ECサイト構築には4つの方法が。各構築方法のメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトの構築には、楽天やYahoo!ショッピングなどECモールを使って構築したり、Amazonなどに出店・出品する形で参入したりとさまざまな方法がありますが、独自の販売方法を行いたい、顧客データを活用したいなど、事業者が自社でECサイトを構築するケースも増えています。

自社でECサイトを構築するのとモールへの出店では具体的に何が違うのでしょうか。
自社でECサイトを構築する場合の最大のメリットはやはり、ECサイトの利用者を自社の顧客として取り扱うことができるという点です。
モールに出店すると、お客様はあくまでモールの顧客として取り扱われてしまう為、自社の顧客にすることができません。そうするとリピーターにしていく為の施策なども自社で自由に行うことができません。
そういった理由からモールから卒業し、自社のECサイト構築を目指す事業者が増えております。

しかし、ECサイトの構築方法にはさまざまな種類が存在し、それぞれのメリットとデメリットによって今後のEC運営の展開が左右される場合もあります。

今回はECサイト構築の方法をASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチの4つに分けて解説します。

ECサイト構築の方法とシステム開設

EC市場の発展に合わせてさまざまなシステム会社がECサイト構築のプラットフォームを提供しています。プラットフォームの種類が増えるにつれて今までは難しくて着手できなかったECサイト構築がより身近になったのも事実です。

ECプラットフォームの選択は今後のECサイト運営に関わる大事なステップです。それぞれの特性を理解して構築を行わないと、自社のECサイトで行いたいことが出来なかったり、商品やサービスの魅力を最大限伝えきれなかったり、お客様にとってもお買い物がしづらいサイトになってしまったりします。

ECサイト構築に使われるプラットフォームには大きく4つの方法があります。

4つの構築方法のメリット・デメリットを知ることで自社にはどのような構築方法が向いているのかを確かめましょう。

1.ASPカート(アプリケーション・サービス・プロバイダ)

ASPカートはシステム会社から事業者や個人向けにECアプリケーションをレンタルするような仕組みになっており、インターネットを介してECサイトの開店に必要なプラットフォームを利用することができます。

共通のプラットフォームを多くの事業者・個人などが利用し、個別にECサイトのシステム構築を行わないため、導入費用も無料のものから月々数千円のものなど低価格でECサイトができるのも特徴です。またASPカートは利用しているシステムは共通のものなのでシステムが自動アップデートされていくということが1つのメリットです。ですが共通のECプラットフォームの為、外部システムとの連携やフロントや管理画面(バックオフィス)の拡張性(カスタマイズ)が低く、独自のECサイトを構築するということが難しいというデメリットもあります。

2.オープンソース

オープンソースはその名の通り、ソースが公開されていてライセンス費用がかからず、基本的なECサイトを構築することができます。デザインやシステム連携の自由度も高く独自のECサイト構築を行うことも可能になります。


オープンソースの場合、だれでもECサイト構築をおこなう事ができるというというのはメリットに見えますが、実際には他社が作成したシステムを別の会社がそのまま引き継ぐというのは、仕様面の理解、ソースを0からチェックする必要などがあり、現実的に完全に引継ぎで拡張を続けるのはとても難しいのが実情です。
しかし、オープンソースはだれでも構築できてしまうので、技術力やセキュリティ面で知見がないベンダーがECサイトを構築してしまうと、システム障害や個人情報漏洩等の大きな問題に発展する可能性があります。今年2018年も多くのオープンソースECサイトで個人情報の漏洩事故が発生してしまっているのが現状です。


ECサイト構築の手段でも比較的構築数が多い、オープンソースではセキュリティ面のリスク対策が最も深刻で重要です。セキュリティホールが発生すると、オープンソースの性質上、セキュリティ対策に関する情報を公開する必要がでてきます。それは同時にセキュリティホールを公開する事と同義となります。
ECサイト構築ベンダー側がすぐにそういった情報を入手し、対策が施せればよいのですが、知見のない、構築ベンダー等が数多く存在する状況では、どうしても対策をしないでそのままにしてしまう。といったケースも発生してしまいます。そうすると、攻撃者はECサイトのセキュリティホールをいとも簡単に悪用することが可能になってしまいます。


近年ではミドルウェアと呼ばれるシステム稼働する環境でもオープンソースを利用しているケースが多くあり、有名な脆弱性の問題としては、「Apache Struts 2」等があります。「Apache Struts 2」の脆弱性というところでいくと、実際に日本国内においても複数のECサイトで個人情報の漏洩事故が発生しています。オープンソースの利便性もありますが、漏洩事故により高まるリスクのほうが注目されている現状があります。

