人気ECサイトはここが違う!こだわりのデザイン事例

公開日:

コンスタントに運営で売上を伸ばしているECサイトのデザインやコンテンツは、どれもデザインセンスが優れています。サイトデザインが優れていると、商品の良さを訴求できて、お客様自身も閲覧を楽しみながら買い物することができます。

では、お客様を引き込むECサイトにするには、デザインをどのように工夫するのがいいのでしょうか。今回はecbeingにてネットショップを構築したファッションや飲食、BtoB系サイトを参考に、人気ECサイトになるためのヒントとなるデザイン事例をご紹介します。

ファッション系のECサイト

靴・ジュエリー・アパレルなどのファッション系ECサイトは、「ブランドイメージ」が大切です。各ブランドが持っている特徴を活かすことで、ブランドイメージを壊さずに訴求するサイト構成を行います。

4℃ブライダル

4℃ブライダル


https://4-bridal.jp/


ブライダルリングを提供している『4℃ブライダル』はブルーを基調として、サイト全体に清々しい印象を与えているのが特徴です。フォントデザインも丸みを帯びた円型ではなく、線を際立たせるフォントを選ぶことで、高級感を演出しています。

ブライダルリングは購入単価が高額ですし、生涯1回しか購入しないため、指輪のディテールやダイヤモンドの美しさを的確に伝えることが重要です。そのため商品の作りが具体的に伝わるよう、大きな画像でクオリティーをアピールしているECサイトになります。

as know as

as know as


http://asonline.asknowas.com/p/default.aspx


幅広い年齢層の女性に人気のアパレルブランド『as know as』は、6種類のブランドラインを展開しているため、お客様が迷わないようブランドごとに個別のリンクを設けています。

右上の「ランキング」をクリックすると、ラインごとに「週間ランキング」が表示され人気の商品をすぐに把握することが可能です。

また、「スタッフスタイリング」では、実店舗スタッフのコーディネート画像をブランドラインごとに確認できます。同じブランドではありますが、お客様の年齢層やファッションテイストが違うので、ラインごとの着用イメージが湧きやすいため、お客様にあった商品を提案することができるECサイトになっています。

ABCマート

ABCマート


http://www.abc-mart.net/shop/


スポーツシューズからビジネス用の革靴まで豊富な品揃えを誇るABCマートは、お客様目線の価格設定が魅力の小売店です。トップページでは「シーズンごとのおすすめ商品」や「特別セール」といったタイムリーな情報をカルーセルで表示させ、お客様の注目を引いています。


ABCマート

特徴的なのが、「おすすめ商品」や「お買い得&話題の商品」、「売れ筋ランキング」など多様な形で商品をとりまとめている点です。さまざまな角度から商品を紹介することで、品揃えと安さをアピールできるECサイトになっております。

飲食系のECサイト

飲食系のECサイトをご紹介します。飲食系のサイトデザインにはバナーやデザインで派手に見せるよりも、日常生活を連想させる「親しみやすさ」や「清潔感」が安心して商品購入をいただけるポイントとなっております。

ロッテ

ロッテ


http://lotte-shop.jp/shop/


常に新商品を開発し、お客様を飽きさせない菓子メーカー『ロッテ』のECサイトは、新商品のアイコンを大きく表示するデザインが特徴です。新商品を目立たせることにより、特設ページへとお客様を誘導しています。


ロッテ


また、アイコンだけの表示が多い買い物かごを、サイトの上部に表示させ、合計金額と送料無料までいくらかわかるようにしている点もポイントです。送料無料ラインまでの購入がスムーズとなり、お客様の心理的負担軽減につながるサイトになっています。

木村屋總本店

木村屋總本店


http://www.kimuraya-net.jp/shop/


明治2年創業の製パン老舗『木村屋總本店』は、歴史ある雰囲気を出すため、サイト全体を和のテイストでまとめたデザインです。


木村屋總本店


トップページでは、「トピックス」「個数から選ぶ」「種類から選ぶ」「価格から選ぶ」などお客様が目的に応じて商品を絞り込めます。全体的に文字の量を少なくし、リンク画像を大きく表示させることでユーザーフレンドリーなサイトに仕上げています。

