• TOP
  • ECサイトとは
  • 【2019年】ECパッケージ『ecbeing』で構築したECサイトをご紹介

【2019年】ECパッケージ『ecbeing』で構築したECサイトをご紹介

公開日:   更新日:

EC業界においては、クラウドや新しいカートシステムなど、新しい仕様や機能が次々と登場するため、サイトの構成や構築方法なども時代によって変わります。

今回は、常に新しい技術やトレンドを取り入れているecbeingで構築した大規模ECサイトをご紹介します。

工芸品の良さを伝える「中川政七商店」

工芸品の良さを伝える「中川政七商店」


「日本の工芸品を元気にする」をビジョンに掲げる「中川政七商店」は、奈良晒の商いを起源に300年以上の歴史を持ち、現在は生活雑貨の企画・製造や業界特化型のコンサルティング事業などを行っています。


2019年3月にECサイトをリニューアルした理由は、分析しやすい環境やCRM(顧客関係管理)が既存のECサイトでは構築できない点でした。特に、ECサイトや実店舗など、さまざまな場面でユーザーとの接点を持つオムニチャネルには、分析しやすい環境とCRMの構築が欠かせません。


リニューアルによって、オムニチャンネルの基盤が整っただけでなく、アクセス数は150%アップ、1セッションあたりのPVも大幅に増加しました。

スマホ時代に合わせたユーザーの使いやすいUI設計

EC市場の流れにおいて、パソコンよりもスマートフォン、そしてスマートフォンの中でもアプリに対する比重が増してきています。アプリの快適性に慣れているユーザーにとって、ユーザビリティの低いサイトは当然魅力的ではありません。そこで目指したのが、アプリの快適性を実現したブラウザサイトです。


一例を挙げると、コンテンツを縦や横に画面ごと「シャコシャコ」と動くような設計です。コンテンツ毎にページがスクロールするため、ユーザーの視線があまり動かず、ユーザーテストでも視認率が200%以上アップしました。


他にも、ユーザーが頻繁に使うカートやサイト内検索を固定して表示する、今見ているコンテンツがどこまで表示されているかなど、スマートフォンの限られたスペースを最大限に生かしたサイト設計になっています。

工芸品のあるライフスタイルの提案

工芸品のあるライフスタイルの提案


「中川政七商店」のサイトでは、トップページの最初に「ピックアップ」として、季節に合わせたテーマのおすすめ商品を紹介しています。

「日本の工芸品を元気にする」をビジョンに掲げる中川政七商店では、商品を販売するだけでなく、工芸品のあるライフスタイルの提案も重要な課題です。


例えば暑い夏がテーマであれば、着心地の良い衣類や涼しげなサンダル、日傘やアームカバーなどが提案できます。他にも、見た目にも涼しげな食器、夏らしい風情を演出する風鈴や花火、お香など、ユーザーが知らなかった、工芸品のあるライフスタイルを提案することで、商品の購入だけでなく、工芸品への関心も高めることができます。

商品以外の読み物コンテンツでファンを増やす

商品以外の読み物コンテンツでファンを増やす


商品の紹介だけでなく、企業としての取り組みや職人さんへのインタビューのようなブログコンテンツは、「中川政七商店」のブランディングに大きな役割を果たしています。

工芸品を作る職人さんやデザイナーさんへのインタビューからは、ものづくりへのこだわりや愛情など、写真だけでは分からないことを知ることが可能です。


他にも、webカタログの「ことつて」や、実際に商品を使用したレビューの「私の好きなもの」、働くスタッフへのインタビュー「はたらくをはなそう」など、多様なコンテンツで「中川政七商店」の魅力を伝える取り組みを行い、ファン獲得に貢献しています。


⇒中川政七商店オンラインショップはこちら



ECサイトの価値を高めた「ナルミヤ・インターナショナル」

ECサイトの価値を高めた「ナルミヤ・インターナショナル」


子供服を中心に、百貨店やショッピングセンターなどで約15のブランドを展開している「ナルミヤ・インターナショナル」。2008年にオープンしたECサイトでは、店舗に行くことが難しいユーザーに向けて、商品を購入できる場を提供してきました。


しかし、以前のECサイトでは商品管理や顧客データベース、ポイントサービスなどがバラバラで、サービス面で実店舗と大きく隔たりがあったことから、リニューアルに取り掛かりました。

「ECでもリアル店舗と同じサービスを提供する」ことを目指してリニューアルを行った結果、ブランドの統合やシステム連携、サービスの質の向上などが実現したのです。

ブランドをまたいだECサイトの強みを発揮

大人向けのアパレルブランドと異なり、子供向けのアパレルは子供が成長するに従い、購入するブランドが変わっていきます。

一般的には、1社で取り扱うのは多くて2〜3ブランドですが、ナルミヤ・インターナショナルでは新生児からキッズ、ジュニアまで約15ブランドを取り扱っていることが特徴です。


成長して購入するブランドが変わっても、ECサイトで会員情報やポイントが引き継げるようになったことで、ナルミヤ・インターナショナルのブランドでの購買機会を増やすことにつながりました。


