TOP
  • ecbeing News+|ECサイト構築No.1 ecbeing

ecbeing News+


ECサイトで成果を出すための最新情報や業界動向をはじめ、
売上アップにつながるマーケティング情報を随時配信しております!

新着記事一覧

2018/12/07

満足度×リピート率を上げて売上を伸ばすECサイト構築

ECサイトにおいてリピート率を上げることはブランドのロイヤルカスタマーを増やすことに繋がります。リピート購入を増やすためには安心感と質の高いECサイトを構築していく必要があります。お客様にいかにして購入した商品を気に入ってもらうか、リピートしたくなるECサイトを構築していくことが重要になってまいります。

特にスキンケア業界で高機能・高品質の商品が出回っている今日、自社の商品を使い続けてもらうためにどのように工夫がされているかを見ていきましょう。今回は、プレミアアンチエイジング『D.U.O.オンラインサイト』導入事例をご紹介します。

2018/08/29

アパレル市場に未来はあるのか?【2018年版】

縮小傾向にあるアパレル市場を生き抜くには「変化」に対応していくことが重要であり、ユーザーの生活様式、テクノロジーの進歩、越境ECの盛況といった変化に対応することが、アパレル業界で勝ち残るポイントとなります。

今回は最新の市場動向をもとに、改めてアパレル市場の未来について考えていきます。

2018/08/01

ユーザーへのきめ細やかな配慮が行き届いたECサイト『JAタウン』

インターネットを使ってものを買うのが当たり前とされる今日、ユーザーがECサイトに求めることは何でしょうか。
ユーザーに寄り添ったECサイトの構築には、会員限定の特典やサイトそのものの使いやすさなど、商品の質や価格以外の部分にも目を向けることが重要です。ユーザーが使いやすいと感じるECサイトを構築することは、結果として運営側の利益につながります。

今回はJAタウンの事例から、ユーザーへの細やかな配慮が行き届いたECサイトの作り方を考えてみましょう。

2018/07/18

充実した独自のコンテンツでユーザーを獲得するECサイト『フレッシュロースター珈琲問屋』

ユーザーがECサイトを一度だけ利用するか、リピーターとなり何度も利用するかは企業が売上を伸ばすにあたって重要なポイントです。
リピーターの多いECサイトを作るには商品の善し悪しだけでなく、魅力的なコンテンツやサービス、ユーザーが知りたいと思う情報を提供する必要があります。

そこで今回は、豊富な商品と充実したコンテンツでユーザーから信頼と人気を獲得し続けている、フレッシュロースター珈琲問屋オンラインストアをご紹介します。

2018/07/17

京都老舗の品格とギフト機能が充実『鶴屋吉信 公式オンラインショップ』

どんなに優れた商品を持っていたとしても、時代のニーズに合わせて柔軟に変革していかなければ、企業の存続は叶いません。それは伝統ある老舗店であっても例外ではなく、むしろ老舗と呼ばれる企業ほど、絶え間ない革新を積み上げてきた歴史を持っているものです。

今回は京菓子の老舗である『鶴屋吉信』の公式オンラインショップを取り上げ、老舗店のECサイトのあるべき姿を探っていきます。

2018/06/11

ファンに嬉しい機能が満載の『エディー・バウアー オンラインストア』

ファッションやアパレルブランドにとって「ファンの育成」は大きな課題のひとつです。商品そのものの品質やデザイン性もさることながら、いかに手厚いファンサービスが提供できるかが重要なポイントとなります。
昨今の通販・ネットショッピング全盛の状況下において、ECサイトがファンサービスの担い手として注目されています。

今回はエディー・バウアー・ジャパンが運営するオンラインストアの事例から、ECサイトとして提供できるファンサービスの施策についてご紹介します。

2018/06/05

アメリカの生の空気感を伝える『オッシュマンズ オンライン』

EC市場においてファッション・アパレル関連は人気の高いジャンルのひとつです。それゆえ競争は激化の一途をたどっており、いかに独自性を打ち出して他社との差別化を図るかがポイントになっています。

今回はアメリカのスポーツウェアを中心に取り扱っているオッシュマンズ・ジャパンの事例をご紹介し、ファッション・アパレル関連のECサイトにおける他社との差別化ポイントを探っていきます。

