• TOP
  • ECサイトとは
  • Googleが本気を出したサイト改善ツール「Googleオプティマイズ」

Googleが本気を出したサイト改善ツール「Googleオプティマイズ」

公開日:

「ECサイトの運用がうまくいってない…」
「大規模なサイト改修が必要なのかな?」
などECサイトの運用で悩んでいませんか?まずはA/Bテストを試してみるのはいかがでしょうか?有料のA/Bテストツールもありますが、Googleが提供するGoogleオプティマイズは、無料で使えるA/Bテストツールなので非常にお勧めです。

では、Googleオプティマイズとはどのようなものなのでしょうか?これまで数々のECサイトの構築、改善を手掛けてきたecbeingの視点から、Googleオプティマイズを利用するメリットについて解説していきます。

Googleオプティマイズとは

3つのテスト機能が利用できる無料のサイト改善・ABテストツールです。(一部有料版のみに限定された機能もあり)

HTMLやJavaScriptなどに詳しくなくても、簡単にテストパターンを作成することができます。またテストを行う対象を絞り込み、いくつかのパターンでテスト対象者のターゲティングを行うことができます。GoogleAnalyticsとの連携が可能となり、コンバージョンやテスト結果のデータはGoogleアナリティクス上でも確認が可能です。

Googleオプティマイズでできる3つのテスト

Googleオプティマイズでできる3つのテスト

Googleオプティマイズでは、A/Bテスト、多変量テスト、リダイレクトテストの3つのテストを行うことができます。

A/Bテストとは?

例えば、Webページのデザインを変更する際、いくつかの候補が上がってきます。しかし、実際にどのデザインがターゲットとするユーザーに訴求力が高いものになるのかは、ページを公開してみないとわかりません。

そこで、ページ内の一部を変更したAパターンとBパターンを用意します。アクセスしたユーザーをAパターンとBパターンいずれかに振り分け、どちらがユーザーにとって魅力的であり、目標としている結果に効果が高く表れるかを検証するのがA/Bテストです。より効果の高いパターンを見つけ、サイトの問い合わせなどの目標達成、ECサイトによっては売上拡大につなげることができます。

多変量テスト

A/BテストがAとBの2パターンでのテストであるのに対し、多変量テストは複数の組み合わせを試すテストのことです。A/Bテストと主な仕組みは同じですが、複数の組み合わせで効果的な組み合わせを見極めたいようなときは多変量テストが有効です。

例えば見出しや画像が複数枚あるような場合です。

オバマ大統領はアメリカ大統領選挙のとき、メルマガ登録サイトにおいて6種類のメイン画像と4種類のボタンを組み合わせ、計24パターンの検証テストを行いました。結果メール会員登録率はテスト前の1.4倍の11.6%を記録しました。

多変量テスト

リダイレクトテスト

リダイレクトテストは A/B テストの一種です。ページ内の一部の要素変更ではなく、大きく異なるランディングページや大幅にデザインを変更したページを、URLを分けて2種類用意して検証を行うのがリダイレクトテストです。デザインが異なる2つのページや、デザインを全体的に編呼応したページをテストする場合に使用します。リダイレクトテストによりクリック率や離脱率、ページ滞在時間などを比較して効果を調べます。

Googleオプティマイズの使い方

テストパターンの作成方法

テストパターンの作成には以下の4つの方法があります。

1.テキストを変更する

2.HTMLを変更する・挿入する

3.配置を変更する

4.JavaScriptを実行する

テストを発動する対象ターゲットの選定

テストを発動する対象ターゲットの選定

どこでどのユーザーを対象とするのか、テストターゲットを選定します。

テストを発動させるURLを指定し、そこに対象とするユーザーの絞り込み条件(URLパラメータ/デバイス(PCやSPなど)/流入元URL/ブラウザ・OS/国、都道府県、市区町村/Cookie/DB上の値/JabaScript変数)を組み合わせます。

URLパラメータで絞込

URLパラメータで絞込

URLパラメータを元に、特定の流入元・特定のページで発動させることができます。

流入元URLで絞込

流入元URLで絞込

特定のサイトより流入した際に、発動させることができます。

特定の地域で絞込

特定の地域で絞込

Googleアナリティクスとの連携を利用し、アクセスした地域によって発動させることも可能です。

Cookie、データベース上の値などによる絞込

Cookie、データベース上の値などによる絞込

ページ上で取得できる情報などによって発動することができます。

Gooogleオプティマイズのまとめ

・パターン編集で簡単な操作性

・テスト用ページの作成が不要

・複数ページの部分的な変更が可能

・テスト対象者の絞込が可能

・Google Analyticsとの連携が可能

・HTMLやJavaScriptのスキルによっては、高度なテストが可能

Googleオプティマイズは、上記のような高い機能があるにもかかわらず無償で使える便利なツールです。

Googleオプティマイズ利用のメリット

サイト改善のスピードがアップ

これまでは、どのクリエイティブやランディングページが最適なのか、社内で時間をかけて検討されていました。しかし実際はやってみないとわかりません。Googleオプティマイズを利用すると、手軽にA/Bテストを実行することができ、サイト改善のスピードを圧倒的に短縮できるようになります。

また、これまでは経験値の高い人の意見が優先されていましたが、手軽にテストできるようになれば、さまざまなアイデアを取り入れ、実行することが可能になります。テスト結果が数字で出てくるため、感覚ではなく具体的な効果を知ることができ、予想もしなかったような結果が出てくることも考えられ、新たな成功体験が得られやすくなります。

売上もアップ

サイトの改善スピードをあげることは、ユーザーニーズを的確に掴み、売上アップにつながります。スピード感をもってPDCAを実践している企業は、売上実績も上げています。これは、これまで数々のサイト改善を行ってきたecbeingが、肌で感じていることです。

迷う前に「Googleオプティマイズ」を使用して比較テストをやってみよう

テストを行わないで完璧な施策や改善をするのは容易ではありません。まずは比較テストを行い、ユーザーの動向を見ながら、効果があるパターンを見つけ出し、理想の状態に近づけることが重要です。

この考えを「プロトタイプシンキング」といいます。

プロトタイプシンキングの特徴として

・最初から完璧を目指さない

・ビジネスのスピードが上がる

・相手の反応を手掛かりにゴールを目指す

・早く失敗してリスクを下げる

Googleオプティマイズで実行できるA/Bテストは、このプロトタイプシンキングを実現できるひとつの手法となります。Googleオプティマイズを活用して自社ECサイトに合った改善手法を見つけましょう!

【参考】ecbeingパッケージのECサイト構築事例


弊社はパッケージにおいて、1100超のサイト運営・構築実績があります。
ABテストを行っていくと、他にも改善すべき点が見えてきます。
そのために、弊社の事例を参考にご覧ください。




「ecbeing」はお客様の課題に合わせてBtoCやBtoBサイトの構築・運用を行っております。

ecbeing強み1200 超の サイト支援EC構築 11 年連続 シェア No.1

多様なEビジネス
に対応した
パッケージ・クラウド

最新トレンド
に合わせた
高い拡張性

開発400名以上
マーケティング支援
200名以上

売上UPさせる
運用支援&
EC支援ツール

自社運用の
EC専用
インフラサービス

※「2018年ECソリューション市場占有率」(出典:富士キメラ総研社)調べ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00