これらのミドルウェアへのセキュリティリスクへの対策をしっかりするのは、もはやECサイト構築ベンダーだけでは限界があり、企業としてもオープンソースECの利用には特に慎重な判断が必要であるといえます。

3.パッケージ

ECパッケージにはカート機能や受注・売上管理、顧客管理などECサイト運営に必要な機能がパッケージとして含まれています。

パッケージを使うECサイトの構築方法はデザインやシステム連携のカスタマイズ、自由度が高い上に、パッケージを使ってオープンソースより堅牢にECサイト構築が進められます。充実した基本機能が揃っており、ECサイトのフロント機能から業務効率改善を目的とした基幹システムとの連携などが行え、独自のECサイトを構築することができます。年商規模が比較的大きいサイトから小・中規模まで、幅広く広くさまざまな企業に採用されています。



また、大手企業が採用されているパッケージでは、採用される理由の一つとして、充実した機能性という点があげられます。パッケージでも必要最低限の機能しかもたず、スクラッチ色の強いパッケージや、特定の業種につよいパッケージ、包括的に分析機能や売上を上げる施策等が豊富にあるパッケージとパッケージの中でも様々な強みや違いがありますので、ECサイトを構築する際は、画面を見る等の比較を行うことも非常に大切です。


ECパッケージ9年連続No.1 ecbeingのお問い合わせはこちら

4.フルスクラッチ

ゼロからECサイトを構築する方法です。必要な機能を自由にゼロから構築をすることができるので、独自色の強いサイトや超大規模なECサイトを構築する際に採用されるケースがあります。
しかし、近年ではパッケージやSaaS、クラウドシステムの進化により、フルスクラッチでECサイトを構築する事を新たに検討するケースは減少傾向にあります。ゼロからECサイトを構築するという事は、必要な機能を作れるのですが、必要な機能しか実装されません。
パッケージ等の場合、あるといいな、といった機能も豊富にあり、自分達で気が付かなかった必要な機能や分析を利用することが可能になります。



また、数多くのノウハウや対策が1つに集約されているパッケージ等とは異なり、フルスクラッチではパッケージでは当たり前のセキュリティ対策やトラフィック対策なども個別に検討し施策を自分達で実施していかなければなりません。そしてECサイトの構築期間もフルスクラッチは一番時間がかかってしまいます。

EC年商別に見るECサイト構築方法

上記に挙げたASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチそれぞれのECサイト構築方法では、利用している企業のEC年商規模に大まかな傾向があります。

ECサイト構築には4つの方法

一概に年商規模だけで図ることは難しいのですが、平均年商規模が低い場合はASPやオープンソースを利用するケースが多く、大体がEC年商1億円未満の場合が多いです。年商が低いとECサイト構築に対する投資額も限られるため、安価なサービスを利用する傾向になります。


一方、一番年商規模が高いのはフルスクラッチによるECサイト構築です。国内でも有数の超大規模な事業者が利用することが多くEC年商規模も100億円以上のところとなります。
数年前までは50億以上でスクラッチを利用するケースもありましたが、パッケージや仮想環境などの性能向上により、パッケージがより多くの領域をカバーできるようになっております。パッケージを使うECサイトは年商が1億円から100億円くらいの規模が多い傾向にあります。
しかし、これらの売上年商はあくまで指標であり、パッケージでも事業者よっては100億円以上の売上を持つ事業者は多く存在しますし、フルスクラッチでECサイトを構築している事業者でも50億円以下の企業も多くございます。

システムが自動アップデートできカスタマイズができるSaaS版とは?

売上が上がるにつれて顧客へのサービスを増やしたり、業務効率化のための新たな機能を追加したりするのにはどうしてもシステム改修が必要となります。

一方、近年では数年に一度のシステム改修を行わなくても時流に合わせた機能が自動的に追加されていくEC構築システムも注目を集めています。それがクラウドサービスを使ったSaaS版などの機能です。SaaSとはソフトウェア・アズ・ア・サービスと言われるもので同じクラウドサービスであるASPとは違ってより操作性や柔軟性、連携性に富んだ構築機能を持ち合わせています。

ecbeingでもクラウド版のプラットフォーム「メルカート」をリリースしており自動アップデートを行いつつも、カスタマイズが可能な新基盤ということでクラウド版の導入が増えております。


ecbeingの新基盤 クラウド版「メルカート」の詳細はこちら

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00