TOP
  • ECニュース|ECサイト構築No.1 ecbeing

ECニュース


ECサイトで成果を出すための最新情報や業界動向をはじめ、
売上アップにつながるマーケティング情報を随時配信しております!

新着記事一覧


【2019年】ECパッケージ『ecbeing』で構築したECサイトをご紹介

EC業界においては、クラウドや新しいカートシステムなど、新しい仕様や機能が次々と登場するため、サイトの構成や構築方法なども時代によって変わります。

今回は、常に新しい技術やトレンドを取り入れているecbeingで構築した大規模ECサイトをご紹介します。


沿線地域の魅力を発掘し、地域活性化につなげるECサイト「いいもの探訪」

JR東海は2015年12月に同社初のECサイト「いいもの探訪」を立ち上げた。沿線エリアの美味しい食品や伝統の技を受け継ぐ工芸品など、その土地ならではの「いいもの」を紹介するサイトだ。

今回は、JR東海にとって“初めての試み”となるEC立ち上げプロジェクトに携わった、東海旅客鉄道株式会社 事業推進本部 課長代理(新規事業) 地域活性化プロジェクト シニアプロデューサー 宍戸聡朗さんと、同社 事業推進本部 主席(新規事業)地域活性化プロジェクト アシスタントプロデューサー 上野美奈さんに、EC立ち上げの背景と今後の展望について聞く。


WordPressでECサイトを作るのはアリ?

webサイトを制作する際、代表的なCMSとして世界中で利用されているのが「WordPress」です。無料で利用できるだけでなく、自由度や拡張性が高いといったメリットがあるため、有料のASPカートやオープンソースのEC-CUBEなどを使わずに、WordPressでECサイトを作れないかと考える人も少なくないでしょう。

そこで今回は、WordPressでECサイトを作る方法と、メリット・デメリットをご紹介します。


大手EC企業の5社のECアプリを徹底分析

スマートフォンを便利に使うためには、アプリケーションの存在が欠かせません。SNSアプリやゲームアプリ、ニュースアプリなど、さまざまなアプリケーションがありますが、EC業界にもアプリ化の波が押し寄せてきています。

今回は、国内のECアプリの中でも利用者数の多いECアプリを徹底分析し、アプリの特徴やサービスの概要などをご紹介します。


CRMとMAとは? EC担当者は違いを理解しよう!

WebマーケティングやECサイトの売上アップ施策において耳にする機会の多い『CRM』と『MA』ですが、その違いを明確に説明できる人はそう多くないのではないでしょうか。
市場には「CRMツール」や「MAツール」といった製品が乱立し、用語の解釈もベンダーによってまちまちであることも理解を難しくしている一因でしょう。

そこで今回は、マーケティング施策の要である『CRM』と『MA』について、その成り立ちや使用目的に立ち返って正しく理解し、それぞれを効果的に活用するためのポイントについて解説します。


コンセプトは「コンシェルジュ」。選ばれるメーカになるための選定ツール構築

制御機器や受配電機器などの開発・製造・販売を行う富士電機機器制御株式会社は、製品を安定的に素早くお客様に供給するだけではなく、システムや製品を利用される企業のニーズをしっかり捉え、先進的で最適なソリューションを提案している。

同社はサービスレベルをより向上させるため、ecbeingのBtoB版でサイト構築を行い、2019年4月22日にオープンを迎えた。今回は、富士電機機器制御株式会社 事業企画本部 プロモーション部 部長の大M一弘さんと、同本部 業務部 受配機器課の横山斗さんに、立ち上げの背景と今後の展望を聞く。


お客様の「無意識下と有意識下のコスト」の削減に徹底してこだわったEC構築

1716年(享保元年)創業の中川政七商店は、日本初の工芸をベースにしたSPA(製造小売)業態を確立。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、自社ブランドを全国50以上の直営店に展開するほか、業界特化型のコンサルティング事業を行うなど、工芸産業全体を活性化させる取り組みを行っている。

同社は2019年3月5日、ECサイトをリニューアルオープン。以前のECと比べて、アクセス数は150%にアップし、1セッションあたりのPVも大幅増加するなど、運営は好調だ。そこで今回は、株式会社中川政七商店 取締役 コミュニケーション本部本部長の緒方恵さんに、リニューアルを行った背景や開発で工夫した点などを聞く。


ECサイトのセキュリティ事故、さまざまな攻撃方法をご紹介!

