ECサイトとは?構築から運用方法、売上アップの方法まで徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

メインビジュアル

今日に至るまでインターネットの成長と共に歩調を合わせて、EC業界も大きく変化してきました。
一昔前まではインターネットを使うこと自体めずらしいことでしたが、今では自宅や出先から「24時間365日」で買い物が出来るようになり、わざわざ出歩くことなくオンラインショッピングが楽しめます。また、事業者側にとっては実店舗を構える必要がなく、店舗費用や人件費を抑えながら、世界中のユーザーを相手に自社商品のPR・販売できるため、参入する事業者は増加しています。そしてオンラインショッピングを可能にするのが『ECサイト』です。今回はサイトの構築方法や運用方法、売上アップの方法などについて徹底解説します。

ECサイトとは?

ECサイトとは、インターネット上に開設した自社の商品を販売するウェブサイト(ウェブ店舗)のことを指します。『electronic commerce』の頭文字から来ており、日本語に訳すと『電子商取引』です。
ほかには「Eコマース」や「ネットショップ」などと呼ばれ、PCやスマートフォンを使用しインターネット上で商品やサービスを売買する方法が一般的です。
利用するユーザーはインターネットに接続されたPC、スマートフォンなどのデバイスからECサイトにアクセスし、欲しい商品をカートに入れて注文することで購入できます。
さまざまなECサイトがありますが、サイトを立ち上げるには大きく分けて『ショッピングモール型』と『自社サイト型』の2つの方法があります。

ECサイトイメージ
  • ショッピングモール型

    Amazonや楽天市場などのショッピングモールの一番のメリットは、なんといっても集客力です。百貨店の中にショップを出店するようなイメージなので、集客は百貨店の力で行ってくれます。モールの中のショップのデザインはある程度テンプレート化されているので一からECサイトを構築する必要がなく、簡単に作ることができます。ただし、ショッピングモール内のものなので機能やデザインなどで独自性を出すことはできません。また初期費用は比較的安価なのですが、継続費用は高くつきます。利用料金や追加サービスの料金、売上に対する手数料などがかかるため、売上が高くなるほど費用が大きくなってくるのです。

  • 自社サイト型(独自ドメイン型)

    独自ドメインでオリジナリティあふれるECサイトを構築できることが、一番のメリットです。パッケージやフルスクラッチで構築すれば、好きなデザインや機能をカスタマイズし、お客様により良いサービスを提供するECサイトを構築できます。ただし決済システムや店舗運営システムがショッピングモール型のように標準装備されていないため、自社で導入しなければなりません。またショッピングモール型と違い、モール側が集客をしてくれるわけではないので、自社で一から集客をすることになります。SEO対策やインターネット広告など、売上を伸ばすためには重要な「集客」において様々な施策が必要です。さらに初期費用の高さもデメリットになります。継続費用はシステムの使用料やメンテナンスなど比較的安価なのですが、構築するプラットフォームによっては初期費用に数千万円以上かかる場合もあります。

経済産業省の調査 によると、2016年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は15.1兆円で前年比9.9%増、BtoB-EC(企業間電子商取引)は291兆円で前年比1.3%増となっており、時代とともにEC市場も拡大しています。

ECサイトの3大ビジネスモデル

ECサイトには大きく分けて3つのビジネスモデルがあり、売主と買主の属性によって『BtoC』『BtoB』『CtoC』に分類されます。
ecbeingが提供するECサイトは『BtoC』と『BtoB』向けですが、ECサイトの導入を検討するうえでビジネスモデルを理解することは重要なので見ていきましょう。
 BtoC

Business to Consumerのことで、企業と一般消費者間での商取引を指します。
企業が販売した商品やサービスを一般消費者が購入するという最も身近な形態です。「消費者がAmazonで書籍を購入する」「消費者がアパレルのECサイトで洋服を購入する」といった商取引が『BtoC』です。

BtoCイメージ
 BtoB

Business to Businessのことで、企業間で行う商取引を指します。
「企業がコンピュータメーカーからPCを購入する」「自動車メーカーが取引先の部品工場から部品を購入する」など、企業が販売し企業が購入する取引が『BtoB』です。
BtoCと比較しECサイト数・利用者数は少ないですが、BtoB-ECの市場規模はBtoC-ECの20倍近くもあります。