2018/06/04

ユーザーへの情報発信を重視する『アツギ オンラインショップ』

あらゆる企業がECサイトを立ち上げるようになった昨今、単純に「ネットで自社の商品を販売するためだけ」のECサイトでは他社との差別化を図ることができません。
またAmazonや楽天といったモール型ECサイトが充実しているため、独自のサービスや付加価値を提供しなければ、自社のECサイトにユーザーを誘致するのは難しい状況です。

そこで今回は、ECサイトを「単なるネットショップ」から「ユーザーへの情報発信の場」にリニューアルすることに成功した『アツギ オンラインショップ』の事例から、競合他社のECサイトやモール型ECサイトに対抗するためのポイントを探っていきます。

2018/05/14

クラウドECプラットフォーム『メルカート』でECサイト構築

近年クラウドECシステムでECサイト構築を行う企業が増えており、特に2017年以降は多くの有名・大手のEC事業者がクラウドECプラットフォームにてサイト構築を行なっております。

今回は1,000サイト以上の構築実績から生まれたクラウドECプラットフォーム『メルカート』のご紹介です。

2018/04/12

雑誌コンテンツ重視の情報発信型メディアECサイト『FLAGSHOP』

昨今インターネットの台頭は、その便利さや手軽さによって新たなビジネスが次々と生み出される一方で、紙の雑誌が振るわなくなり多くの出版社が苦境に立たされるという状況も作り出しました。そんな中、出版社が活路を見出したのがEC事業です。
出版社の優れた良質なコンテンツと編集力、情報発信力を生かし、雑誌にも負けない情報量を掲載したECサイトを作り上げたのです。こうして作られたクオリティの高いサイトは、多くのユーザーを魅了することとなりました。

そんな出版社のEC事業の中でもユーザーを飽きさせないサイト作りに成功している、集英社のファッション通販サイト『FLAGSHOP』をご紹介します。

2018/03/30

多様なオムニチャネル施策でユーザーを獲得する『グラニフオンラインストア』

ECサイトや実店舗、アプリなど、あらゆる販売チャネルを連携することで、ユーザーはいつ、どのチャネルからでもスムーズに商品を購入できるので、購買機会が増え売上アップが期待できます。

しかし、リピーターの獲得やタイムリーな情報提供、宣伝効果などを狙うのであれば、さらに企業とユーザーの関わりを強めていかなければなりません。そのための方法のひとつとして、多くのユーザーが使用しているSNSの活用が挙げられます。

今回は、複数の販売チャネルとコミュニケーションチャネルを連携することでユーザー獲得に成功している「グラニフオンラインストア」の事例をご紹介します。

2018/03/15

オムニチャネル×ユニークな企画でブランド力を強化する「チャイハネ」

ECサイトや実店舗など複数の販売チャネルを持つ企業は、ユーザー満足度が高まるオムニチャネル施策を展開するだけでなく、ユニークな企画を制作・実行することでファンを増やし、さらなる売り上げアップにつなげることができます。

今回は株式会社アミナコレクションが運営している「チャイハネオンラインショップ」の事例を参考に、どのような工夫を行っているのか見ていきましょう。

2018/03/09

買い物のしやすさを追求した『ボーネルンドオンラインショップ』

どれだけ商品が充実していても、検索しづらく目的の商品にたどり着けなかったり、会員特典がなく魅力を感じなかったりするようなサイトは、ユーザーのリピート率が低くなってしまいます。何度もサイトを訪れてもらうためにはユーザー目線の満足できる機能やサービスの充実が欠かせません。では、どのような工夫を行えば良いのでしょうか?