ECサイトを運営するにあたって、セキュリティ対策は欠かせません。しかし、セキュリティ対策がきちんとなされていそうな大手企業のサイトであっても、不正アクセスやwebサイトの改ざん、個人情報の流出といった事故は後を絶ちません。
なぜ、ECサイトのセキュリティ事故は起こってしまうのでしょうか?

事前にリスクを回避するためにも、サイバー攻撃の方法や、実際に起こったセキュリティ事故について詳しく解説していきます。


広告出稿しないで売上アップ!? ECサイトのSEOからSNS活用事例までご紹介

ECサイトでの売上を上げるためには、サイトへの集客が欠かせません。サイトへの集客にはリスティング広告やアフェリエイト広告のような広告出稿が一般的ですが、運営の予算が限られている、費用対効果が期待できない、などの理由で広告出稿に消極的な場合も多いようです。

広告出稿などで多額の費用をかけずに売上をアップさせることは、決して不可能ではありません。今回は、無料でECサイトの売上アップにつながる施策や方法を解説します。


キャッシュレス・消費者還元事業とは!?

2019年10月よりスタートする『キャッシュレス・消費者還元事業』は、中小・小規模事業者のキャッシュレス決済導入を促進すると同時に、消費者にキャッシュレス決済の使用を促し、さらに需要拡大の効果も期待されています。

今回は『キャッシュレス・消費者還元事業』にスポットを当て、本事業がEC事業者にどのような影響を与え、どんなメリットをもたらすかご紹介します。


ECサイトに「決済代行」が必要な理由と導入必須の決済方法

ECサイトやネットショップにおける最終的な目的は、商品購入手続きを完了させることに他なりませんが、その重要な役割を担うのが決済機能です。
オンライン決済にまつわる機能をすべて自社でまかなうのは手間やコストがかかり、セキュリティリスクもあるため、決済代行会社が提供する決済サービスをうまく活用することが肝要です。

今回は、決済代行会社が行っている決済代行サービスの内容や、導入すべきおすすめの決済方法についてご紹介します。


ECサイト構築時に導入しておきたい! 4つの決済方法とは

ECサイトにおける決済方法はコンバージョンを左右する最後の障壁であり、ECの売上にも直結する重要な要素です。
どんなに多くのユーザーがECサイトにアクセスし、サイト内を長い時間巡回してカートに商品を追加したとしても、ユーザーが望む決済手段を選べずに購入を止めてしまったら意味がありません。

そこで今回は、これからECサイトを構築する事業者に向けて、導入しておきたい決済方法を4つ挙げ、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。


ECサイト構築の際に必要なセキュリティ対策は外部対策だけでない!

ECサイトを運営する上で避けて通れないのが、セキュリティリスクです。
「〇〇社のECサイトが不正アクセスを受け、数万件の個人情報が漏えい」といったニュースや報道をよく目にすることがあるでしょう。
ひと度ECサイトでセキュリティ事故を起こしてしまうと、莫大な賠償金の費用負担や、企業名が公表されて社会的信用が失墜するなど、事業者に与える被害は計り知れません。

そこで今回は、ECサイトのセキュリティリスクにはどんなものがあるか、そしてその対処法についてご紹介します。


予算別のECサイト構築方法を徹底解説!

ひとくちにECサイトと言っても、その構築方法にはさまざまな種類があり、費用も無料のものから数千万円以上のものまで千差万別です。
また企業がECサイトを構築する際には、多くの場合予算が決められており、その中で最適な方式を選定する必要があります。

今回は、これからECサイトを構築しようと考えている方や、既存のECサイトのリニューアルを検討している方に向けて、ECサイト構築の費用相場や予算別に構築できるECサイトの違い、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


ECサイト構築の悩みをどう解消する? それぞれのポイントとecbeingができることとは

現在のECサイトに対して、「ECサイトの売り上げが伸びない」「オムニチャネルや越境ECに対応したい」「セキュリティに問題がある」といったご不満はありませんか?

ecbeingでは、他社では実現しなかったECサイト構築やオムニチャネル対応など、あらゆる問題を解決します。そこで今回の記事では、ECサイトを構築するときの悩みをもとにecbeingができることを詳しく解説します。


