スマホ決済がECサイトにもたらす影響とは?

公開日:

近年、現金を使わず簡単にスマホで支払いができる「スマホ決済」が増えています。これはキャッシュレス化の流れにそった当然のものといえるでしょう。今後は店舗だけでなく、ECサイトでもスマホ決済の導入は重要な課題になっていくはずです。

今回は、ECサイトでスマホ決済を導入すべきか悩んでいるEC事業者様に向けて、スマホ決済を導入するメリットや導入する際のポイントなどをご紹介します。

スマホ決済ってなに?

「スマホ決済」とはクレジットカードや現金ではなく、スマートフォンで手軽に支払いができる決済サービスです。

IC決済マーク入りの機械にスマホをかざす「非接触型IC決済」(Apple Pay、GooglePay、おさいふケータイなど)とQRコードを店舗側が読み込む・顧客側に読み取ってもらう「QRコード(バーコード)決済(ID決済)」(PayPay、LINE Payなど)の2つの方法があります。


最近では、大手企業のECサイトでPayPay・AmazonPay・楽天ペイ・LINE Pay・Origami Payなどといった 決済サービスを利用するところが増えてきています。


公開!ECサイト上位150社の決済手段とは?

時代は「企業 対 消費者」へ

現在のECサイトはクレジットカードでの決済がほとんどを占めていて、スマホ決済は少数派です。これは、カード払いに慣れていることや後払いで支払いが簡単だからでしょう。しかし、スマートフォンが普及し、スマホ決済が当たり前になりつつある現代では、ECサイトでもスマホ決済を利用したい消費者が増えることは当然の流れといえます。


リアル店舗をもっているEC事業者は、ECサイトとリアル店舗との連携がこれからの課題になっていくでしょう。実際、店舗で商品の確認や試着後、ECサイトでの売上が増えた例もありますが、現状は店舗とECサイトに壁があるため、未だ非協力的な関係になっていることが多いのです。


スマホ決済は店舗とECサイトの両方で同じ決済サービスを利用できることで利便性を高め、両方の垣根を無くして、1つの企業として消費者にアプローチするオムニチャネルとしてのサービスを行うことができます。またQRコード決済(ID決済)にはクレジットカード登録が不要なものもあり、カードは持っていないがスマホ慣れしている10代の若者の消費者に利用してもらいやすくなります。


スマホ決済を導入するメリット

では、スマホ決済を導入することにどのような利点があるのでしょうか。

主に挙げられるのが以下の2点です。


・顧客の増加に繋がる

・セキュリティリスクを減らせる


それぞれ詳しく解説します。

顧客の増加に繋がる

スマホ決済を導入すると、新規顧客の取り逃がしを防ぐことができます。


ECサイトで買い物をするユーザーの中には、自分に適した決済方法がないとサイトを離れてしまう人も少なくありません。なぜなら、最初から支払い情報を入力するのは手間がかかりますし、これまで使用したことがない方法だと、不安に感じてしまうからです。


スマホ決済を導入することで、普段からスマホ決済を利用している新規の顧客を取り込めますし、既存の顧客に対しても、多様な決済手段を提供できるので満足度が高まり、ユーザー離れも防ぐことができます。


店舗とECサイトの連携が強化されれば、双方向への送客が可能になり、さらなる顧客の増加に繋げることができるでしょう。

セキュリティリスクを減らす

ECサイトで買い物をする際、多くのユーザーはクレジットカードを支払い方法として登録していますが、サイトのセキュリティ対策が十分でない場合や、サイバー攻撃を受けると情報漏洩の被害にあってしまう可能性があります。そうなると信頼を失い、ユーザー離れに繋がりかねません。


スマホ決済の場合、支払い情報の登録はそれぞれ利用している決済サービスの中にとどまり、自社サイトに支払い情報を保存する必要がないため、セキュリティリスクを減らすことができます。


さらに、サービスによっては銀行口座からの引き落とすこともできるので、クレジットカードの使用に不安がある人でも、安心して決済することができます。

今後のECサイトにスマホ決済を導入するポイント

すべてのスマホ決済を導入してしまうと、ランニングコストが高くなってしまったり、ユーザーにとっても選択肢が多すぎて、わかりづらいサイトになったりしてしまいます。


なので、スマホ決済を導入する際には、以下の3つのポイントを意識してサービスを選ぶことが重要です。


・ターゲット層

・自社サイトの取扱商品

・ランニングコスト


スマホ慣れしている10代〜30代の若者がメインターゲットであれば、スマホ決済は導入するべきでしょう。ターゲット層が幅広いときは、利用者が多いであろうAmazon PayやLINE Payが適しているかもしれません。

また、商品が日用品など、比較的低価格な場合はスマホ決済との親和性は高いとされています。


ECサイト事業者は『キャッシュレス化』にどう対処すべきか?

自社サイトを分析してスマホ決済の導入を決めよう

ここまで、ECサイトにおける「スマホ決済」のメリットや導入するポイントを紹介してきました。

ECサイトでユーザーが求める決済手段を導入することでユーザー満足度を高め、顧客の増加に繋げることができます。特にキャッシュレス化が進むことと、スマホの普及度を考慮すると、「スマホ決済」の導入はすべてのEC事業者が検討するべき事項です。


「スマホ決済」を導入する際は自社サイトの利用層や利用状況を分析し、導入の必要があるかを考えることが重要です。その際、顧客の意見を集めたり、アンケートをとったりして、顧客の声を聞くのもおすすめです。ぜひこの機会に、スマホ決済を検討されてみてはいかがでしょうか。




「ecbeing」はお客様の課題に合わせてBtoCやBtoBサイトの構築・運用を行っております。

ecbeing強み1200 超の サイト支援EC構築 11 年連続 シェア No.1

多様なEビジネス
に対応した
パッケージ・クラウド

最新トレンド
に合わせた
高い拡張性

開発400名以上
マーケティング支援
200名以上

売上UPさせる
運用支援&
EC支援ツール

自社運用の
EC専用
インフラサービス

※「2018年ECソリューション市場占有率」(出典:富士キメラ総研社)調べ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00