今回は『ボーネルンドオンラインショップ』の事例を参考に、ユーザーが買い物しやすいサイト作りについて見ていきましょう。

2018/03/07

オムニチャネル施策でユーザーと企業にメリットをもたらす「Francfranc」

オムニチャネルは売上アップに有効な施策ですが、企業の利益を優先させるだけでは成果は得られません。オムニチャネルを成功させるためには、ユーザーが満足するようなサービスを提供する必要があります。

今回はユーザーの満足度を上げるだけでなく、企業にとってもメリットのあるオムニチャネル施策を行い成果を出している「Francfranc」をご紹介します。

2018/02/26

満足感を与えるサービスでファンを生む『シュゼット オンラインショップ』

ECサイトを運営していく上で、初めてお買上げいただくお客様を顧客に育てファンを増やしていく施策は重要です。固定ファンが増加すると売上だけでなく、新たなユーザーを増やしてくれることもあり、さまざまな面で企業の力となってくれます。

今回はユーザーの要望に応えると同時に感動を与えるサービスを提供し、ファン作りに成功している洋菓子の『シュゼット オンラインショップ』をご紹介します。

2018/02/16

顧客満足度の追及×コミュニケーションで売上アップ『Honeys Online Shop』

自社商品をECサイトで販売する場合、新規ユーザーを獲得すると同時に自社商品のファンに育てる仕組み作りや、ユーザーと関係性を築き維持していく必要があります。

今回は、ファンを育成するためにユーザーとのコミュニケーションを積極的に行っているアパレルブランド「ハニーズ」のECサイト『Honeys Online Shop』をご紹介します。

2018/02/15

メーカーが運営するECモールの魅力 『NOEVIR GROUP SHOPPING MALL』

複数の製品ブランドを展開している場合、ECモール内にブランドごとのECサイトがあれば会員を一元化しつつ、訴求ポイントを明確にできるためターゲットへの伝達力が大きくなります。さらに、化粧品のようにユーザーの年齢や悩みに応じて使用する製品が変わる場合は、複数のECサイトを一つに集約することでさまざまなユーザーメリットを生み出すことができます。

今回は株式会社ノエビアが運営する『NOEVIR GROUP SHOPPING MALL』の事例を参考に、どのような魅力があるのか見ていきましょう。

2018/02/15

ユーザー視点で充実したサービスを提供する『メガネスーパー』のECサイト

ECサイトの売上アップには新規ユーザーやリピーターの増加することは重要ですが、ユーザー満足度を上げることも重要です。多様な要望を満たすことは沢山の施策が必要になりますが、ユーザー視点に立ったサービスを提供することで購入機会の増加や購買意欲を高める効果も期待できます。

今回は、あらゆるユーザーニーズを満たすために多くの工夫を行っている『メガネスーパー』についてご紹介します。

2018/02/07

オムニチャネルを強化しユーザー満足度を高めた『REGAL, shoes street』

ユーザーがいつでも、どの販売チャネルからでも同じように購買できる環境を実現するオムニチャネルは、ライフスタイルが多様化した現代に適した施策です。オムニチャネルを実現するには複数の販売チャネルを持つだけではなく、商品情報や在庫情報、会員情報をうまく連携させユーザー満足度を高めていく必要があります。

今回はオムニチャネルの強化に成功した、リーガルコーポレーションが運営する『REGAL, shoes street』をご紹介します。

2018/02/07

国内・海外両方のユーザーを取り込む『AS ONLINE』

ユーザーを増やすための施策として、海外のターゲットにもアプローチするという方法があります。海外展開するには言語対応や商品配送といった課題もありますが、それらをクリアして国内・海外のユーザー両方が気軽に買い物できるサイト作りを行っているのが、株式会社アズノゥアズが運営する『AS ONLINE』です。

今回は『AS ONLINE』の越境機能や、ユーザー満足度を高める工夫についてご紹介します。

2018/01/31

ECサイトでも百貨店と同じサービスを提供 『吉日屋オンラインストア』

ギフト商材をECサイトで販売する場合、実店舗のように対面して接客ができないためユーザーひとりひとりの要望に応えることは簡単ではありません。
そこで今回は、株式会社京急百貨店が運営する『吉日屋オンラインストア』のECサイト事例を参考に、どのような工夫を行えば実店舗と同等のサービスが提供できるのか見ていきましょう。

2018/01/30

オムニチャネルを推進し、多角的にユーザー満足度を高める『KOTOBUKIYA ONLINE SHOP』

売上アップを図るにはユーザーのさまざまな要望を満たしていく必要がありますが、実店舗だけ、ECサイトだけの単独運営では限界があります。ECサイトと実店舗を連携させオムニチャネル施策を行えば、さまざまな角度からより多くの要望に応えることが可能です。