ご家庭に吉野家の味を届けたい。3年越しに実現したECサイトリニューアル

1899年の創業以来、「うまい、やすい、はやい」というコンセプトの元で、味へのこだわりを守りながら進化を続けてきた株式会社吉野家。新たな商品を生み出すことにも注力し、外食No.1のサービスの実現を目指して努力を重ねている。
同社は、メルカートで2018年7月にECサイトをリニューアルオープン。今回は、外販事業本部 事業企画室・室長の諏訪さん、Eコマース部の木村さん、企画本部 広報・課長の寺澤さんに、リニューアルの背景や具体的な改善点、その後の変化などについて聞いた。


BtoBのECサイト市場規模はどのくらい? EDI取引からECサイトへ移行する時代に変化

これまでのBtoBの市場は、EDI取引がメインで行われていました。しかし現在では、ECサイトを利用することで自社ビジネスの成長を加速させることが可能と言われるようになってきています。そのため、EDI取引からECサイトへ移行する時代に変化しつつあるのです。

そこで今回は、BtoB-EC市場の規模や動向、有名なECサイトの成功事例についてご説明します。
これからEDI取引からECサイトへ移行を考えている方はぜひ参考にしてください。


オムニチャネルを実現するために行ったシモジマのECサイトリニューアルとは

大正9年創業の株式会社シモジマは「包装用品を通じ、快適な社会づくりに貢献する」という経営理念のもと、新たなラッピング文化の創造や商品価値の向上に努めてきた。リニューアル前のECサイトをオープンしたのは2013年。その後、大規模な「オムニチャネル化構想」を打ち立て、それを実現するために18年6月にecbeingでECサイトをリニューアルオープンしている。なぜパートナーにecbeingを選んだのか? 同社マーケティング部の尾尻新吾さん、小嶋一弘さん、志田泰子さんの3人に聞く。


モール連携ツール「TENPOSTAR」を活用してEC運営業務を効率化しよう

ECサイトを運営する場合、販売チャネル増やすためにAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天などモール展開することは少なくありません。
しかし、複数のモール展開をする際の1つの悩みとして運営業務が煩雑になりがちという問題があります。雑務が増えることにより、余計なコストがかかってしまうこともあるでしょう。

この問題の解決策としてモール連携ツールを活用する方法があります。業務を一元化できるツールを導入することで、効率的で無駄のないECサイト運営が可能になるのです。
今回はモール連携ツールで評価の高い「TEMPOSTAR(テンポスター)」について紹介します。


福岡(九州)のECサイト構築! システム会社の選定方法とは?

福岡は歴史的に化粧品メーカーや健康食品メーカーが多い傾向にあり、起業家精神が根付いていることもあって、数多くのEC事業者やネットショップが存在する地域でもあります。

今回は、そんな福岡で新たにECサイトを構築して販路を拡大したいという事業者や、既存のECサイトをリニューアルして売上をアップしたいという事業者に向けて、システム会社を選定する上で役立つ情報や、気をつけるべきポイントについて紹介します。


CtoC ECの市場規模はどのくらい? 今後の動向についても予測

経済産業省が毎年発表しているEC市場調査報告書は、EC市場の動向を把握し、今後の事業計画を立てるのに非常に役立ちます。

今回は、現時点での最新版である「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」の内容をもとに、CtoC ECの市場規模にスポットを当てて紹介し、CtoC EC市場の今後の展望について予測していきます。


事業者メーカーは販路拡大のチャンス? 次世代住宅ポイント制度とは

2019年10月より、消費税率が8%から10%に引き上げられます。消費税増税により、さまざまな産業や業界において需要の落ち込みが懸念されています。
これを受け政府は、需要変動軽減のための各施策を行う見込みです。

今回は、それらの施策のひとつである『次世代住宅ポイント制度』を取り上げ、EC事業者にとってどのような影響やビジネスチャンスがあるかご紹介します。


マルコメ株式会社がBtoCとBtoB、2つのECサイトをecbeingで構築した理由とは?