ケンコーマヨネーズ

ケンコーマヨネーズ


http://shop-kenkomayo.com/shop/


マヨネーズやドレッシングなどの製造・販売を行っている『ケンコーマヨネーズ』は、サイト全体を明るいトーンで統一し、料理画像を多く表示させることでお客様の食欲を掻き立て、購入意欲を高めています。

サイト上部には、「ドレッシング類」「マヨネーズ類」など商品ごとに分かりやすい表示があり、さらにトップページでは「売れ筋ランキング」や「おすすめ商品」といったお客様の興味を引く分類がなされたサイトになっています。

BtoBのECサイト

BtoBのECサイトはBtoCと異なり、他社との違いや専門性など伝える情報が多くなります。さらに、商品の仕入れなどでECサイトを利用しているお客様が多いため、どれだけ商品を探しやすく、わかりやすく注文出来るECサイトデザインが重要です。

イシグロ

イシグロ


https://ec.ishiguro-gr.co.jp/shop/default.aspx


総合配管機材商社である『イシグロ』は、業界に先駆けてEコマースをいち早く取り入れました。ECサイトは2カラム構成で、コーポレートカラーのブルーを基調としています。複雑な商品カテゴリを見やすく表示し、「メーカーから探す」と「カテゴリから探す」を明確に区分させることで、商品検索がスムーズにできるECサイトになっています。


小川印刷

小川印刷


http://www.dm-create.jp/shop/default.aspx


デザインから印刷、納品まで行う『小川印刷』は、オーダーの工程をわかりやすくしたECサイトデザインが特徴です。作りたい商品に簡単にアクセスできる「クイックスタート」や、オーダー後の実物イメージを容易に把握できるイラスト表示で、スムーズにオーダーできます。DM制作フローを文字だけでなく図で訴求することで、お客様の情報疲れを軽減するECサイトデザインです。

山櫻

山櫻


http://www.soreal-aruaru.com


名刺印刷老舗の『山櫻』のECサイトは2カラムで、中央にカテゴリや名刺の種類などのリンクを配置し、全体的に情報を均一化しています。コーポレートカラーであるライトピンクを使用し、トピックスを大きく表示させることで、文字量が多くてもすっきりとした印象です。また、慶事や新年のあいさつなど、利用シーンをお客様に提示することで用途の幅を広げています。

ECサイトのデザインは目的を明確に!

よりよいECサイトをデザインし、売上を伸ばすためには、お客様を迷わせない、疲れさせないデザインであることが重要です。会社の歴史やメルマガ登録、新商品などネットショップで訴求したい情報は企業ごとに異なりますが、そのなかでお客様が何を求めているかを見極める必要があります。

今回ご紹介したECサイトはBtoCサイトからBtoBサイトまでお客様にとって使いやすいデザインで、目的を明確にし買い物や仕入れができる工夫が豊富に盛り込まれています。サイトデザインの流行は移り変わっていきますが、まずはサイトの目的を明確にし、お客様のことを第一に考えた楽しめるサイト作りを心がけましょう。


ご紹介したECサイトの構築パッケージ「ecbeing」のお問い合わせはこちら




「ecbeing」はお客様の課題に合わせてBtoCやBtoBサイトの構築・運用を行っております。

ecbeing強み1200 超の サイト支援EC構築 11 年連続 シェア No.1

多様なEビジネス
に対応した
パッケージ・クラウド

最新トレンド
に合わせた
高い拡張性

開発400名以上
マーケティング支援
200名以上

売上UPさせる
運用支援&
EC支援ツール

自社運用の
EC専用
インフラサービス

※「2018年ECソリューション市場占有率」(出典:富士キメラ総研社)調べ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00