今回はECサイトで大きな売上をあげている『KOTOBUKIYA ONLINE SHOP』の事例を参考に、ユーザー満足度を高める多角的な施策について見ていきましょう。

2018/01/30

ECサイト×店舗×SNS「好日山荘」のオムニチャネル施策

ECサイトの単独運営であれば、自然検索からの流入にも限界があり、広告などを行い多くの集客を常に集めなければいけません。ですが実店舗を持つ企業であればECサイトと連携させることで、様々な集客チャネルをつくり、結果的に企業全体の売上を上げることが可能です。実店舗を全国的に展開しているのであればより親和性も高くなり、より利便性を感じれる仕組みをつくることができます。拡散による集客効果も見込めるSNSの活用もポイントです。

今回はECサイト×店舗×SNSの連携によって、より効果的な運営を行っているECサイト『好日山荘』をご紹介します。

2018/01/25

ECサイトでシューズ販売『RANDA』のオムニチャネル

ECサイトへの流入を増やしたい場合、サイト機能を充実させるだけではうまく効果が得られないことがあります。そういった時に有効なのが、他のチャネルを強化させECサイトと連携させることです。ユーザーが循環するような仕組みは、売上向上にも繋がりユーザーとの関係性を深めることにも役立ちます。
今回は、株式会社ジェイ・ビーが展開するシューズブランド『RANDA』のECサイトの事例を参考に、ネットでは売りにくい商材の展開方法について見ていきます。

2018/01/25

多様なライフスタイルにフィット!JR東日本の大規模オムニチャネル事例

ECサイトは自宅に居ながら商品を購入できる便利なものですが、配達日時指定ができない、配達時間内に在宅できず再配達といった問題も引き起こしています。手元に届くまでに時間がかかることはユーザーにとってストレスであり、企業への不信感にも繋がりかねません。そういった問題を大規模なオムニチャネルで解決したのが、JR東日本旅客鉄道株式会社のECサイト「ネットでエキナカ」です。
今回は、現代のライフスタイルに特化した「ネットでエキナカ」の受取サービスとポイント制度についてについてご紹介します。

2018/01/25

ブランドイメージ向上で売上アップ!井村屋の多角的なメディア戦略とは?

ECサイトは売上だけではなく、“企業や商品のブランディング”という役割も担っています。しかし、ECサイトだけではユーザーとのコミュニケーションがとりづらく、ブランドイメージのアピールに限界があります。またメーカーECサイトの場合、値下げができないため売上アップを図るのも簡単ではありません。

今回は、これらの問題を自社のECサイトとSNSを有効活用することで解決した『井村屋ウェブショップ』の事例をご紹介します。

2018/01/24

メーカーならではの強みを活かしたサービス「VAIO直営オンラインストア」

ECサイトでの購入比率が年々上がっている今、BtoC、BtoBともにECサイト数が飛躍的に伸びており、改めてメーカー直販のECサイトの存在意義が問われています。商流の問題もあり価格で勝負できないメーカー直販のECサイトは、どのように優位性を築けばいいのでしょうか?

今回は、ユーザーの満足度を高めるサービスを提供することで他店との差別化を図っている『VAIO直営オンラインストア』の事例をご紹介します。

2018/01/22

コンテンツ×ECサイト『TOHO animation STORE』

アニメや漫画などのコンテンツビジネスも、着実にEC化して売上げを拡大しています。映画や本などの知的コンテンツは、閲覧する権利を購入したのちユーザーが初めて触れることができるので、リピートするという概念はあまり存在しませんでした。
しかし、コアなファンが多くいるのがコンテンツ産業の特徴です。このファン心理にダイレクトに響くサービスや集客を展開することが成功の鍵となります。

今回は、記憶に新しい「君の名は。」で大ヒットを記録した「株式会社東宝ステラ」のECサイト「TOHO animation STORE」をご紹介します。

2018/01/19

検索機能が充実!タカラトミーECサイト『タカラトミーモール』

一般的にメーカー直販のECサイトは、好きなときに販売価格を値引いたりすることができません。これは、メーカーが製造した商品を販売する流通ルートがあり、最終的にユーザーに商品を販売する小売店との関係があるからです。このように価格で勝負できない場合は、どのように他サイトとの差別化を図ればよいのでしょうか?

