったりなど、有効活用できていない企業も少なくありません。

今回ご紹介する『HotProfile』も名刺管理ツールの一つですが、これまでの名刺管理ツールとは一線を画す機能の数々を搭載し、使い勝手の良い統合型SFA(営業支援ツール)に仕上がっています。

2017/12/18

ASP・オープンソース事業者様必見!ECリニューアルセミナーレポート

ECサイト運営において、ASPカートでECサイトを構築しているEC事業者様は多いと思います。ASPカートでは安価にECサイトが構築できますし、フロントの標準機能も充実しています。ですが売上が上がってきたりお客様へのサービスを充実したいとなると、ASPカートではカスタマイズ(拡張性)が乏しく独自のECサイト構築難しいということで、拡張性の高いECパッケージにリニューアルをしたい!というご相談を今年も多くいただいております。ecbeingではそのようなお声にお応えすべく、ASPやオープンソースからECパッケージにリニューアルをした事例をもとに、ecbeingではセミナーを開催いたしました!セミナーレポートをお送りいたします。

2017/12/15

ECサイト構築で株式会社リガクが実現させた“3つ”の成功とは?

1951年創業のリガクは、世界初の回転対陰極型X線発生装置(ロータフレックス)や国内初の自動記録式X線回折装置(ガイガーフレックス)を開発した“X線装置のパイオニア”だ。同社が販売するX線装置は業界をリードし、今日ではグローバルトップ企業の一角を占めている。

経営はいたって好調の同社だが、じつはある「課題」を抱えていた。それは海外販売代理店への部品供給に関することである。全社を挙げたグローバル化の推進により海外売上が大きく伸びるなか、海外アフターマーケット向け部品に関する受注業務の負担が増えていく。そのため部品供給に時間がかかり、海外顧客の窓口である代理店からの苦情が増えていた。売上が増加すればするほど、代理店に対する顧客満足度の向上もさることながら、社内業務の負担を軽減する業務効率の改善もできず、海外向け部品供給フローを早急に改善する必要があった。

その課題を解決するために2016年10月にECサイトをオープンしたところ、代理店への「顧客満足度向上」と、社内の「業務効率化」を実現し、さらに「売上アップ」にも繋がったという。多大なメリットを生み出した海外向けEC化戦略の秘訣に迫る。

2017/12/14

企業ユーザーがリピートする『AMANOオンラインショップ』

一般的なECサイトというと、ユーザーが消費者であるBtoC-EC(消費者向け電子商取引)を身近に感じる方が多いかもしれません。しかし、ユーザーが企業であるBtoB-EC(企業間電子商取引)の国内市場規模(狭義EC)は、2016年で200兆円を超えており、これはBtoC-ECの市場規模の約13倍です。

今回は、BtoB-ECサイトでのさまざまなサービスがユーザーに好評を博し、着実に実績を伸ばしている『AMANOオンラインショップ』のサイト構築事例をご紹介します。

2017/12/14

実店舗と同等なサービスを提供!「4℃ BRIDAL」

人生において特別な意味を持つブライダルリング。とても大切なものだからこそ、ECサイトでのユーザーの購買意欲を上げるためには、実店舗さながらのサービスを提供する必要があります。

ジュエリーブランド「4℃」を展開するエフ・ディ・シィ・プロダクツは、ECサイトを活用することで実績を伸ばしています。今回は、「4℃ BRIDAL」のECサイトでのサービス提供についてご紹介します。

2017/12/14

『カゴ落ち』を救え!コンバージョン率を高める施策とは?

ECサイト運営者の頭を悩ませている問題の一つが、ユーザーが商品をカートに入れたままサイトから離脱してしまう『カゴ落ち』です。一般的なECサイトのカゴ落ち率は実に70%にのぼります。カゴ落ちの大きな原因は、単純な買い忘れや購入への迷いです。ユーザーは一度は購入を検討しており購入意欲が高い状態にあるため、サイトに呼び戻すことができれば、コンバージョン率アップに繋がります。
そこで今回は、ECサイトのカゴ落ち対策ツール『カートリカバリー』をご紹介します。

2017/12/12

テキストから画像中心へ!海外のECサイトデザインの変化

かつて海外のECサイトデザインは、テキストの割合が大きく、3カラムデザインが主流でしたが、昨今はテキストが少なく画像メインのデザインが主流となりました。テキストが簡略化されても、情報量の物足りなさを感じさせないデザインですが、どのような理由があるのでしょうか?

今回は海外のECサイトを参照しながら、デザインがどのように変わってきたかを見ていきましょう。

2017/12/08

『新潟味のれん本舗』が行うワンランク上のギフト対応とは?