2006年に通販専用のフリーズドライお味噌汁「京懐石」を販売するためにECサイトを自社開発でオープンしているマルコメ。その後、ecbeingのパッケージを利用して、2015年と18年に2度のリニューアル、さらにBtoBサイトを18年に新規オープンしている。
なぜ、マルコメはパートナーにecbeingを選んだのか? マルコメ株式会社のマーケティング本部 マーケティング部 通販事業課 課長の大原直木さんに話を聞く。


チャットボットを活用してコールセンター業務を効率化

近年、チャットボットをコールセンター業務に活用する企業や自治体が増加傾向にあります。その背景は、チャットボットの基盤となるAIの進化により、問い合わせに対する回答精度が向上しているためです。
カスタマーサポートのサービス向上や、顧客対応の業務効率化などの観点からも、チャットボットの導入は今後ますます進んでいくものと予想されます。

そこで今回は、チャットボットの概要から成功事例、導入のメリットなどについて見ていきましょう。


顧客目線に立ったサービスを提供するECサイト『MARKS&WEB』

年々、競争激化するEC市場で、注目されているのがオムニチャネル戦略です。顧客に対してさまざまな入り口を作ることで販売機会の損失を防いだり、顧客管理が簡易になったりするメリットがあります。
ECサイトだけでなく、コーポレートサイト、SNSなどからも集客し売上アップを狙うことで、顧客へのサービス向上を狙うことができます。

今回はオムニチャネル戦略に成功した事例として、MARKS&WEBのECサイトを例に成功の秘訣を探っていきます。


技術・デザイン・品質を伝えたい――「ネクタイの田屋」がメルカートを導入してECサイトをリニューアル

1905年に創業して銀座に店舗を構え、「ネクタイの田屋」として知られている田屋。自社工房を持ち、高密度、高品質のオリジナル生地で作り上げたネクタイ、シャツを世に送り出し、創業以来、まさに銀座の伝統として、110年以上の長きにわたって支持されている。
ECには2004年にホームページを開設時から取り組んでおり、2019年1月には、ecbeingのメルカートを導入してECサイトをリニューアルした。

今回は、このリニューアルの背景やその後の変化について、株式会社田屋 商品企画部 ECサイト担当の岡野 千里さん、小林 昇太さんに聞く。


ECサイト構築システム・ベンダーの比較項目、比較表の作り方

ECサイトを新規で構築、もしくはリニューアルをする際に、ECベンダーに向けたコンペを実施する場合、どのような指標でECベンダーを比較すれば良いのか分からないのではないでしょうか。
ECサイト構築ベンダーを比較するにあたり、どんな項目を比較するべきなのか解説していきます。


ECサイトの種類とは? シェアNo.1のecbeingの構築事例からご紹介

現代のネット市場の広がりを目にして、ECサイト構築やリニューアルを検討している事業者様もいるでしょう。多種多様な業種の企業様がecbeingでサイト構築・リニューアルをされています。

そこで今回は、業界別にどのような事例があるのか、ECサイトの種類別に開設していきます。


商材別のECサイト一覧! 構築するならどのタイプ?

ECサイトを構築する方法には、さまざまなタイプが存在します。
これから自社のECサイトを開設しようという場合、まずECサイトにはどのようなタイプがあるのかを知り、そして自社の商材にマッチする形態を選択する必要があります。

そこで今回は、さまざまなECサイトの形態をご紹介し、それぞれ向いている商材・ビジネスモデルや、メリット・デメリット、導入費用などの観点から比較していきます。


シェアNo.1のecbeingで構築! おしゃれなECサイト10選

優れたECサイトは見た目が良いだけでなく、サイトに訪れたユーザーを自然に誘導し、成約につなげていくものです。
今回はデザイン性の高いおしゃれなECサイトが知りたい事業者の方に向けて、ecbeingで構築したECサイトをご紹介します。魅力的かつ利便性の高いECサイト構築をお考えの事業者様は、ぜひ参考にしてみてください。


定期ECサイトは独自のカスタマイズ必須! ecbeingの構築事例

ECサイトを運営していく上で、最低限の売上確保は、EC事業を行っていく上で重要です。
売上の確保を図るには、リピート注文の獲得や、新規顧客の開拓などさまざまな方法がありますが、その中でも特に効果的なのが「定期購入顧客」をどれだけ増やせるかです。
ECサイトに定期購入の機能を導入することで、売り手と買い手の双方にメリットのあるECサイトを構築することができます。

今回は定期購入のメリットや、定期購入を導入する際に必要となる機能、そして構築事例などについてご紹介します。


セレクトショップのSHIPSがサイトを統合しオムニチャネル化を実現。いまアパレルで求められるECの在り方とは?