BtoBイメージ
 CtoC

Consumer to Consumerのことで、個人同士で行う売買取引を指します。
CtoCでは「消費者が出品した商品を別の消費者がオークションサイトで購入する」「消費者がフリマアプリで購入する」などリユースを目的とした取引が盛んです。
CtoC-ECの市場規模は、BtoC-ECやBtoB-ECと比較すると小さく、ネットオークションとメルカリなどのフリマアプリを合わせて6,510億円ほどですが、急速に拡大しているため今後も伸びていくと予想されます。

CtoCイメージ

自社ECサイトのさらなる展開

ECサイトをどのようにビジネスへ展開していくかというのも重要なポイントです。
顧客とのあらゆる接点と連携し有効活用する『オムニチャネル型ECサイト』、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングのように複数店舗が出店する『ショッピングモール型ECサイト』、海外に目を向け自社製品を世界中のユーザーに届ける『越境グローバルECサイト』など、ECサイトを活用することでさまざまなビジネスに役立てることができます。
オムニチャネル型イメージ
 オムニチャネル型
ECサイト

オムニチャネル(Omni-Channel Retailing)とは、ありとあらゆるチャネル(販売経路)を統合し活用することで売上アップをもたらす試みです。
例えば実店舗を持つ事業者であれば、実店舗とECサイトの在庫情報・顧客情報を統合し一元管理することで、顧客は実店舗とECサイトの区別を意識することなくシームレスな購買を体験できます。ライフスタイルが多様化した現代では、さまざまなユーザーニーズを満たす重要な施策です。
ecbeingには、実店舗やポイント制度などと連携した『オムニチャネル型ECサイト』の成功事例も数多くあります。

ショッピングモール型イメージ
 ショッピングモール型
ECサイト

1つのECサイトに複数のEC店舗を構築することをショッピングモール型ECサイトといいます。例えば大手菓子メーカーなどは複数のブランドをもっているケースがあり、自社としてのモールECサイトを構築し、その中に自社内に複数のブランドごとに店舗を構築するイメージです。この場合、各ブランドファンや企業のファン全体で集客することができ、相乗効果で売上をアップすることが可能になります。ecbeingでは、ショッピングモール構築に対応したパッケージも提供しています。

越境・グローバルイメージ
 越境・グローバル
ECサイト

海外のEC市場に目を向けると中国の勢いはすさまじく、BtoC-ECの市場規模は対前年比40% という大きな成長率です。
日本国内の消費が冷え込んでいることもあり、「Made In Japan」を武器に越境・グローバルサイトを展開する企業が増加しています。また、日本製でなくても日本のショップで販売されている商品は偽物や粗悪品が少ない と海外のユーザーから評価されていることも一つの強みです。
越境・グローバルECサイトを展開するには言語や決済方法、海外発送などの諸問題が障壁となりますが、ecbeingではそれらの問題をクリアするシステムやノウハウを提供しています。

ECサイトに必要な機能とは?

ECサイトを構成する機能は大きく分けて『商品系機能』『会員系機能』『注文系機能』『デザイン機能』『分析系機能』の5つがあります。これらの機能がすべて備わり、相互に連携することで初めてECサイトとして機能します。
商品系機能アイコン商品系機能

『商品管理機能』
商品情報を登録・編集したりする機能です。ECサイト上で表示される商品名や画像、価格、説明文などもこの機能で管理します。

『在庫管理機能』
販売可能な商品の数量を管理し、商品を販売した際や仕入れを行った際に在庫の数量を正しく把握するための機能です。

会員系機能アイコン会員系機能

『顧客管理機能』
ECサイトで商品を購入した顧客や、会員登録を行った顧客の情報を管理する機能です。

『問い合わせ管理機能』
Webの問い合わせフォームや電話・FAXなどでの問い合わせ内容を管理します。

『メール配信機能』
注文完了、受注完了、発送完了などのタイミングでメールを送信したり、会員に対してメールマガジンを配信したりする機能です。

注文系機能アイコン注文系機能

『注文管理機能』
ECサイトから注文された商品や金額、数量といった情報を正しく管理するための機能です。

『決済管理機能』
注文時に顧客が選択した決済方法(クレジットカード、代引き、銀行振込など)の情報を管理し連携する機能です。

『出荷管理機能』
商品の出荷に必要な配送先情報などを管理する機能です。

デザイン機能アイコンデザイン機能

デザインや新規ページを追加・更新・変更する機能です。
CMS(コンテンツマネジメントシステム)もデザイン機能に含まれます。CMSを利用することにより、専門的なHTMLの知識がなくても簡単にWebサイトの内容を管理・更新することができます。