『新潟味のれん本舗』は、おせんべいやおかきの製造、販売を行っている会社です。ECサイトを中心に電話やFAXでも販売を行っております。本社内のショールームでも商品を購入することができ、つくりたての米菓を購入することができます。

商材的にもギフト需要が多いのが特徴ですが、様々なカスタマイズで実店舗さながらのギフト機能を充実させており、ギフトに特化したECサイトとなっているところにも、実績向上のポイントがあります。

2017/12/07

ECサイトの売上アップに繋がる!「アイジェント・レコメンダー」とは

ECサイトにおけるレコメンドとは、ユーザーが自身の嗜好に合った商品を受け取れるため、探しに行かずとも自分に合った商品を目にすることができる機能です。
ユーザーへの商品提案や購入率を高めるために役立つ機能ですが、常に新しい情報から判断し商品提案をしなければ期待できる効果も小さくなります。

そこで今回は、シルバーエッグ・テクノロジー株式会社が提供する最先端テクノロジーを駆使した『アイジェント・レコメンダー』をご紹介します。

2017/12/06

「的確なレコメンド」だから顧客に響く!『NaviPlusレコメンド』

ECサイトの売上アップを図る方法として「レコメンド機能」の導入があります。「レコメンド機能」とはECサイトを訪れたユーザーの行動履歴などに基づき、ユーザーが興味のありそうな商品をおすすめする機能です。この機能を導入することで、ユーザーの購買意欲が増大し、商品を追加で購入してもらえるなど、売上アップにつながるアプローチができます。

しかしレコメンドが的確でなければ、ユーザーに対して意味の無いアプローチとなるため、いつまでたっても売上アップにつながりません。

そこで今回は、様々な情報を活用し的確なレコメンドを行えるツール『NaviPlusレコメンド』をご紹介します。

2017/12/06

鉄板シナリオを簡単に導入!『NaviPlusリタゲメール』

ECサイトでは、商品をカゴに入れたままサイトを離脱してしまういわゆる「カゴ落ち」が発生します。もちろん離脱されないのが一番良いのですが、国内ECサイトユーザーの約70%がカゴ落ちしていると言われる中、離脱された場合にユーザーを引き戻す施策も重要ではないでしょうか。

今回は、ECサイトでタイムリーな接客を支援するメールマーケティングツール『NaviPlusリタゲメール』をご紹介します。

2017/12/02

BtoBサイト構築を成功に導くポイントをご紹介!

近年ecbeingでも企業間取引のECサイト(BtoB)を構築し、営業面の業務効率化や売上アップに活用していきたいというお声を多数いただいております。今回はECサイトの企業間取引(BtoB)のはじめの一歩として、BtoBサイト構築時の注意点、得意先に使っていただける成功するポイントをご紹介します。

2017/12/01

レビュー&クチコミで訴求力を強化!購入意欲を高めよう『NaviPlusレビュー』

購入者のレビューやクチコミは、商品やサービスの訴求力を強化し、ユーザーの購買意欲を向上させる効果が期待できるため、売上アップに直結する重要な要素となっています。
しかし実際は、レビューやクチコミに対応していても、それを有効活用できていないECサイトは少なくありません。

そこで今回は、レビューやクチコミ情報をECサイトの売上アップや集客に役立てることができる『NaviPlusレビュー』をご紹介します。

2017/12/01

越境ECサイトにラクラク対応!越境EC支援サービス『BuySmartJapan』

日本の人口減少により国内の消費は低下していくと予想されていることから、越境ECサイトへの需要が高まっています。しかし、既に展開している自社ECサイトを越境ECサイトに対応させるには、物流や決済方法などを国ごとに対応させないといけないため、多くの改修がはいります。
そこで今回は、これらの問題を解決するツールとして、ナビプラス株式会社が提供する『BuySmartJapan』をご紹介します。

2017/11/30

実店舗のようにお客様に合わせたおもてなし!Web接客ツール『KARTE』

実店舗とECサイトで買い物をするときの大きな違いは、店舗スタッフの有無です。ECサイトを訪れる顧客は、スタッフがいないことで自由に商品の閲覧ができますが、一方でECサイト は、顧客の購買意欲を高められず、売上につなげられないケースがあります。

今回は、ECサイトでも一人ひとりの顧客に合った接客を実現するツール『KARTE』をご紹介します。

2017/11/29

ECサイトの基本的な集客手法とポイントをご紹介

売れるECサイト運営の条件のひとつに集客ができていることが挙げられます。どんなにECサイトが魅力的で誰もが欲しい商品を販売しても、お客様が訪れなければ売上を伸ばすことはできません。

そこで今回は集客できるECサイト運営のノウハウを集客施策の種類や考慮すべき点などの具体例を挙げながらご説明します。ひとつの集客方法に縛られるのではなく、様々な集客施策の中から自社のECサイトにあった方法を選んで運営していきましょう。