有名セレクトショップと知られ、多数のブランドで商品を送り出している株式会社シップスは、1952年に東京・上野の創業からスタートし、1977年、銀座にシップス1号店をオープン以降、全国80店舗を超える直営店を展開している。ECにも積極的に取り組み、2018年11月にWebサイトをリニューアルオープン。コーポレートサイトとマガジンサイト、ネットショップを統合し、オムニチャネル化を推進している。

今回は、採用されているecbeing社長の林雅也との対談という形で、 本リニューアルにあたっての目的や課題、経緯、サイト構築後の変化などについて聞く。


人工知能(AI)はECサイトでどう活用すべきか?

最近、Amazonや楽天などの大手企業を中心にECサイトに人工知能 (AI)を導入している企業が増えています。AIを活用することで、売上や顧客満足度の向上に成功しています。同様に中小企業もうまくAIを活用することで、ECサイトを盛り上げていくことが可能です。

今回はECサイトへのAI(人工知能)の導入を検討しているEC事業者様に向けて、AI導入のメリットや導入すべきサイト、具体的な活用法について解説します。


2018年中国EC「独身の日」を振り返る

日本では年末年始の時期になると、ECサイトは非常に盛り上がりを見せ、Amazonが実施するサイバーマンデーのように、各ショップがセールを打ち出します。同じように他国でも、繁忙期に合わせてセールが行われています。
中国では「独身の日」に合わせてセールを行いますが、このセールでアリババグループが中国市場にて凄まじい売上を叩き出しました。さらに年々売上も増加しており、参加ブランドも増加しつつあります。一体なぜなのでしょうか。

ここでは、2018年の「独身の日」を振り返りつつ、アリババグループの躍進理由に迫ります。


次世代「5G」に向けてEC事業者が準備しておくこととは?

次世代の通信方式としていよいよ始まる「5G」。スマホの機能や折り曲げられるディスプレイの登場など、技術革新に伴い通信速度自体も大幅に進化することになります。
5Gの登場はEC事業にも大きな革命を起こすことが予想されており、写真とテキストのみで魅力を伝える時代は終わりを迎えるでしょう。

この記事では、新しい技術である5Gの登場に対して、EC事業者がどのように対応していくべきか解説します。


スマホ決済がECサイトにもたらす影響とは?

近年、現金を使わず簡単にスマホで支払いができる「スマホ決済」が増えています。これはキャッシュレス化の流れにそった当然のものといえるでしょう。今後は店舗だけでなく、ECサイトでもスマホ決済の導入は重要な課題になっていくはずです。

今回は、ECサイトでスマホ決済を導入すべきか悩んでいるEC事業者様に向けて、スマホ決済を導入するメリットや導入する際のポイントなどをご紹介します。


2019年おさえておきたいECのトレンドをご紹介!

年々私たちの生活が豊かになっているのは、テクノロジーの発展のおかげです。数年前まで「あんなことができたらいいのに…」と考えていたことが、今や技術の発展により当たり前のように私たちの生活の中に溶け込んでいます。
EC業界でも同様にいかに効率よくかつ楽に買い物をさせられるよう、様々な角度から新しいサービスや動きがあります。また効率だけでなく飽きさせないように新しい体験をさせていくというところも重要になってきます。
今回はEC業界で今後来そうなトレンドのサービスをご紹介いたします。


サブスクリプションとは?これからのECサイトの成功モデル

サブスクリプションモデルのサービスがここ数年で増えてきております。これは特定のサービスを取り扱っている企業だけができるモデルではなく、様々な業種の企業で取り扱うことができるサービスモデルだからこそ広がりを見せていると考えられます。
今回はサブスクリプションのECモデルを中心にメリット・デメリットを含めどのような特徴があるのかをご紹介いたします。


リアル店舗で大切にしている「宝探し感」をECサイトでも表現

スタッフがこだわりをもってセレクトした雑貨やウェアを販売するブルーブルーエ。2014年から1号店の渋谷店の在庫を販売するという位置づけでECサイトをはじめ、2018年にはさらにECを成長させるためにリニューアルを行った。

そこで今回は、ブルーブルーエジャパン株式会社 EC営業部 部長の安江正彦さんと、副部長の野中智美さんに、ecbeingを採用した背景と、リニューアル実施の感想を聞いた。


軽減税率の影響によるECサイトの対策方法とは?