また、ECサイト内にはすべてのブランドの商品を用意しているので、リーズナブルな商品やブランド商品を購入したお客様が、一緒に高価格帯の商品を購入してくれるという動線も生まれつつあります。

すべてのブランドを統合したECサイトになったことで、多角的なブランドを展開するメリットを最大限に生かせています。

商品数をカバーする充実した商品検索機能

商品数をカバーする充実した商品検索機能


ブランドが増えれば取り扱う商品点数も多くなります。オンラインショップには在庫なしを含めて4万点以上のアイテムがありますが、サイトでは数多くの商品から、希望のアイテムを簡単に探せるよう、商品検索機能が使いやすいよう設計されています。


サイズから探す場合は、ウェアは10cm、靴下は1cm単位で分けることができるだけでなく、アイテムのジャンルや価格、性別や年齢、カラーや柄、身丈や袖丈の長さなどで細かく調べることが可能です。

また、スマートフォンでも検索しやすいように設計されており、ストレスなく希望のアイテムを検索することができます。


⇒NARUMIYA ONLINEはこちら



日本発のファッションを世界へ拡散する「TOKYO BASE」

日本発のファッションを世界へ拡散する「TOKYO BASE」


「TOKYO BASE」は2008年に設立され、日本発のファッションを世界へ拡散するブランドを展開しています。日本製へのこだわりを持ち、コンセプトの異なる3ブランドでそれぞれネットショップを運営していますが、ブランドごとに異なるECサイトを構築するポイントはあるのでしょうか。

海外を視野に入れたハイセンスな「STUDIOUS」

海外を視野に入れたハイセンスな「STUDIOUS」


ベースブランドの「STUDIOUS」は『日本発を世界へ』がコンセプトで、TOKYOブランドにこだわり、TOKYOのリアルなモードスタイルを世界へ発信していくセレクトショップです。


海外を視野に入れたECサイトはデザイン性が高く、海外のECサイトのようなおしゃれな作りになっています。テキストの分量やフォントのサイズにもこだわり、アイテムなどの写真が引き立つデザインです。


特にスマートフォン向けのサイトでは、商品ページの見やすさにこだわりが感じられます。アイテムの写真をスクロールするときは、商品情報を非表示にして写真だけを見せ、商品情報を見る際には写真を非表示にするなど、必要な情報が必要な時に表示されるよう設計されています。


⇒STUDIOUSオンラインショップはこちら



日本製品のこだわりを感じられる「UNITED TOKYO」

日本製品のこだわりを感じられる「UNITED TOKYO」


「UNITED TOKYO」は、高い技術と品質の「MADE IN JAPAN」に、ベーシックかつ上質で洗練された「MODE」をMIXさせたコンテンポラリーブランドです。


商品詳細ではデザインの説明だけでなく、素材の特徴や産地などの紹介や「MADE IN JAPAN」にも言及し、ブログではアイテムの製法やデザインへのこだわりを紹介するなど、日本の高い技術を世界に向けて発信するコンテンツも充実しています。


⇒UNITED TOKYOオンラインショップはこちら



ルールにとらわれずに良いモノを提供する「PUBLIC TOKYO」

ルールにとらわれずに良いモノを提供する「PUBLIC TOKYO」


「PUBLIC TOKYO」は、ジャンルやルールに捉われないTOKYO的スタンダードの追求がコンセプトです。徹底的に日本製にこだわるハイエンドカジュアルウェアブランドで、サイトの設計にもコンセプトが明確に表れています。


「着るヒトを最大限に引き立てるモノづくり」のために、商品ページには使用するシーンやスタイリングのアイデアなども掲載し、写真以外でも着用するイメージを想起することが可能です。

また、デメリットにも思える、商品の原価をあえて表示することで、費用やコストを透明化し、価格の信頼を得ることにもつながっています。


⇒PUBLIC TOKYOオンラインショップはこちら



一人ひとりのお客様に合わせたECサイトづくりをサポート

今回ご紹介したECサイトは比較的大規模なものですが、ecbeingでは手軽なASPカートからパッケージ、フルスクラッチまで、お客様のニーズに合わせたECサイト作りをご提案します。

400名以上の開発支援スタッフが、カスタマイズなどにも柔軟に対応し、高い専門知識と技術力を持ったチームの力で、売上アップをサポートします。ECサイトの導入や構築は、ぜひecbeingへご相談ください。




「ecbeing」はお客様の課題に合わせてBtoCやBtoBサイトの構築・運用を行っております。

ecbeing強み1200 超の サイト支援EC構築 11 年連続 シェア No.1

多様なEビジネス
に対応した
パッケージ・クラウド

最新トレンド
に合わせた
高い拡張性

開発400名以上
マーケティング支援
200名以上

売上UPさせる
運用支援&
EC支援ツール

自社運用の
EC専用
インフラサービス

※「2018年ECソリューション市場占有率」(出典:富士キメラ総研社)調べ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
03-3486-2631
営業時間 9:00〜20:00