今回は、さまざまな工夫とこだわりでユーザビリティを追求したECサイト作りを行っている株式会社タカラトミーのECサイトをご紹介します。

2018/01/09

人気ECサイトはここが違う!こだわりのデザイン事例

コンスタントに売上を伸ばしているECサイトのデザインやコンテンツは、どれもデザインセンスが優れています。サイトデザインが優れていると、商品の良さを訴求できて、お客様自身も閲覧を楽しみながら買い物することができます。

では、お客様を引き込むECサイトにするには、デザインをどのように工夫するのがいいのでしょうか。今回はecbeingにて構築したファッションや飲食、BtoB系サイトを参考に、人気ECサイトになるためのヒントとなるデザイン事例をご紹介します。

2017/12/21

卸先とのオムニチャネルで相乗効果!「ミシュランストア」

メーカーが直接販売をするBtoCのECサイトでは、卸先や専門店など商流の問題もあり、金額を値下げするということが難しいことが多いです。とはいえメーカーのEC担当者様としては、当然売上を上げなければいけません。ですが卸先や専門店との関係を保ちながらECサイトの売上アップ・メーカーとしてのサービスを提供する方法はないのでしょうか?

そこで今回は、メーカーという立ち位置でありながら、取引先の店舗を交えたオムニチャネル施策で成功しているECサイト「ミシュランストア」をご紹介します。

2017/12/14

実店舗と同等なサービスを提供!「4℃ BRIDAL」

人生において特別な意味を持つブライダルリング。とても大切なものだからこそ、ECサイトでのユーザーの購買意欲を上げるためには、実店舗さながらのサービスを提供する必要があります。

ジュエリーブランド「4℃」を展開するエフ・ディ・シィ・プロダクツは、ECサイトを活用することで実績を伸ばしています。今回は、「4℃ BRIDAL」のECサイトでのサービス提供についてご紹介します。

2017/12/08

『新潟味のれん本舗』が行うワンランク上のギフト対応とは?

『新潟味のれん本舗』は、おせんべいやおかきの製造、販売を行っている会社です。ECサイトを中心に電話やFAXでも販売を行っております。本社内のショールームでも商品を購入することができ、つくりたての米菓を購入することができます。

商材的にもギフト需要が多いのが特徴ですが、様々なカスタマイズで実店舗さながらのギフト機能を充実させており、ギフトに特化したECサイトとなっているところにも、実績向上のポイントがあります。

2017/11/27

実録!立ち上げから1年で月商1000万円を達成したECサイトのご紹介

ecbeingをご導入いただき新規ECサイトを構築されて、立ちあげから1年で月商1,000万円を達成したECサイト事例をご紹介いたします。
株式会社ベストオーダー様が運営する「カーテンバリュー」の売上増加のカギは接客にあり!安売ではなく価値を上げるための接客とは?に迫ります。

2017/11/10

クラウドECシステム(SaaS)でECサイト構築

近年、クラウドECシステムを導入する企業が増加しています。なぜ、多くの企業がクラウドECシステムの導入を開始しているのでしょうか。

ここではクラウドECシステムとは何なのか、導入のメリットはどこにあるのか、その魅力についてご紹介していきます。

2017/11/09

メーカーズシャツ鎌倉が推進するユーザー重視のオムニチャネル化

メーカーズシャツ鎌倉株式会社は、高品質で低価格のシャツを提供している会社です。2012年にニューヨーク一号店をオープンさせてからは、世界的なメンズファッション誌である「GQ」アメリカ版においても度々取り上げられるなど、さまざまなメディアで紹介されてきました。

今回は、メーカーズシャツ鎌倉株式会社がECサイト構築の際に注力した点についてご紹介します。

2017/10/20

Hanes Championの2大アパレルブランド、EC構築のポイントはユーザーファーストにあり

アンダーウェアやカジュアルウェア、レッグウェアでおなじみのHanes(ヘインズ)とChampion(チャンピオン)。みなさんこのアパレルブランドを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 今回はこの2大ブランドを有するヘインズブランズインクの日本法人ヘインズブランズ ジャパン株式会社が、ECサイトを構築のポイントをご紹介いたします。

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00