消費増税における経過措置として、2019年10月1日より軽減税率が実施される予定です。それに伴いそもそも「軽減税率ってなに?」「何が軽減税率の対象なの?」という方もいれば、実店舗やECサイトを運営されている方で「自分の取り扱っている商品は軽減税率の対象外だから関係ない」と思われている方も多いと思われます。
今回は軽減税率を知らない方やECサイトを運営されていて軽減税率が始まる前までにどのような準備をしておかないといけないのかをご説明いたします。


OMOとは?オムニチャネルの次の新しいマーケティング概念であるOMOを徹底解説!

OMOは「Online Merges with Offline」の略称で、日本語に直訳すると「オンラインとオフラインを併合する」という意味になります。もう少し具体的にいうと「ネット上とネット以外の店舗などの垣根を超えたマーケティング概念」と言われています。

近年、中国のIT技術は他国と比較しても目を見張るほど進んでおります。これは中国の都市部での日常的な買い物シーンでも見ることができます。例えば中国の都市部の場合は決済がスマートフォンで行われる方がほとんどです。これはスマートフォン端末の利用者が増え、ネット以外での購入できる場所(オフライン)との連携が進んでいるということがわかります。その効果もあり例えば中国では家にいながら注文ができるデリバリーサービスが充実しており、スマートフォン端末で注文後、支払い方法はモバイル決済で行うようなスマートフォンさえあれば、手軽にストレスなくサービスを受けることができる買い物方法が増えています。
今回はスマートフォンの普及によりオフラインとの連携が密になった中国を例にOMO(Online Merges Offline)の解説をいたします。


「るるぶ」Web群を、「ユーザーにもっと密接に寄り添う」ものに再構築。JTBパブリッシングが進めるメディアとECのシームレスな連携

JTBグループ本社の出版部門が独立する形で2004年に設立された株式会社JTBパブリッシングは、旅行情報分野をリードする出版物を発行しており、旅行ガイドブックシリーズの「るるぶ」は特に広く知られている。主力商品はこれまで図書中心だったが、旅行情報をベースに、メディア展開やECサイト、法人様向けのソリューションビジネスなど、多角的に事業を推進。Webにおける取り組みはその一つに位置づけられ、同社は2018年10月、レストラン予約とチケット販売を一つにまとめたモール型ECサイト「るるぶモール」をオープンした。

今回は、「るるぶモール」や同社のWebへの取り組みについて、竹内寛文さん、芝田直史さん、伊藤由貴さんに話を聞いた。


ECサイトのリニューアル手順 費用や企画書も含めて完全解説

「上司からサイトのリニューアルを進めてほしいと指示されたけど、やり方がわからない」「使いたい機能やシステムが現状のカートシステムだとできないからリニューアルしたい」など、すでにECサイトをお持ちでこのような悩みでお困りの方は少なくないはずです。


美容・パーソナルケア用品を提供するECサイト『&Habit』のブランド力

様々な企業がいくつもの自社ブランドを展開し、たくさんのユーザーに商品を提供しています。今回ご紹介する『&Habit』では、スキンケア商品やヘアアイロン、洗剤、サプリメントなど幅広い分野で高品質の商品を提供しています。
商品以外でも魅力を発信し、各ブランド力を高めながら、企業全体のブランド力を上げる方法を紹介していきます。


満足度×リピート率を上げて定期を増やし売上を伸ばすDUOオンラインサイト

ECサイトにおいてリピート率を上げることはブランドのロイヤルカスタマーを増やすことに繋がります。リピート購入を増やすためには安心感と質の高いECサイトを構築していく必要があります。お客様にいかにして購入した商品を気に入ってもらうか、リピートしたくなるECサイトを構築していくことが重要になってまいります。

特にスキンケア業界で高機能・高品質の商品が出回っている今日、自社の商品を使い続けてもらうためにどのように工夫がされているかを見ていきましょう。今回は、プレミアアンチエイジング『D.U.O.オンラインサイト』導入事例をご紹介します。


カンファレンス『eコマース&セキュリティ展2018』eコマーストラックイベントレポート

2018年10月26日(金)にecbeingとソフトクリエイトの合同カンファレンス『eコマース&セキュリティ展2018』を開催いたしました。

今回のカンファレンスでは、eコマースや情報セキュリティでご活躍の方々のご講演を賜り、3会場にて全10を超える講演を行いました。昨年に引き続き1,000名を超えるお申込みをいただき大盛況でした。