2017/11/29

サイト内検索を最適化!『NaviPlusサーチ』でコンバージョン率をアップ

さまざまなECサイトがあふれている今、多くの企業が決して少なくないコストを費やし、工夫を重ねて自社サイトへの集客に力を入れています。
しかし、せっかく自社サイトまで誘導したユーザーも、サイト内で欲しい情報や商品を見つけることができないと他サイトへ離脱しかねません。この課題を解決するには、誘導後のサイト内検索を充実させ、ユーザーの離脱を防ぐことが必要となります。

そこで今回は、サイト内検索の最適化を行い機能性に優れるツール『NaviPlusサーチ』をご紹介します。

2017/11/28

ECサイト内検索エンジン『probo EC』でコンバージョン率アップ!

ECサイトの運営で特に重視されるのが『集客』ですが、『集客』と同等に重要なのが、サイトに訪れたユーザーを商品ページへ誘導し購買につなげることです。
せっかくサイトにアクセスしてくれたユーザーも、スムーズに欲しい商品ページにたどり着けないと、離脱してしまいます。
『ECサイト内検索』の機能向上は、集客だけでなく自社のECサイトにアクセスしたユーザーを離脱さないために、非常に重要なポイントです。
今回は、ユーザーの離脱を防ぎ、コンバージョン率を向上させるサービス『probo EC』についてご紹介します。

2017/11/28

ECサイトのコンバージョン率を高める様々な工夫とは?

ECサイトのコンバージョン率をあげたい !というのはどのECサイトの担当者でも目指していくところだと思います。コンバージョン率の改善としては、ユーザー目線でのサイトデザインやサイト内周回を促す導線も考えられますし、もうひとつかご落ちしたユーザーに対するアプローチも大きな効果を上げられることが分かっています。

今回はECサイトのコンバージョンを上げるための事例などをご紹介します。

2017/11/27

実録!立ち上げから1年で月商1000万円を達成したECサイトのご紹介

ecbeingをご導入いただき新規ECサイトを構築されて、立ちあげから1年で月商1,000万円を達成したECサイト事例をご紹介いたします。
株式会社ベストオーダー様が運営する「カーテンバリュー」の売上増加のカギは接客にあり!安売ではなく価値を上げるための接客とは?に迫ります。

2017/11/24

さらなる売上増加を目指す!ECサイトリニューアルセミナーレポート

ECサイトのさらなる売上増加を目指し、フロントやバックオフィス(管理画面)にカスタマイズを加え、お客様にも運用事業者側にもメリットのあるECサイトを目指していきたい!というお声を2017年も多数いただいております。
ただカスタマイズが可能なECのシステムも多々あり、先々を見据えた拡張性と改修環境を備えたECシステム選定をしないとリニューアルを失敗してしまうケースが多くございます。
本日はリニューアルの際のポイントや、リニューアル後に売上アップした事例をもとにセミナーを行いました。

2017/11/22

アパレル市場に未来はあるのか? 生き残りの秘訣とは

アパレル市場全体の伸びが縮小傾向にあるのをご存知でしょうか? しかしアパレルのEC化率のシェアは拡大傾向にあります。大手メーカーの参入も群雄割拠の様相を呈しており、顧客獲得に苦戦する企業も続出しています。

今回はアパレル市場の過去、現在、未来を見ながら生き残りの秘訣を探してみます。

2017/11/21

ECサイトのスマホアプリ化について

ECサイトにとってスマホアプリの重要性は高まっています。なぜならスマホ利用者は増える一方であり、ECへのアクセスが簡単でスマホにとって操作性が良いことが顧客のショッピングへの意欲を掻き立てる優先的な条件になっているからです。
大手ECサイトもスマホアプリを導入するところが増加しており、スマホアプリが売上アップの鍵を握るような時代になりつつあります。
今回は情報発信力が高いECサイトのスマホアプリについて導入のメリットをご説明します。

2017/11/20

海外のECサイトにおける動画活用の最新トレンドとは?

海外では写真やテキストだけで商品紹介をするのではなく動画を取り入れて消費者への新たなマーケティングを広げているECサイトが増加しています。写真や文章などに比べて圧倒的に多くの情報量を詰め込める動画のマーケティング手法はECサイトでの評価を上げ、売上にも繋げられる可能性が秘められているのです。

今回はそんな広がりつつあるECサイトでの動画マーケティングについてどのような種類がありどのように活用できるのかを最新トレンドとともに見ていきます。

2017/11/17

Instagramを活用し、ECサイトで売上アップ!【visumo】のご紹介

現在、ECサイトのマーケティング戦略において注目されているもののひとつが、『SNSとの連携』です。
ユーザーは購買を決定するときに、クチコミや商品レビューといった、他の一般ユーザーの声を重要視する傾向があるため、ユーザーがSNSに投稿した商品情報を「いかに自社ECサイトに活用するか?」という方法論が求められています。ここではInstagramに注目し、より効果が期待できるECサイトでのInstagram活用方法をご紹介します。

2017/11/13

大手ECサイトが導入している検索機能とは?

