TOP
  • ecbeing News+|ECサイト構築No.1 ecbeing

ecbeing News+


ECサイトで成果を出すための最新情報や業界動向をはじめ、
売上アップにつながるマーケティング情報を随時配信しております!

新着記事一覧

2018/06/18

クラウドECプラットフォームとは?ASP、パッケージとの違いを説明

ECサイト構築をするには4つの方法があります。ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチの4つです。近年のECサイト構築において注目されているのは「クラウドEC」です。クラウドECとはECサイト構築「4つの方法」の中では「パッケージ」に該当するのですが、ASPとの違い、パッケージとの違いが混同しがちです。

今回は改めてクラウドECプラットフォームとは?の説明をしていきたいと思います。

2018/04/13

ECサイトとブランドサイトを統合するメリット・デメリットとは?

海外では当たり前のように行われているECサイトとブランドサイトの統合ですが、近年では日本でも実施する企業が増えてきました。
WEBの技術やデザインにおいて、日本よりも5年先を進んでいるといわれている米国をはじめとした海外のサイトは、なぜサイト統合が主流になっているのでしょうか。

今回はサイト統合によるメリットとデメリット、国内におけるサイト統合事例をご紹介します。

2018/02/07

ECサイトの構築から運用方法、売上アップの方法まで徹底解説

ECサイトとはどのようなものでしょうか?今や売上チャネルの1つとして重要な役割になり、当たり前になったECサイトですが、ここではECサイト構築、運営について徹底解説いたします。

今日にいたるまでインターネットの成長と共に、EC業界も大きく変化してきました。
一昔前まではインターネットを使うこと自体めずらしいことでしたが、今では自宅や出先から「24時間365日」で買い物が出来るようになり、わざわざ出歩くことなくオンラインショッピングが楽しめます。また、事業者側にとっては実店舗を構える必要がなく、店舗費用や人件費を抑えながら、世界中のユーザーを相手に自社商品のPR・販売できるため、参入する事業者は増加しています。そしてオンラインショッピングを可能にするのが『ECサイト』です。
今回はサイトの構築方法や運用方法、売上アップの方法などについて徹底解説します。

2017/12/22

2017年国内EC業界のまとめ・未来のEC業界の動向

2017年12月には日経平均株価も大きく上昇しました。人々の消費行動も促進され、EC業界においても着実に成長した1年です。幅広い世代へのスマートフォンの普及からも、今後の成長が期待されるEC業界。今回は、そのEC業界2017年の振り返りと、今後の展望を見ていきましょう。

2017/08/07

失敗しない自社ECサイト制作

広がり続けるEC市場で売上チャネルの拡大やブランディングの一環として、自社ECサイトをオープンしたり、現行のシステムからリニューアルをしようとお考えの事業者が増えてきております。しかし競合他社のECサイトが良いからと、自社でも慌ててECサイトを制作しようとすると、完成後に思っていたものと違う…という失敗に陥ることもありますよね。
ECサイトはただ単に他の企業の真似をしたり、フォーマットにデザインを当てはめたりするだけでは思っていたサイトにならない場合があります。

今回は、失敗しない自社ECサイトを制作するために心がけるべき大きなポイントを確認していきます。

2017/08/03

EC事業の今後は?平成28年度の経済産業省の調査からEC事業を占う

個人消費者による買い物(BtoC)や法人企業間取引(BtoB)など、EC事業はますます生活の一部となり現在では当然のようにECサイトを利用する時代になりました。

EC市場の動きは非常に大きく、その市場は年々驚くほどの成長を遂げており、今後の市場動向を見極めていくことが重要です。

経済産業省の『電子商取引に関する市場調査』ではBtoCやBtoBなどさまざまなEC分野での市場動向について調査した結果が報告されています。

今回は重要ポイントを絞り、押さえておくべき現在のEC事業の状況や今後の展望についてご紹介します。

2017/08/02

ECサイトを無料で構築。メリット・デメリットって何がある?

ECサイトの構築には0からシステムを構築する「フルスクラッチ」、充実した基本機能をカスタマイズしEC事業者のために構築する「ECパッケージ」、ソースが公開されている「オープンソース」、初期費用や月額利用料を支払ってサービスを利用する「ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)」、と大きく4つの構築方法がありますが、ASPの中でも初期費用や月額利用料も発生せず、無料で使えるASPも続々と登場しています。無料でECサイトをオープンできることで、個人でも気軽にECサイトの運営ができるサービスです。

今回はECサイトが簡単に構築できる無料ECサイトのメリットやデメリットをお伝えしていきたいと思います。

2017/08/01

ECサイトとは? 黎明期から現在までのEC市場を振り返る

ネットショッピングやサービスの依頼など、ECサイトの普及はとどまることを知らない勢いですが、皆さんは今EC市場が今までどのように成長しどこまで拡大しているのかをご存知ですか?

楽天やアマゾンなどECモールの躍進から法整備、スマートフォンの普及などを含めて、ECサイトの発展の歴史や現在のEC市場状況を知ることは、EC戦略を立てる上で非常に重要です。今後の進展を予測するためにも今回はEC市場の黎明期から現在までを振り返りましょう。

2017/07/27

ECシステムの構築は「パッケージ」と「ASP」どっちが良いの?

ECシステムの構築は難しいイメージがありますが、近年ではある程度のフォーマットを使って簡単にECサイトを制作できるECプラットフォームのサービスも増えてきています。

その中でもよく耳にするのが「パッケージ」と「ASP」。この2つはどちらもECシステムを構築する際の方法ですが、特徴に違いがあるので選ぶ際には慎重にならなければいけません。今回はパッケージとASPを使ったECシステム構築方法のメリット・デメリットを検証します。

2017/07/24

ECサイト構築には4つの方法が。各構築方法のメリットとは?

ECサイトの構築には、楽天やYahoo!ショッピングなどECモールを使って構築したり、Amazonなどに出店・出品する形で参入したりとさまざまな方法がありますが、独自の販売方法を行いたい、顧客データを活用したいなど、事業者が自社でECサイトを構築するケースも増えています。

自社でECサイトを構築するのとモールへの出店では具体的に何が違うのでしょうか。
自社でECサイトを構築する場合の最大のメリットはやはり、ECサイトの利用者を自社の顧客として取り扱うことができるという点です。
モールに出店すると、お客様はあくまでモールの顧客として取り扱われてしまう為、自社の顧客にすることができません。そうするとリピーターにしていく為の施策なども自社で自由に行うことができません。
そういった理由からモールから卒業し、自社のECサイト構築を目指す事業者が増えております。

しかし、ECサイトの構築方法にはさまざまな種類が存在し、それぞれのメリットとデメリットによって今後のEC運営の展開が左右される場合もあります。

今回はECサイト構築の方法をASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチの4つに分けて解説します。

2017/07/14

ECパッケージでシステム構築。最大のメリットは拡張性にあり!

ECサイトを構築する一つの方法としてECパッケージを導入し構築する方法があります。
ECパッケージを使えばEC事業に必要な標準機能を利用でき、カスタマイズにより独自の機能を実装するなど、さまざまなメリットがあります。ただし、パッケージならではのデメリットもあります。一体どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

また、自社サイトに最適なECパッケージを選ぶにはどのような点に注意すればよいのでしょうか?

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00