今回は『eコマース&セキュリティ展2018』のイベントレポートとして、EC事業者様必見の「eコマーストラック」の講演の様子を少しだけご紹介します。


合同カンファレンス『eコマース&セキュリティ展2018』基調講演イベントレポート

2018年10月26日(金)にecbeingとソフトクリエイトの合同カンファレンス『eコマース&セキュリティ展2018』を開催いたしました。

今回のカンファレンスでは、eコマースや情報セキュリティでご活躍の方々のご講演を賜り、3会場にて全10を超える講演を行いました。昨年に引き続き1,000名を超えるお申込みをいただき大盛況でした。

今回は『eコマース&セキュリティ展2018』のイベントレポートとして、基調講演やeコマーストラックの講演の様子を少しだけご紹介します。


ECサイトでリアル店舗と同じサービスの提供を目指す。ナルミヤ・インターナショナルのECリニューアル戦略

百貨店で展開する「mezzo piano」や「pom ponette junior」、「ANNA SUI mini」、ショッピングセンターで展開する「petit main」や「Lovetoxic」など、子ども服のブランドを多数展開するナルミヤ・インターナショナル。「夢は、世代を超えて」という経営理念を掲げ、ファッションに限らず子どもたちの生活全体を彩る全てをプロデュースすることを目指している企業だ。
EC事業を本格的にスタートしたのは2008年。それから10年が経過した現在は大幅なリニューアルを行なった。

そこで今回は、常務執行役員経営企画室長の国京紘宇さんと、執行役員イーコマース事業部長の中島浩賀さんに、リニューアルの背景を聞く。


BtoBサイト活用事例セミナーレポート

8月29日にBtoBサイト活用事例セミナーを開催しました。

2017年の企業間取引のEC市場規模は約317兆2110億円と前年比109%と増加しており、今後も市場が拡大すると言われています。本セミナーでは多くのECサイトを構築してきた経験から得たBtoBのECサイトの構築・運用の「ある失敗の共通点」、BtoBのECサイトの成功事例をお伝えいたしました。

今回は同セミナーでお伝えした内容を少しだけご紹介いたします。


呉服業界に革命をもたらしてきた一蔵がメルカートを利用してECサイトのリニューアルを実施

1991年に和装事業(呉服の販売)の会社としてスタートした株式会社一蔵は、呉服業界にさまざまな“革命”をもたらしてきた。産地直送スタイルを取り入れた「銀座いち利」では、それまで業界の通例だった卸問屋を通した流通を行わず、工房と直接取引を行い、購入しやすい価格帯を実現。さらに、振袖のレンタル事業もスタートし、購入という概念そのものを覆した。
一蔵がECサイトをオープンしたのは2012年。今年2月にはクラウド版のメルカートを導入したリニューアルを実施している。

そこで今回は、ECサイトリニューアルの背景について、同社いち利プロジェクトの二階堂 崇さんと波多野 友紀さんに話を聞く。


アパレル市場に未来はあるのか?【2018年版】

縮小傾向にあるアパレル市場を生き抜くには「変化」に対応していくことが重要であり、ユーザーの生活様式、テクノロジーの進歩、越境ECの盛況といった変化に対応することが、アパレル業界で勝ち残るポイントとなります。

今回は最新の市場動向をもとに、改めてアパレル市場の未来について考えていきます。


お手本にしたい秀逸デザインの海外ECサイト4選

ECサイトは「商品を販売する場」であると同時に「ブランドの顔」でもあります。ECサイトのデザインの良し悪しが、そのブランドのイメージを形成すると言っても過言ではありません。

Webデザインはただ単に見た目が美しければ良いというものではなく、ユーザーに驚きや感動を与え、感情を揺さぶり、アクションを起こさせることが目的であり、直感的に操作しやすいというユーザビリティにも配慮する必要があります。

今回は、先進的で優れたデザインを採用している海外のECサイトを紹介し、「優れたWebデザインとは何か?」という点について掘り下げていきます。


ECサイトでLiveActPROを活用し、コンバージョンをアップさせよう

近年ECサイトやコーポレートサイトに『動画』を活用する動きが急速に高まっています。
Webサイトの歴史を振り返ってみると、「テキストよりも画像」「画像よりも動画」というように、より訴求力の高い手法が採用されてきました。
またスマートフォンの普及により、画面遷移やスクロール操作は最小限にとどめつつ、ひと目で商品やサービスの魅力を伝えることができる『動画』の重要性はより顕著になっています。

そこで今回は、最新の技術が可能にしたスマホ時代のWeb動画ソリューションをご紹介します。


Google “スピードアップデート” 導入直前 まだ間に合うモバイルファーストのSEOとは?