販促系機能アイコン販促系機能

ユーザーの販売促進を行う機能です。キャンペーンを実施したり、クーポン発行なども販促において重要な機能です。Amazonや楽天市場などでもおなじみの、『この商品を見ている人はこの商品を見ています』のようなレコメンド機能も、この販促機能になります。

分析系機能アイコン分析系機能

ユーザーがどんなデバイスでどこからきてどんな商品を購入したのか、どんな商品が売れていてどのページが一番見られているか、などがわかる機能です。Googleアナリティクスなどを使用し分析をすることも出来ますが、使いこなすには知識が必要なので、バックエンドに分析機能を備えたシステムがあると便利です。

なお、これらの機能を時流に合わせてバージョンアップしたり増強したりするには都度システム改修が必要です。
『ecbeing SaaS版』のクラウドタイプの製品を選択すれば、自動的にバージョンアップされるので常に最新の状態で使用できます。
ECサイト構成機能イメージ

ECサイトの要!ECサイトの運営・業務

必要な機能を備えたECサイトを立ち上げたからといって終わりではありません。運営を続けるには、拡販していくための施策や受注後の対応などが必要です。
フロントエンド業務
フロントエンド業務イメージ

フロントエンドはECサイトの売上アップを図ったりお客様へのサービス展開をすることが目的です。
具体的には、ECサイトで販売する商品を検討したり、デザインやコンテンツを企画したり、GoogleやYahoo!などの自然検索(SEO)や広告によって自社のECサイトに集客をする施策を考えて、実行していきます。

バックエンド業務
バックエンド業務イメージ

ECサイトで注文を受けてからの作業やシステム管理などがバックエンド業務です。基本的には注文をいただいた情報を管理し、発送するための情報を管理、それを倉庫に渡して発送業務を指示したりすることが中心となります。販売するための在庫数を管理したり、返品の対応やクレームが発生した場合の対応や、お客様の情報を管理したりなど、ECサイト運営をするための裏側の業務になります。

ECサイトの売上方程式

ECサイトを運営するにあたり『売上』は一番重要な目的かと思います。ECサイトで用いられる売上の方程式は以下になります。
ECサイト売上方程式イメージ

訪問数はその名の通りお客様がECサイトに訪れた数。購入率は訪問したお客様の何%が購入してくれたか。客単価は1回の注文の平均金額となります。
例えば、注文率を知りたい場合は「売上÷集客数÷客単価=注文率」で算出できます。
集客数はECサイトに訪れた顧客の数で、客単価は一人あたりの購入金額の平均です。

ECサイトでの売上:100万円
集客数:10,000人
客単価:5,000円

この場合「1,000,000円÷10,000人÷5,000円=0.02」となり、注文率は2%だったことがわかります。
つまり、ECサイトにアクセスした10,000人のうち200人が注文に至ったということです。

では売上を2倍の200万円を目標にした場合はどうでしょう?それはすべての数値を1.25倍にする、もしくは、集客数を2倍の20,000人にすることにより、目標の200万円にすることができます。

このように、方程式に合わせどこに注力すれば売上がアップするのか?ECサイトの課題を掲げ、集客数を増やす対策だけではなく、購入率を上げるための「WEB接客」、客単価を上げるために「合わせ買い」や「ついで買い」を促進するような施策も考えられるでしょう。

集客数〜購入率をあげる施策とは?

ユーザーがECサイトを訪れる流入経路には、主に4つの基本パターンがあります。
自然検索(オーガニック)

GoogleやYahoo!などで検索し、表示されたWEBサイトをクリックした際にECサイトを訪れるということです。検索した際に上位に表示されたり、クリックされやすくしたりすることを、SEO対策(サーチエンジン最適化)といいます。

広告からの流入

インターネット広告をクリックし、ECサイトに集客することをいいます。特にECサイトに効果がある広告といえば、リスティング広告(キーワード連携型広告)です。検索したキーワードに対して広告を表示することができるので、購買意欲が高いユーザーを集客することができます。

他サイトからのリンク

他のWEBサイトからのリンクをクリックした際のリンクになります。facebookやtwitterなどのリンクもこれにあたります。

直接参照

直接ECサイトのURLを入力した場合の集客です。お気に入りやアドレスバーの履歴などから訪れた場合もこれにあたります。長く続けているECサイトほどこの直接参照の数値が高くなる傾向があります。

ECサイトを訪れたユーザーに商品を購入してもらうためには、使いやすいUI(ユーザーインターフェース)が重要です。またキャンペーンやレコメンドによってユーザーの関心を引くことも、購入率アップに繋がります。

ecbeingは「ただ美しいサイト」ではなく、目的を達成するために必要なデザインを構築してきた実績とノウハウがあります。

ECサイトを構築するにはどうすればいいのか?