さまざまなマーケティング施策や広告を駆使してユーザーをサイトまで誘導したとしても、欲しい商品まで辿りつけなければユーザーが離脱してしまう可能性が非常に高くなります。集客でコストをかけていたとしたら大きな損失となってしまうでしょう。
このような損失を防ぐために、商品を探しやすく、見つけやすくするための商品の検索機能は必要不可欠です。

今回は大手ECサイトの事例をもとに、ユーザーに効果的な検索機能をご紹介します。

2017/11/10

クラウドECシステム(SaaS)でECサイト構築

近年、クラウドECシステムを導入する企業が増加しています。なぜ、多くの企業がクラウドECシステムの導入を開始しているのでしょうか。

ここではクラウドECシステムとは何なのか、導入のメリットはどこにあるのか、その魅力についてご紹介していきます。

2017/11/09

メーカーズシャツ鎌倉が推進するユーザー重視のオムニチャネル化

メーカーズシャツ鎌倉株式会社は、高品質で低価格のシャツを提供している会社です。2012年にニューヨーク一号店をオープンさせてからは、世界的なメンズファッション誌である「GQ」アメリカ版においても度々取り上げられるなど、さまざまなメディアで紹介されてきました。

今回は、メーカーズシャツ鎌倉株式会社がECサイト構築の際に注力した点についてご紹介します。

2017/11/08

eコマース&セキュリティ展 イベントレポートC【番外編】

2017年10月27日(金)にecbeingとソフトクリエイトの合同カンファレンス「eコマース&セキュリティ展」を開催いたしました。当カンファレンスでは、eコマースや情報セキュリティでご活躍の方々にご講演を賜り、3会場にて全13の講演を行いました。合計850名以上のお客様にご来場をいただき大盛況となりました。今回は【番外編】として最新ソリューションブースや懇親会のレポートをお送りいたします。

2017/11/07

注文を完了させないECサイト。自社の強みである「企画力」「提案力」を最大限に生かすための設計、戦略とは?

1955年に福井県で活版印刷からスタートした小川印刷。創業から62年が経過した現在は、DM、ハガキ、ノベルティ、チラシ、フライヤー、ポスターから商品券まで、幅広い分野を扱う「年商25億円以上、社員約150名」の企業へと成長した。

2015年には自社初となるECサイト、DM作成に特化した「DMクリエイト.jp」をつくり、翌年には販売促進ツールを作成するための「販促クリエイト.jp」もオープン。

これら2つのECサイトに共通している大きな特徴は、「注文完了にこだわらない」という点だ。なぜ、簡単に注文できることがメリットのECサイトで、そのような戦略を選んだのか? 専務取締役 小川克巳さんに設計の真相を聞く。

2017/11/06

Googleが本気を出したサイト改善ツール「Googleオプティマイズ」

「ECサイトの運用がうまくいってない…」
「大規模なサイト改修が必要なのかな?」
などECサイトの運用で悩んでいませんか?まずはA/Bテストを試してみるのはいかがでしょうか?有料のA/Bテストツールもありますが、Googleが提供するGoogleオプティマイズは、無料で使えるA/Bテストツールなので非常にお勧めです。

では、Googleオプティマイズとはどのようなものなのでしょうか?これまで数々のECサイトの構築、改善を手掛けてきたecbeingの視点から、Googleオプティマイズを利用するメリットについて解説していきます。

2017/11/02

eコマース&セキュリティ展 イベントレポートB 【セキュリティトラック】

2017年10月27日(金)にecbeingとソフトクリエイトの合同カンファレンス「eコマース&セキュリティ展」を開催いたしました。当カンファレンスでは、eコマースや情報セキュリティでご活躍の方々にご講演を賜り、3会場にて全13の講演を行いました。約850名以上のお客様にご来場をいただきました。
今回は情報システム部門の方々に多数ご来場をいただいた【セキュリティトラック】のセッションレポートをいたします!

2017/11/02

eコマース&セキュリティ展 イベントレポートA 【eコマーストラック】

2017年10月27日(金)にecbeingとソフトクリエイトの合同カンファレンス「eコマース&セキュリティ展」を開催いたしました。当カンファレンスでは、eコマースや情報セキュリティでご活躍の方々にご講演を賜り、3会場にて全13の講演を行いました。約850名以上のお客様にご来場をいただきました、その中でも各会場のイベントレポートをお送りいたします。
今回はEC事業者様に多数ご来場をいただいた【eコマーストラック】のセッションレポートをいたします!

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00