ユーザーへの情報発信を重視する『アツギ オンラインショップ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる企業がECサイトを立ち上げるようになった昨今、単純に「ネットで自社の商品を販売するためだけ」のECサイトでは他社との差別化を図ることができません。
またAmazonや楽天といったモール型ECサイトが充実しているため、独自のサービスや付加価値を提供しなければ、自社のECサイトにユーザーを誘致するのは難しい状況です。

そこで今回は、ECサイトを「単なるネットショップ」から「ユーザーへの情報発信の場」にリニューアルすることに成功した『アツギ オンラインショップ』の事例から、競合他社のECサイトやモール型ECサイトに対抗するためのポイントを探っていきます。

アツギ株式会社の概要

アツギ株式会社はパンティストッキング、ソックス、下着等の製造・販売を行っており、日本で初めてパンティストッキングを製造した会社です。


パンティストッキングは1960年代初頭にアメリカで開発されましたが、日本国内では高価で庶民には広まっていませんでした。そんな中、厚木ナイロン工業(現アツギ)が1968年に国内初のパンティストッキングの製造・販売を行い、それから日本の女性の間で爆発的に広まっていきました。

その後も丈夫でたるみが少ない『サポーティストッキング』や、ヒップ立体成型を取り入れた『ミラキャラット』など、先進的な商品開発を通じて働く女性のファッションを支え続け、現在に至ります。

アツギ オンラインショップの特徴

『アツギ オンラインショップ』は単に商品を購入できるだけではなく、ユーザーに有益な情報を発信していく場として作られており、欲しい商品を買いやすくする工夫が随所になされています。

詳細なカラーリスト

詳細なカラーリスト



アツギのストッキングは様々な色の種類があり、ベージュひとつとっても「オークルベージュ」や「スキニーベージュ」「シェリーベージュ」など数種類の色味が存在するため、自分にぴったりのカラーを見つけやすいよう『ストッキングカラー比較』のページが用意されています。


またカラー別着用イメージを掲載し、それぞれのカラーの特徴を画像とテキストで紹介することでユーザーの目的にあった商品を見つけやすくしています。

例えば健康的な肌を自然に見せたいときには「コスモブラウン」、小麦色の肌を演出したいときは「コパーブラウン」、落ち着いた印象を与えたいなら「ヘイズグレー」といったように、着用シーンを提案することで色選びに迷っているユーザーに判断材料を提供しています。

自分にぴったりの商品が見つかるストッキング診断

自分にぴったりの商品が見つかるストッキング診断


アツギのストッキングは、機能面や利用目的に合わせて様々な商品ラインナップがあるため、初めてサイトに訪れたユーザーが商品選びに迷わないよう、『ストッキング診断』のコンテンツが用意されています。


「ストッキングの利用シーンは?」「ストッキングに求めるものは?」「ストッキングを履くときの足元は?」といった質問に順番に答えていくと、最終的に自分が求めている商品ラインナップを選び出すことができる仕組みになっています。

ユーザーのお役立ちコンテンツの充実

ユーザーのお役立ちコンテンツの充実


FAQのページでは、ストッキングやブラジャーを選ぶ際に参考となる情報が豊富に掲載されており、多くのユーザーが迷うサイズ選びについては、チャートや画像付きで分かりやすく説明されています。


着用方法やお手入れの方法、収納方法など、ユーザーが欲しいと感じる商品購入後に役立つ情報も提供し、実際に商品を手に取って見ることができないECサイトでの購入の不安を払拭しています。

ユーザーのお役立ちコンテンツの充実


また季節に合わせたコンテンツを用意し、リピーターも楽しんで買い物ができるよう工夫がなされています。春には『新生活応援特集』が組まれ、新生活が始まるユーザーにぴったりの商品がシーン別に紹介されています。

美しい体づくりを応援するスタイルアップカフェ

美しい体づくりを応援するスタイルアップカフェ



アツギ オンラインショップでは、フットケア情報や美脚をサポートするコンテンツ『スタイルアップカフェ』へのリンクが貼られています。


『ビューティー講座』ではオフィスでできる簡単なエクササイズや、角質ケアや保湿ケアの方法、リンパマッサージの方法などを紹介、『マナー講座』では冠婚葬祭のファッションマナーやテーブルマナー、ビジネスマナーなど、美しく見せる立ち振舞いに関する情報が満載です。


商品に関係する情報だけでなく、ユーザーに寄り添った内容の情報を掲載することで、ファン獲得に繋げています。

情報発信で他社との差別化を図ろう

今回ご紹介した『アツギ オンラインショップ』は単なるECサイトの枠を超えて、ユーザーに有益となる情報を発信する場となっており、新規ユーザーの獲得やファンの育成に貢献しています。


商品を販売するためだけのECサイトでは、ユーザーは商品を購入するときにだけアクセスしますが、『アツギ オンラインショップ』は情報発信を重視することにより、買い物目的でなくとも定期的に訪れたくなるECサイトになっています。ストッキングや下着の販売を通じて、美を追求する女性をサポートしたいというアツギの企業理念が垣間見えるECサイトとなっており、他社のECサイトとの差別化を図ることに成功しています。

「新規ユーザーを獲得したい」「ファンを獲得したい」「他社との差別化を図りたい」という企業にとって『アツギ オンラインショップ』の施策は、大いに参考になるのではないでしょうか。


⇒【株式会社アツギ様インタビュー】アツギのECサイトリニューアルで業務改善を実行。「外側のかっこいい部分」だけでなく「内側の業務フロー」から見直す。

お問合せ・資料請求

お電話でのお問合せ
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00