自社のECサイトを構築するには4つの方法があります。『フルスクラッチ』『パッケージ』『オープンソース』『ASP』と呼ばれるものですが、それぞれにメリット・デメリットがあるので見ていきましょう。
ECサイト構築イメージ
 フルスクラッチ
ゼロからプログラムを組んでECシステムを作り上げていくことです。自由に思い通りのECサイトを構築することができるので究極の手法と言えますが、一方で莫大なコストと長い開発期間を要するというデメリットもあります。通常ECサイトを構築する際にフルスクラッチが採用されることはほとんどありません。ECサイトで用いられる機能は共通性が高く流用がしやすいため、ゼロから作る必要性がないからです。
 パッケージ
ECサイトに必要な機能をパッケージ化したシステムを指します。最初から必要な機能が組み込まれており、パッケージを基本とした自社サイト独自のECサイトを構築できます。システム会社がパッケージ化している基本機能に無いものはカスタマイズをして機能追加をしていくことになりますので、システム会社がパッケージしている機能が充実していればいるほど、構築に時間と費用がかからないというメリットがあります。
※『ecbeing』はパッケージ型の製品です。
 オープンソース
企業や個人が開発したプログラムを一般公開することを指します。
国内で最も有名なオープンソースは『EC-CUBE』で、このプログラムを利用・カスタマイズしてECサイトを構築できます。
ベースとなるプログラムに手を加えていく方法なので、時間と費用を抑えることができ、ある程度自由度の高い構築も可能です。
ただし、開発にあたっては技術者が必要なこと、不具合や障害があった際には自社の責任で対応しなければならない点は考慮しなければなりません。また、2017年にはミドルウェアに脆弱性が発見され多くの有名・大手企業のECサイトがクレジットカード漏洩などのサイバー攻撃被害に遭いました。
 ASP
『アプリケーションサービスプロバイダ』の略で、本来はアプリケーションをネットワーク経由で提供する事業者を指します。
ECサイトにおけるASPとは、プログラムやハードウェアなどは一切用意する必要がなく、インターネット環境さえあればECサイトを構築できます。
メリットは、ASP事業者側でソフトウェアとハードウェアを管理してくれるため、常に最新の状態(自動アップデート)が保たれます。
4つの方法の中で最も手軽で、月額数千円〜数万円で構築することができますが、カスタマイズ性が低く、独自のECサイトを構築することができないというデメリットがあります。
 番外編(クラウドEC・SaaS)
近年ASPのメリット(自動アップデート)とパッケージの良いところ(カスタマイズ性)を併せ持った、クラウドEC(SaaS)で構築するEC事業者が増えています。『ecbeingSaaS版』は、基幹システムとの連携や独自のECサイトを構築するカスタマイズ機能をはじめ、売上アップを実現する機能が充実しているので、初めてECサイトを構築する企業におすすめのサービスです。
ECサイト構築における目安

まとめ

今回はECサイトの構築から運用方法、売上アップの方法についてご紹介しました。
ECサイトにおいての商材は多岐にわたり、大企業向けから中堅・中小企業向け、個人事業主向けなど、ターゲットとする企業規模もさまざまです。
それぞれの商材やサービスの特長や機能を吟味し、自社の企業に合った製品を選択することが大切です。

ecbeingはECサイトパッケージの分野において10年連続No.1のシェアを誇っており、これまでに中堅・大手企業様に導入いただき、そのサイト数は1,100サイトを超えます。
開発部隊は400名以上と国内最大のリソースを保有し、マーケティング支援部隊も100名体制でお客様をサポートしています。
ecbeingは単にECサイトの提供だけでは終わりません。マーケティング支援や運用支援サービスにより、事業を軌道に乗せて成長させていくための支援を継続的に行っています。


リンク:なぜecbeingを選んだのか?大手・有名企業様の『お客様の声』をぜひご覧ください

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00