7月27日にGoogleモバイルファーストSEOセミナーを開催しました。

みなさまのECサイトはモバイルファーストインデックス、スピードアップデート対策は済んでおりますでしょうか。本セミナーではモバイルファーストインデックスをはじめ、7月からロールアウトされているスピードアップデートの対策方法に関して講演を行いました。

モバイルファーストインデックス、スピードアップデートの導入はすでに始まっています。今回は同セミナーの内容である、モバイルファーストインデックス、スピードアップデートの対策を少しだけご紹介します。


スマートスピーカーがもたらすECサイトの未来とは?

近年、AIの飛躍的な進歩やビッグデータの活用により注目度が高まっているのが「スマートスピーカー」です。
現在それほど普及率は高くありませんが、スマートフォンのように我々の生活に深く浸透し、新たな市場を開拓する存在になるのではないかと期待されています。

今回はスマートスピーカーが普及することにより、人々の購買がどう変化し、EC業界にどのようなインパクトをもたらすのか探っていきましょう。


ユーザーへのきめ細やかな配慮が行き届いたECサイト『JAタウン』

インターネットを使ってものを買うのが当たり前とされる今日、ユーザーがECサイトに求めることは何でしょうか。
ユーザーに寄り添ったECサイトの構築には、会員限定の特典やサイトそのものの使いやすさなど、商品の質や価格以外の部分にも目を向けることが重要です。ユーザーが使いやすいと感じるECサイトを構築することは、結果として運営側の利益につながります。

今回はJAタウンの事例から、ユーザーへの細やかな配慮が行き届いたECサイトの作り方を考えてみましょう。


1200万人が選ぶ最大手の後払い決済「NP後払い」

 ecbeingが提供するEC構築パッケージ「ecbeing」が株式会社ネットプロテクションズが提供する後払い決済サービス「NP後払い」の自動連携を開始しました。今回は多くのEC事業者様にご利用いただいているNP後払いについてご紹介したいと思います。


【ecbeing】パッケージ&クラウド2018年最新機能セミナー

【ecbeing】パッケージ&クラウド 2018年最新機能セミナーを開催いたしました。
会場の人数に限りがあるため、抽選となってしまいましたが、多くのお客様にご参加いただきました。

1100サイトの構築実績を誇るECパッケージ『ecbeing』の新機能をはじめ、クラウドECプラットフォーム『メルカート』の特徴についてご紹介いたしました。
また、ECサイトの新規構築・リニューアルをご検討のご担当者様向けに、ecbeingのデモンストレーションを交え、他社ECシステムとの違いもご紹介いたしました。


ECサイトの売上をアップするSEO対策の方法

EC事業者は売上アップを狙い、様々な施策を行っています。
優れた商品を開発することも重要ですが、ユーザーがその商品の存在を知らなければ、いつになっても売れることはないでしょう。ユーザーに商品の魅力を伝え、自社のECサイトに導く「集客力」も商品開発と同等に重要なことです。

Web集客の中心となる「広告」と「SEO」の二本柱のうち、今回は「SEO」にスポットを当て、ECサイトの売上をアップするためのSEO対策についてご紹介します。


充実した独自のコンテンツでユーザーを獲得するECサイト『フレッシュロースター珈琲問屋』

ユーザーがECサイトを一度だけ利用するか、リピーターとなり何度も利用するかは企業が売上を伸ばすにあたって重要なポイントです。
リピーターの多いECサイトを作るには商品の善し悪しだけでなく、魅力的なコンテンツやサービス、ユーザーが知りたいと思う情報を提供する必要があります。

そこで今回は、豊富な商品と充実したコンテンツでユーザーから信頼と人気を獲得し続けている、フレッシュロースター珈琲問屋オンラインストアをご紹介します。

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00