ECサイトの売上をアップするSEO対策の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

EC事業者は売上アップを狙い、様々な施策を行っています。
優れた商品を開発することも重要ですが、ユーザーがその商品の存在を知らなければ、いつになっても売れることはないでしょう。ユーザーに商品の魅力を伝え、自社のECサイトに導く「集客力」も商品開発と同等に重要なことです。

Web集客の中心となる「広告」と「SEO」の二本柱のうち、今回は「SEO」にスポットを当て、ECサイトの売上をアップするためのSEO対策についてご紹介します。

SEO対策で重要なこと

「SEO対策しよう」「SEOの改善を」などとよく言われますが、具体的に何をすればよいのでしょうか? それを知るには、検索エンジンの上位に入るための仕組みと条件を理解しておく必要があります。

Googlebot

Googleが膨大な量のWebサイトの情報を収集するために使っているのが、「Googlebot」と呼ばれる自動巡回プログラムです。Googlebotが世界中のWebサイトをクローリングしているので「クローラー」とも呼ばれています。

よってSEO対策とは「Googlebotに自社サイトをクローリングしてもらうこと」と理解しておく必要があります。

検索アルゴリズム

Googlebotで収集したWebサイトの情報をもとに、検索結果のランキングを決定するのが「検索アルゴリズム」です。Googleの心臓部ともいえる検索アルゴリズムの仕組みは当然、企業秘密となっていますが、Googleはある程度のガイドラインを公開しており、それを参考にすることができます。

検索アルゴリズムはアップデートを続けており、その度にSEO対策の内容も変えていく必要があります。

いずれにせよ、SEO対策では「検索アルゴリズムから高評価をもらうこと」が大切です。

具体的なSEO対策の手法

SEO対策は「Googlebotに自社サイトをクローリングしてもらうこと」と「検索アルゴリズムから高評価をもらうこと」の二点であり、やるべきことがある程度決まっています。

手法@ Googlebot対策

クローラーに効率良くクローリングしてもらうためには、まずサイト構造を最適化するのが有効です。

トップページからなるべく2クリックで全てのWebページにアクセスできるようにし、深い階層のWebページは控えましょう。

次に内部リンクの最適化です。関連のあるページは内部リンクを貼るとクローリングしてもらいやすくなります。

また、GoogleにXMLサイトマップを送るとサイト構造をGooglebotに直接伝えることができるため、より確実です。

手法A 検索アルゴリズム対策

検索アルゴリズムの仕様が100%公開されているわけではないので、様々な憶測や仮説が入る余地があるものの、基本的にはセオリーがあります。

大前提として、ユーザーに有益な情報が提供されているかどうかが最も重要なポイントです。Googleは「ユーザーを最優先する」という方針を掲げており、それを果たすために検索アルゴリズムを開発しています。

ユーザーに無益なページを量産するなどの小手先のSEO対策は、以前は効果がありましたが、今では逆にスパムサイトと判断されて検索結果から削除されてしまうので注意が必要です。


適切な検索キーワードをタイトルや見出しに含めたり、シンプルで整然としたサイト構造にしたりするなど、ユーザーの利便性を考えてWebサイトを作るのが最も早道と言えます。

ECサイトで有効的なSEO対策

Googleはユーザー最優先であり、ユーザーが知りたい情報を見つけることを目的としているため、検索アルゴリズムはECサイトの商品ページよりも、ブログなどのクチコミやレビューサイトを上位にランキングする傾向があります。

そのため商品の魅力を伝えるページはブログ形式にし、ブログから商品ページへ誘導する方法が主流となっています。


そこで重視されるようになってきたのが「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは「適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。」と定義されています。


ユーザーにとって価値のある記事やコンテンツを作り、ユーザーをファンへと育成し、成約に結びつける活動がコンテンツマーケティングです。


⇒ECサイトやWebサイトのコンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングのポイント

ECサイトでSEO効果を得るためのコンテンツマーケティングは、ユーザーに有益な情報を提供するコンテンツサイトと、CVを目的とする商品ページを切り離し、役割を明確に分担することがポイントです。

役割を分担せずに1つのページで全てを行おうとすると、対策や改善がしづらくなり、効果が低下してしまいます。


⇒SEOを意識したECサイトのコンテンツマーケティングとは!?

SEOを改善して売上アップを図ろう

今回は、ECサイトの集客の観点からSEO対策についてご紹介しました。

商品ページへのアクセスを増やしたいがゆえに、商品ページに小手先のSEO対策を行うのは得策ではありません。

検索結果を決定しているGoogle側の仕組みを知り、それに柔軟に対応していく必要があります。


コンテンツマーケティングに則ったサイト構築は、ユーザーの利益を第一に考えるGoogleのポリシーにも合致した手法であり、現時点で最も再現性の高いSEO対策と言えます。


この記事を参考にしていただき、ECサイトのSEOを改善して売上アップを目指しましょう。

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00